もう36年も前に卒業した小学校。
なぜだか卒業アルバムを失くしてしまい、もううっすらした記憶でしか、
あの頃を思い出せないのかと思ったけど……。

昨年末に急に思い立って母校に連絡。
卒業アルバムを見せてもらえないかとお願いしたところ、
まずは「アルバムがあるかを確認する」とのことで、待つこと4か月ちょい。

あまりに遅いので再度連絡したら、折り返しの連絡先を紛失していたとのことで、
そんなんでいいのか?と思ったけれど、とにもかくにも、
満を持して、卒業アルバムを見せてもらえることになりました。

1M127601

実際の卒業アルバムは、卒業文集という体になっていて、
写真はそれほど多くは無く、生徒一人ひとりの作文が1ページずつ、
そこにクラスで考えたページが数ページ、という構成。
僕が小学生の頃は1学年200人近い生徒が居た(40名×5クラス)ので、
文集もすごいボリューム。

とてもじゃないけど、卒業時点で他のクラスだった友人の分までは読めなかったけれど、
同じクラスの友人の分、読ませてもらいました。
自分の文も読んでみたけど、性格は今と変わらずだな、と思って面白かった。