どこ日記。

タグ:SIGMA_A70mm_SA

我らが航空自衛隊入間基地で事件が起きました。

懲戒処分…朝食でパンか米の二択なのに、両方選んだ1等空尉 入間基地、停職に パン返却…半ライスだった

SDQ_6221_SPP

朝食が、パンかライスかの選択式で、
どちらも食べたかったから半ライス+パンにしたそうです。

これで停職処分を受けてしまう50代の自衛官って……。
しかも、パンはその場で返したってのも切ない……。

なんだか微笑ましく感じてしまうけど、ルールをキチンと守ることは大事だからね。

本日は、所用で会社はお休み。
ちょうど雨も降っていたので、ついでにsd Quattroの防塵防滴祭りを開催。
OLYMPUSのカメラ以外の防塵防滴性能は、正直良く分からなくて、
特にSIGMAのArt 70mm MACROは「簡易防滴」なんて表現だものだから、
どの程度まで雨の中で使えるのかがさっぱり。。。

IMG_5053_rc


ってことで、特にレインカバーも着けない状態で試してみることに。
ニンゲンは、基本的に土砂降りに耐えられる防滴性能があるので、
当然傘も差さずに撮影するのがデフォルトです。

SDQ_6463_SPP

なんて、若干ふざけてますが、これで壊れたりしたら目も当てられないので、
雨足が強くならないかを気にしながらの撮影です。(でもレインカバー的な物は着けない。)
幸い、小雨くらいの雨だったので、それほどズブズブにはならず良かったです。

SDQ_6575_rc_R

雨粒でアジサイがユレユレしてしまう中ですが、ISOをあまり上げられないsd Quattro。
シャッタースピードが上げられないので、微ぶれの写真も多かったですが、
今日の目的、防滴性能の確認は「小雨なら問題なさそう」という結論で。

まだ使っていますか?Internet Explorer

プライベートユースなPCだったら、
Microsoft EdgeやGoogle Chromeに移行済みですよね?

SDQ_6410_SPP


社内システムが変わったシステムだったりすると、
Edgeへの移行にかなりの時間が掛かったりすると思いますが、
もう残り僅かな時間しかないですね。

これに絡んで、変な事件とか起こらないと良いですね。。。

今日は朝からホスピタル。
検査やなんやがあって、朝食抜きで昼まで頑張りました。
その後は、すぐ食事をしたかったけど、
病院の近くにアジサイがたくさん咲いてる場所があったので、
昼食を摂る前にアジサイ撮りを。

今日の相棒は、曇り空だったけど思い切ってsd Quatrro。
ブレにシビアなsd Quatrroを三脚も使わず、どこまで撮れるか分からないけど、
最近、自分の中で流行っている『ブレない持ち方』で頑張るのだ。
※効果の有無は、データとしては未確認。

そして、パチッと撮ってみるとコレですよ。

SDQ_6244_SPP_R


sd Quatrroではおなじみの、現場では分からない超解像写真。
先日導入のArt 70mm MACROのキレッキレの画が出てきましたよ。
Livedoor Blogの画像圧縮はあまりイケてないので、切り出してみた画も載せてみる。

SDQ_6244_SPP_r

あまりAF速くないからAF後に、これまた解像感がないEVFで
どうにか自分が前後してピントの山を感じてシャッターを切る、
そんな撮り方だけど、これが出てきてくれるなら、sd Quatrroは間違いなく良いカメラだ。

言えない気持ちもあるけど、それを隠して笑ってみたり。

SDQ_6137_SPP_R

ホントはね・・・そう言い出せたら世界は変わる。

今日は一日雨。
在宅勤務でしたが、夜のお散歩はお休みです。

SDQ_6105_R

そんな雨の今日、梅雨入りが発表されました。
去年より8日早く、例年より1日早いんだそうです。
まぁ、誤差の範囲よね。
そんなに細かく考える必要があるのかしら?

農業とか、お天気の影響が大きい職の方向けの情報なのかな。

最近のクルマは、当然のようにスマホ充電用にUSB端子が装備されている。
うちのシエン太くんも、ハイブリッド車なこともあり、
センターコンソール下部に2つあり、
後付けでグローブボックス上に4端子追加してあり、
前席は、充電し放題であります。

しかし、後席用には1つも端子が無いし、
前席から長いケーブルで引くのも嫌なので、
この度、自分で後席用のUSB端子を使ってみることにしました。

USB端子のパーツは、ポル子さんで使っていた端子が余ってたので再利用。
端子は画鋲が入っていたプラのケースを利用。

IMG_5022

ホットナイフ(はんだごての先がカッターになってるもの)で、
端子のパーツが入るように四角い穴を開け、
スキマはグルーガンで埋めてみました。
グルーガン、初めて使ったけど、ちょいコツがいる感じね、
あまりキレイに仕上げられなかったよ。。。


IMG_5023

そして、ケースが透明なので中身の配線が見えて目立つので、
絶縁テープでグルグル巻きに。。。
これで、本体は完成。

SDQ_6085_R

あとは、アクセサリー電源の確保ですが、
シエンタは後席周りにアクセサリー電源が来てないようだったので、
少し悩みましたが、フロントから引くことにしました。
ヒューズを差し替えて電源が取り出せる部品で
電源取るのが一番簡単なのですが、
僕はあまりアレが好きじゃ無いので、
今回は、ナビの後ろの配線の束からアクセサリー電源を取ることにしました。
インパネ周りを作業しやすいようにバラして、
検電テスターでアクセサリー電源の線を確認、
分岐の加工をするまでは簡単。
配線も、ナビ裏から助手席足元、ステップの下を通して後席中央へ。
こういう配線は、上から落とそうとしても、
なかなかスムーズに落ちないので、
細めの通線ワイヤーを使うと、作業が格段に早いです。

そんな通線の過程は写真撮り忘れましたが、
無事に後席中央まで配線出来たので、
あとは、先程作った端子ボックスに接続するだけ。
壊れて交換する時のために、ちゃんとギボシを使って、
取り外しが出来るようにしておきました。
ボックス自体は軽いので、面ファスナーで固定。
バラした部分を元に戻す前に、動作テストをするのも大事です。


IMG_5024

そんな感じで、勢いで作業を開始してしまったが、
無事に、後席用USB端子を設置完了。
後席でiPadで動画見たりする時にも便利に使えそう。 DSC01503_R

やっぱり持ち出してみると、すっごく楽しいのよねsd Quatrro。

SDQ_5919_R

重くても、デカくても、レスポンスが悪くても、実質ISO100固定でも、
PCで確認するまでカッチリ撮れてるか分かんなくても、
そんなの吹き飛ばしてくれる画。

SDQ_5823_R

トシ、FOVEON好きか?






はい!大好きです!

PS4 Pro用に購入したSSD。
先日から読み書きに時間が掛かるようになってしまい、
バックアップして初期化して、再インストールをやってみたけれど、
しばらく使うと遅くなってしまう。

SDQ_5940_R

そこで、販売元に確認したところ、保証で新品交換が可能とのこと。
こういう時にアレコレ言って保証対応を渋るメーカーもある中、
スムーズに交換できるのは有り難いが、バックアップも何回目だろうと思うと、
ちょっと面倒なのよね。
しかも、今回はSSD発送後、最速でも3日後にならないと交換用のSSDは届かない。

バックアップとか、いつやろうかな。。。

土曜日のアジサイ&お馬さん撮影の後半、お馬さん編です。

まずはE-M1X+M.ZD100-400mmでの3枚を。

一応、競馬場に到着してから確認してみたところ、
インテリジェント被写体認識AFを「車」に設定しておくと、
馬に白枠が出るようなので、基本はC-AF+TRで「車」設定で撮影しました。

1X282461_rc_R

土曜日も陽炎が出てしまうような暑い日だったので、
検証したかった遠距離の解像にはあまり期待できず、
実際に撮ってみても、M.ZD100-400mmの解像性能は全然分からず。
テレコン使わない方が、ベタッとした感じは少なくなるけれど、
やはり塗り絵のような、解像感のない画に……。
M.ZD100-400mmって、もっと解像してくれるレンズじゃないのかしら。。。
検証は、また次回に持ち越しです。

1X282701_rct_R

そして、今回の一番のお気に入りはコレ。

1X282831_rct_R

って、RAW現像時にトリミングしたらどうだろう?って思って、
あえて斜めに切り取ってみたんですが、良い感じに勢いが出てると思いません?
気のせい?

残り2枚はsd Quattro+70mm F2.8 DG MACRO|artで。

SDQ_5944_rct2_R

70mm(35mm判換算105mm)でも案外良い距離感で撮れまして、
コース横から1/320secで撮ってみましたが、結構いい感じに。
レスポンスの遅さに定評があるsd Quattroは、
撮影中は終始ブラックアウトでファインダー見えませんので、
動体撮影には不向きだというのを再確認しました。
しかし、そこも含めて楽しかったのは、僕が変態だからでしょう。

SDQ_5960_R

こちらの画は観客席からの撮影なのですが、MOTOさんが手配してくれた座席は、
70mmでも良い感じにコースが切り取れました。
ティール&オレンジの色が、ちょっと雰囲気良い感じに。

ってことで、また今度ちゃんとM.ZD100-400mmの解像テストをすべく、
競馬場に行こうかと思います。

さて。
MOTOさんにご一緒して頂いた昨日のお散歩カメラ。
午前中のアジサイと午後のお馬さんで、5枚ずつお気に入りをチョイスすることに。

まずはE-M1X+M.ZD8-25mmPROから3枚。

1X282330_rc_R

高幡不動のアジサイは、まだまだこれからって感じだったので、
超広角使うほど花も無く、8-25mmなのに望遠端25mmが多め。

1X282327_rc_R

ホントは、超広角でパースを活かした写真を。
と思っていたんだけど、ま、いいの。
行く前に考えてたことよりも、その場に応じてやることの方が大事よね。

1X282339_rc_R

続いて、sd Quattro+70mm F2.8 DG MACRO|Artの2枚。

SDQ_5790_SPP_R

アジサイが咲く日陰はなかなかシャッタースピードの確保が出来なくて、
風による微ブレが気になる写真を連発してしまったけど、
それでもsd Quattroを無理やり使うことが楽しくて。

SDQ_5747_R

そして、パッと出てくる70mmの鋭い画。
sd Quattro、楽しすぎだ。



お馬さん編は、明日〜。

本日は、晴天ナリ。

写友MOTOさんと恒例?の、アジサイ&ウマお散歩カメラに行ってきました。
ちょっとお天気は心配していたのですが、雨は昨日のうちにザザッと降ってしまい、
今日はどピーカンに。暑すぎ。

SDQ_5973_SPP_R

しかし、どピーカンと言えども木陰はそれなりに暗く、
sdQuattroのISO100縛りは厳しい厳しい。。。
手振れ補正の無い70mm F2.8 DG MACRO|Artは、
1/15秒とかで微風ありとか、シャープに撮るのは無理ゲー的な感じ。
FOVEONの性能が活かせない……。
せめて手振れはさせまいと、色々技を駆使したホールド方法を試してみましたよ。

そしてアジサイ後、東京競馬場でのお馬さん撮影でも、
ちょっとsdQuattro使ってみましたが、ブラックアウトが激しくて流し撮りとかムリー。
やはり、動き物は普通にE-M1Xが中心じゃないとね。
……とは言いつつ、失敗含めて色々やってみる撮影は楽しいものです。

MOTOさんには、東京競馬場の色々を案内してもらい、
撮影以外も、楽しませていただき、感謝、感謝。

今日も午前中から頭痛です。
ロキソニンを飲んでみましたが、どうも効かないみたいです。

SDQ_5590_R

とりあえず、仕事が終わったので、軽い運動でもしてみようかな。

娘ちゃんが、悔しくて涙していた。

SDQ_5592_R

その気持ちを忘れずに、乗り越えて!

高校生、専門学校生の頃、デスクトップミュージックにハマっていて、
何日も掛けて曲を打ち込み、音色を創ったりもしていた。
ホントに何時間も良くやってたと思う。

SDQ_5579

今は、同じことを何時間も集中力を持って続けるのが出来ない。
あの時の集中力、再び我のもとに!

でも、他に集中してやってたって言えるようなことが思いつかないから、
「DTMだと何故か出来た」だけなのかも知れないけど……。

もう、とうとう目が悪くなり過ぎか。
手持ちの書類を見るときには裸眼で、それ以外のレンジはメガネで、
という感じでやってきたここ数年。
跳ね上げ式のメガネも導入して、これがベストと思っていたら……。

SDQ_5567_R

手元の書類の小さい字が見えない。。。
これは、もう遠近両用が必要って事なのかしら。。。
とりあえず、ルーペで凌いでみたけど、これで良いのだろうか。

髭剃りの話ではないです。
『カミソリマクロ』の異名を持つレンズの話。

SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO|Artです。
sd Quattro用のレンズを揃えていく中で、以前からとても気になっていたレンズ。
カミソリのように切れ味鋭い描写で高評価なレンズ。

来月発売になるパナライカ9mmF1.7を導入したいと、
手持ちのレンズをアレコレ考えているうちに、
防湿庫にあるカミソリマクロが目に入ってしまい、
その引力に逆らえずポチってしまいました。
これをカミソリ負けと言うとか、言わないとか。

DSCF9394

ちなみに今回、みんなの防湿庫に仕舞ったレンズは、
M.ZD12mmF2.0と、LAOWA7.5mmF2の2本。(MOTOさん、結局12mmドナっちゃいました。。。)
カミソリマクロはM.ZD12mmと行って返ってな価格で入れ替えOK、
LAOWA7.5mmF2はパナライカ9mmの軍資金に回ります。

DSCF9401

とりあえず、外観は「どストレート」な円筒形がモダンでSIGMAらしい。
他のどんなカメラでも馴染む意匠だと思いますが、sd Quattroだとベストマッチ。
ピントリングは操作の速度によってフォーカスの移動量が変化するのですが、
自分的には適度な重さで、MF操作はしやすいと感じました。

DSCF9409

カミソリマクロは、画質重視の前群繰り出し設計ですが、
専用フードを着ければ、フードの中でレンズが繰り出すので全然目立ちません。
うんうん、イイ感じだ。

そして、写りはと言うと……。

SDQ_5501_SPP_R

SDQ_5534_SPPt_R

きゃー!カミソリー!

このページのトップヘ