どこ日記。

タグ:LEICA_DG9mm

パナライカ DG9mmを買ってから、撮りたかったイメージがあって、
最近咲き始めたハスで撮ってみようということで、今日も早起きしてみましたよ。

と言っても、4:00お目覚ましでは起きられずに、
日の出時刻4:50にどうにか目覚めた感じです。
日の出の光を絡めて撮りたかったので、起きるの遅過ぎたと思ったが、
それでも早起きすれば、きっと良いことが!

急いでシャワーを浴びて、ハス田へごぅ。
現地に着いてみると、幸いなことに山に囲まれた場所なことで、
太陽が山から出てくるまで時間があり、ギリギリ日の出に間に合った!!!

P7310004_rc_R

ホントは住宅街が無い方がカッコイイのかも知れないけれど、画角的に仕方なし。
そもそも、ハス田の畦道から花までの距離が1.5m近くあって、
腕を伸ばしたところで思ったような構図に出来なかったんですよ。

ハス田の中に足を踏み入れる訳にはいかないので、
こういう時のためにと持って行ったOLYMPUS AIRちゃんに一脚と組み合わせ、
自撮り棒のようにAIRちゃんを花に近づけて撮った一枚なのです。
いくら一脚があっても、先に付けるカメラが重いと僕の腕力ではカメラを保持できず、
レンズごとハス田に落としてしまうだろうから、
ホントにOLYMPUS AIRちゃん、良い仕事をしてくれました。
持っててよかった。

パナライカDG9mmは新しいレンズなので、AIRちゃんで動作してくれるか不安があったけど、
ちゃんとシャッター切れて良かった。サイズ感もAIRちゃんにぴったりでした。
AIRちゃんとDG9mmの組み合わせ、次の活躍が楽しみですな。

1X310408_rc

パナライカDG9mmの光芒、なかなか良いカタチになるので、
LAOWA7.5mmF2との入れ替え、思い切って良かったな、と思う。

太陽が薄い雲越しだったから、若干シャキーン!感に欠けますが、
それでも、まずまず欲しい画が撮れて満足、満足。

職場の調整完了。
夏休み確保も完了しました。

1M248557_rc


さ、楽しみになってきたぞ。

娘ちゃんが楽しめる夏休みのお出掛け。
候補は絞れてきた。

1M248544_rc


予定の最終確認をしてから予約を入れるのだが、大丈夫か?
大丈夫でありますように……。

今日の夕方、お散歩に出ようとしたら、
西の空に、薄明光線が!
いわゆる天使のはしごが出ていたので、思わずカメラを持って出たのですが、
不幸なことに、我が家は住宅街の中にあり、
良い感じに薄明光線が撮れないんですよ。
主に、電線が邪魔なのね。
ってことで、空が開けた場所まで歩く、歩く。

1M238409_rc


そして、どうにか空が開けた場所まで来た頃には、
天使のはしごタイムは終わっていて、逆に上の方に向かう薄明光線が。
まぁ、上に向かっているのもキレイだから、それはそれで良いのよね。

計画的に物事を進めるのが不得意な僕は、
夏休みの予定が決められていない。
娘ちゃんは明日から夏休みだけど、どこかに遠出する予定がない。。。
でも、今からじゃ予約も何もない時期だ。

1M178313


無計画なお父さんを許してください。
夏休み明けになっちゃうかもしれないけど、夏休みのお出掛けはするからね。

三連休は、特別な出来事も無く、あっという間に終わった。

1M178308_rc

ゆっくりできた、と考えることにしよう。

色んな所で見かけるけど、他人を貶めて喜ぶような人間は嫌よね。
そういう人の言動は、周囲の人間を汚染していくよな。
人の心を汚していくような、そういう負のエネルギー。

1M268109



自分が相手よりも高いところにいるために、自分が上がるのではなく、
他人を貶めようと考える人間は、ホントに悪。
もうね、そういうのを見聞きしたくないわよね。

あっという間に土日が終わってしまいました。
とは言え、両日とも外出していたし、昨日は撮影を頑張ってきたので、
一定の満足感がありますよ。

NZHZ1225


今週で6月も終わって7月になりますが、7〜8月のお出掛けも考えておかないと、
あっという間に夏休みも終わっちゃって、不完全燃焼感だけが残ることになるから、
いまさらながら、色々考えなければならない。

お昼にとろろうどんを食べたら、急に「海に行きたい」と思い、
急遽、電車に飛び乗って江ノ島へ。
パナライカDG9mmの防塵防滴性能を試す時が来ました。

って、主な目的は「海岸で夕焼けを撮りたい」だったんですが、
今日は風も強くて、江ノ島にしては波もちょっと強めな印象。

実際に、そんな波を目の前にするとね。

迫力のある波を撮るべく、靴を脱いでデニムの裾を捲っちゃう訳ですよ。
さぁ!DG9mmよ、防塵防滴性能を見せてもらおう!


いきなりの実戦投入ですよ。
これは訓練ではない!繰り返す、これは訓練ではない!

IMG_5109

とは言え、相手は雨じゃなく海水なので、わざと濡らしに行くのは違うわよね。
壊しちゃったら、アタオカですし。。。

ってこの写真も、少し腰が引けてるのか、水平が取れてないですね。(笑)
そんな風にビビっていても、やはりこれだけ水面近いと、
いきなり大きい波が来た時には、ざっぱーんとなる訳で。

IMG_5093

掛かっちゃいました。YAY×2

IMG_5095

一応、DG9mmの説明書には、Panaの防塵防滴ボディとの組み合わせで防塵防滴性能が……
みたいな注意書きがあった気がしますが、OLYMPUSのボディでも問題ない?

IMG_5099

あ、僕は防水なのでパンツまで濡れても動作には問題なかったです。

っていうかカメラとレンズは、撮影後の移動時にペットボトルの水を軽く掛けて
タオルで水分をきっちり拭いた上で、そのまま使い続けたので、
暑さで湿気は蒸発したでしょう。。。きっと。

そして、夜までしっかりレンズもカメラも動作したので、
いきなりの実戦でも期待通りの防塵防滴性能を見せてくれた、と思うことにしました。

NZLG4184

良い子のみんなは、マネしちゃだめですよ。
せめて、雨の日の撮影くらいにしておきましょう。
塩水は、本当に良くないから。

LEICA DG SUMMILUX 9mm/F1.7 ASPH.

本日発売日となりました。
家電販売員の頃から進んでPanasonic製品は買わずにいた僕。

ふと気づけば、Panaの単焦点レンズを3本(14mm、15mm、20mm)持っていて、
GX7mk2とGM1と、ボディまで2台持ち。
ズームレンズは、ズーム操作の方向がOLYMPUSと逆なので買っていませんが、
単焦点レンズは、Panaのラインナップ、嫌いじゃないんですよね。

1M238013_rc


ってことで、先月発表になるや早めにポチッたんですよ。
DG9mm。僕2本目のパナライカです。

今回、9mmをポチッた理由は、主に以下の5点。
‐型軽量
AFが使える
L世襪
に豹佶錨
ザ畧椹1毒塾呂高い

‐型軽量
超広角はM.ZD8-25mmPROを主に使っていますが、やはり多少大きいので、
荷物を抑えたいときに悩むことがあります。
それでも守備範囲が広いので、8-25mmもかなり優秀ではあるのですが、
ともかくカバンのサイズに制限があるときに持って行ける超広角が欲しかったんです。

AFが使える
小型軽量超広角は、画質にも定評あるLAOWA7.5mmF2も持っていましたが、
そう、LAOWA7.5mmF2はMFなのです。
最近、老眼がきつい僕。最終的にはMFで追い込むとしても、
AFが全く無いのは撮影が厳しいんですよね。
そこで、このDG9mmが魅力的だったワケです。

L世襪
とはいえ、LAOWA7.5mmF2は35mm判換算15mm相当とかなりの超広角。
1.5mmも狭くなって大丈夫なのだろうか……。
それに、M.ZD8-25mmPROのカバー範囲じゃん?とも思いましたが、
F1.7とLAOWA7.5mmF2を超える明るさなんですよ。

に豹佶錨
そして、防塵防滴。
どこ。を語る上で、外せない機能ですよね。
雨なんかに邪魔されないで撮影をしたい時や、
海で波打ち際ギリギリのアングルでの撮影など、
僕には防塵防滴が結構重要なファクターなんです。
もちろん、前玉保護を兼ねて買ったフィルターは、撥水性能のあるHAKUBAのXC-PRO。

1M238033_rc


ザ畧椹1毒塾呂高い
最後に、近接撮影能力の高さ。
レンズ前数mmまで寄れるレンズなので、
超広角でありながら浅い被写界深度を実現できるので、
ボケ表現も出来るし、超広角マクロという領域で表現の幅も拡がりそう。
うっかり近づきすぎて前玉を傷つけそうなので、フィルターは必須よね。

ってことで、このDG9mmはかなり満足度の高い買い物である感じです。
本格的な試写は出来てないですが、僕は等倍で粗探したりはしないので、
上の特徴だけでも満足です。

で。

良くないとこはというと……。

事前に知ってはいたものの、手に取ると余計に感じるプラスチッキーな質感。
金属外装だとコストアップが大きくてダメだったのかしら。。。
でも、せっかくのライカ銘なのに、質感低いのは残念よね。
そして、製造国が残念。。。

1M238024_rct

メイド・イン・チャイナ。
まぁ、キレイに写れば良いんですけど、これも少しだけ気持ちに影響を及ぼすわよね。

1M238054_rc

仕事終わってからなので、こんな作例ですが、F1.7の被写界深度が凄いです。
ボケが得にくい超広角域でこれだけボケるのに、
まだm4/3はボケないからダメとかって言う人がいるんだろうか。
ま、目指す作品によっては、もっとボケが欲しい時もあるんでしょうけど、
m4/3もボケないってことはないです。

1M238081

ちょっとアンダーで、質感重視な作例を。
うんうん。なかなか使い勝手の良さそうな感じしませんか?

m4/3マウントは、全体の小型化がしやすいシステムなので、
このDG9mmは、m4/3超広角レンズの最適解かも、と思いました。

このページのトップヘ