最近のクルマは、当然のようにスマホ充電用にUSB端子が装備されている。
うちのシエン太くんも、ハイブリッド車なこともあり、
センターコンソール下部に2つあり、
後付けでグローブボックス上に4端子追加してあり、
前席は、充電し放題であります。

しかし、後席用には1つも端子が無いし、
前席から長いケーブルで引くのも嫌なので、
この度、自分で後席用のUSB端子を使ってみることにしました。

USB端子のパーツは、ポル子さんで使っていた端子が余ってたので再利用。
端子は画鋲が入っていたプラのケースを利用。

IMG_5022

ホットナイフ(はんだごての先がカッターになってるもの)で、
端子のパーツが入るように四角い穴を開け、
スキマはグルーガンで埋めてみました。
グルーガン、初めて使ったけど、ちょいコツがいる感じね、
あまりキレイに仕上げられなかったよ。。。


IMG_5023

そして、ケースが透明なので中身の配線が見えて目立つので、
絶縁テープでグルグル巻きに。。。
これで、本体は完成。

SDQ_6085_R

あとは、アクセサリー電源の確保ですが、
シエンタは後席周りにアクセサリー電源が来てないようだったので、
少し悩みましたが、フロントから引くことにしました。
ヒューズを差し替えて電源が取り出せる部品で
電源取るのが一番簡単なのですが、
僕はあまりアレが好きじゃ無いので、
今回は、ナビの後ろの配線の束からアクセサリー電源を取ることにしました。
インパネ周りを作業しやすいようにバラして、
検電テスターでアクセサリー電源の線を確認、
分岐の加工をするまでは簡単。
配線も、ナビ裏から助手席足元、ステップの下を通して後席中央へ。
こういう配線は、上から落とそうとしても、
なかなかスムーズに落ちないので、
細めの通線ワイヤーを使うと、作業が格段に早いです。

そんな通線の過程は写真撮り忘れましたが、
無事に後席中央まで配線出来たので、
あとは、先程作った端子ボックスに接続するだけ。
壊れて交換する時のために、ちゃんとギボシを使って、
取り外しが出来るようにしておきました。
ボックス自体は軽いので、面ファスナーで固定。
バラした部分を元に戻す前に、動作テストをするのも大事です。


IMG_5024

そんな感じで、勢いで作業を開始してしまったが、
無事に、後席用USB端子を設置完了。
後席でiPadで動画見たりする時にも便利に使えそう。 DSC01503_R