どこ日記。

January 2022

僕は、もっと穏やかに生きていきたいのよ。
暴力はもってのほかだと思うし、
誰かを攻撃するような発言を聞くのも嫌。

1M306902_rc_R

そういうのが無い世の中にならないかしら。
みんな仲良く、笑顔で生きていきましょうよ。。。

この冬、またまた緊急事態宣言が出るとかって騒いでるので、
献血をする人も減っているとか。

1M306895_rc

そうなると、率先して献血をしたくなるんだけど、
ちょっと前に全血献血したもんだから、成分献血ならできるか?と思って、
自分の次回献血可能日を検索してみたら……。

まだ22日も待たないと献血できないってー。
まじかー。
いま、みんな困ってるだろうに。
どうしてもだめかー。

誰か代わりに献血に行っておくれ〜。
僕も、献血可能になり次第、行きます!

娘ちゃんのリクエストで、ベーカリーレストランへ。
もちろん、パンはたくさん食べるんですが、中心はヨモギロールよね。

1M296837_rc

焼き立てのヨモギロールの香り、ほのかな甘み、それは幸せ。
僕はメインディッシュよりも、これを楽しみにしている。
そう、ヨモギロールは日本の、人類の宝なのだ。

また、気付いたら1月が終わっちゃいそうですよ。

1M226506

色々楽しいこともあるけど、大変なこともある。
あれこれ考えてても進まんから、とりあえず、進んでみる。

今年も2/24〜27、パシフィコ横浜でCP+が開催されるとのこと。
コロナな時代を反映した、オンラインとリアルの同時開催ということだそうで、
昨年のような、オンラインでやる意味ってなんだ?
全然各社ばらばらな対応で、CP+ってイベントでやってる感がない、
なんてことにはならないように、なるのかなぁ。。。

1M226431_rc

とりあえず、CP+は興味のある実機に触れながら、
メーカーの人の話を聞いたりできるのが最大の魅力だったので、
オンラインにしても、リアルにしても、参加したいって思えないんですよねぇ。。。

早く、普通に開催できるようにならないかなぁ。
今年はOMDSの新製品が来るだろうから、CP+楽しみにはしてたんですけどね。
ま、今は新しいボディ出ても買えないから良いんだけどさ。

iPadのバッテリーが何もしてないのに一晩で半分以下になっちゃうので、
Appleのサポートに電話をしてみた。

1M226561

ネットワーク越しに、本体の診断とかもしてもらった結果、
設定などには異常無く、バッテリーも極端には消耗していないとのこと。
交換推奨ラインの80%に対して、82%ほどらしい。

そして出された結論が、低温のせいではないか?とのこと。
夜中、気温(室温)が低いせいでバッテリーが消耗してしまうことがあるとのこと。
ちょっと様子見てみるけど、80%近いから来月にでもバッテリー交換を依頼しようかな。

昨日、何の運動もした訳じゃないのに、朝から肩が痛い。。。

1M226479_R

一日、シップを貼ってみたけど、あまり効果を感じないなぁ。。。
日中も適度にストレッチしてみたので、明日には治ってますように。

さて、1800円でポチッたレンズ、Super-Multi-Coated Takumar135mm F3.5。
どうにか激しいカビも除去できたので、早速試写に連れ出しますよ。

1M226412_rc_R

解放F値はF3.5と控えめですけど、135mmと結構な望遠なので、
条件を揃えてあげれば、玉ボケもちゃんと楽しめるレンズです。
円形絞りなので、ボケもキレイな丸になってますね。
逆光だと、SMCでもコントラストは結構低下する印象。
昔のレンズだから、当然ですかね。

1M226487_R

そして、サイド光ならちゃんとコントラスト高い画に。

1M226537_rc_R

最短撮影距離は1.5mと接写が出来ないので、
蝋梅のような花が密集する被写体は、ごちゃつかないように構図する必要がありそう。

1M226556_R

ボケは条件によっては、ちょっとガヤガヤしてしまうのですが、
思ったよりもピント面は解像しているし、1800円なら上々の写りでしょう。
カビがワサワサしている状態だったら、どんな風に写ったのか、
清掃前に試しておけば良かったかなぁ。。。

一昨日、うっかり通販でM42マウントの望遠レンズ、
Super-Multi-Coated Takumar135mm F3.5、1800円也をポチってしまった。
そしたら、うっかり前玉周辺部に糸カビビッチリで、ゲゲッとなったワケさ。

1M226346

そこで昨日、うっかりレンズ清掃に挑戦してみようと思ってしまい、
カニ目レンチをポチってしまったのさ。
うっかり勢いでポチっってしまったけど、その領域に踏み込まなくても良かったよね。
レンズ分解なんて、したこと無いの……いや、無いことないな。
そか。無いこと無かったな。全然うっかりでも無いな。

1M226342

そして、今日届いたカニ目レンチは安物過ぎたため、剛性無くてガッタガタ。
使い物にならなかったから、Amazonに返品決定よ。
ごめんなさい、やはり工具はそれなりに良いものが必要よね。
でも、精密ドライバーの超絶技巧を駆使して分解。

IMG_4446

とりあえず、うっかり記録写真を撮り忘れてたんだけど、
レンズを分解して、カビの生えた前玉を外して、しっかり洗浄してみたよ。
しっかり洗浄と言っても、ちゃんとした清掃用品は持っていないので、
流水と指でゴシゴシ洗浄、キレイに拭きあげて乾燥して組んだだけ。

でも、びっちりだった糸カビなるものはキレイに除去出来て、
イイ感じにクリアなレンズになったので、あとは試写の結果よね。

今日は、午前中に禁断の領域に手を出してしまい、
まぁまぁの結果を得られたので、ランチがてら試写に出発。

近所に出来ていた怪しげなカレー屋さんに突撃。
そう、今日はカレーの日なんだそうだ。

IMG_4454

ところが、思ってたようなカレー屋さんではなく、ナンの取り扱いも無い始末。
スパイスカレーってのは、こういうモノなのだろうか。。。
カレーってのは、どれもスパイス入ってるけど、
スパイスカレーは、日本風でも、インドカレーでも無いのか。。。
それとも、この店のスパイスカレーだけがこうなのか。。。
とりあえず、「映え」なカレーではあった。

ちょっと一緒に出来るなら、やってみようかな。

P1190597_rm

がんばるんば。

1989年に生産された、HELIOS 44M-4。
そのレンズを通して撮影すると、なんとも言えないレトロ感!
って、そういう仕上げにしてるでしょってのもありますが……。

P1190647

昭和最後の年のレンズは、今のレンズにはない柔らかい画質。
いつでも昭和を撮れるような気がしちゃいます。
レンズを変えることで、ちょっと時間旅行。なんてね。

最近、ゲームをしなくなった。
数か月前の自分は、在宅で仕事終わってから夕食前までの時間で、
ひと狩りしようぞ!とか思っていたのに、最近は全然。
もう、チャージアックスの使い方なんて忘れてそう。

P1190727_rc

またやろうかな、と思わなくもないんだけど、
どうにも腰が上がらなくてね。。。
ゲームするのって、時に勢いが必要よね。

今は、あまり勢いがつかないな。

今日、ランチタイムにsd QuattroにSuper-Takumar 28mmを着けて、
お空を撮ってみましたですよ。

SDQ_5295_rct

ちょっとトリミングな画像なのですが、画像の右側にハデな変色が。
画面内に入れていませんが、やや逆光での撮影なので、
その影響なのか、レンズのせいなのか。。。

週末にちゃんと撮影しに出掛けて確認しなければ!

先日、コメントいただいたM2_pictさんがsd QuattroでSuper-Takumarを使っていたと聞き、
ちょっと気になってきたSuper-Takumar。
HELIOS 44M-4で、オールドレンズを始めてみたものの、HELIOSは58mm。
m4/3では換算116mm、APS-Cのsd Quattroに着けても換算87mmと結構長い。
一本でお散歩するには、ちょっと長過ぎるのよね。
たまにならイイけど、常用には厳しい。

ってことで、少し広角レンズが欲しいなーって。
そう思って探してみると、Super-Takumarって、結構タマ数もあるし、
お手頃価格で買えちゃうようだ。

これは・・・ってことで、手に入れてしまったのが、Super-Takumar 28mm F3.5。

P1190721_rc

m4/3で56mm、APS-Cで42mmと、使いやすい標準の画角に。
これは、なかなかイイ感じだ。
SIGMAの30mmをたくさんもってる僕には、馴染みのある画角かも。

Super-Takumar 28mm F3.5は、製造時期で4種のバリエーションがあるようで、
僕が手に入れたのは、絞りがF16まででフィルタ径が58mmの前期の後期?型。
レンズに放射線物質が含まれるアトムレンズと言われるレンズらしい。
なんだか、スペシャル感があってイイねぇ。。。

遠出はしなかったものの、ちょいと外出してしまうと、
なんだか「休んだ感」が弱い。。。
身体から疲れが抜ける感じがしないんですよね。

P1190629

もっとしっかり休んで、疲れがスッキリ取れる日を夢見ちゃうけど、
実際、老朽化した身体じゃ、何日休んでもスッキリはしないんだろうな。

今日は、お出掛けしないでお家でゆっくりの日。

P1190453_rc

一日お家でゴロゴロしてました。

でも、ウォーキングは欠かしてはいけません。

実は、世界最大の民間気象サービス会社ウェザーニューズ社の調査員である僕。(嘘)
時々、近隣のお天気情報などを送ってたのですが、
その情報のポイントが貯まったので、ウェザービーコンなるモノを貰いました。

P1190441_rc

このウェザービーコンは、温度や湿度、気圧の他、騒音や明るさなども記録できる優れもの。
近隣のお天気情報を送信するときも、自動的に詳細な情報を添付してくれます。

ってことで、これからもコツコツ近隣のお天気情報を送信するぜ。

2022年はダムを2基以上訪問するのだ!
そういう目標を立てたのだ。

P1190180_rc_R

ダムカードの配布に制限がある場所もあるけど、
ダムカードも集めるのだ。

残り9%。
残量にビックリして整理を始めたんですが、
HDDレコーダーって、録り溜めし過ぎちゃいますよね。

P1190152_rc

観るために確保できる時間以上に、録画しちゃう……。
一定量を超えたら、自動的にBlu-Rayディスクに退避してくれる機能が欲しい。

さて、最近iPadを有効活用出来てないなと思っていたのですが、
その最大の要因が、iPadのデータ容量。
現用のiPad Pro購入時には、iCloudや外部メディアを基本の保存場所としていれば、
本体の容量はそんなに要らないだろうと思っていたのだけど、実際はそうでもなかった。
そもそも色んなアプリを入れていればデータ保存に使える容量は10GB以下になるし、
今、僕がカメラで使っているSDカードは、64GBが基本になっているので、
カード1枚分丸々インポートできないのは、結構不便だったんですね。
例えば、出先で撮影して、帰りの電車の中でRAW現像をしようとしても、
まずはSDカードの中から、RAW編集するファイルを選んでインポートしないと、
本体に保存できないし、それをチンタラやっていると出先でRAW現像できる意味があまり無い。
やはり、都度都度インポートした画像を消すとしても、
最低でも100GBくらいは空き容量がないといけないのだ。

P1190421_rc_R

そこに、娘ちゃんのプログラミング学習教材として、iPadを使いたくなったこともあり、
iPad Proを買い足すことにしました。
あまり予算も無いので、中古の10.5インチ版(2017年モデル)を探してゲット。
容量は256GBモデルとしました。容量が8倍になったぞ。

P1190426_rc_R

ってことで、今までよりもiPad版Lightroomを使う頻度が上がることを期待してる。
自分がどう使うかだから、期待してるって変か。。。

今日は、宮城と兵庫のお友達とお散歩カメラを。
インターネット時代のお散歩カメラは、それぞれが別の場所でも、
Facebookでアレコレ会話したり、途中で写真を上げたりして、
みんなで繋がりながらのお散歩カメラ。

今日のお散歩カメラは、お友達が最近パンケーキレンズを購入したので、
パンケーキレンズ縛りにしました。
お友達はフルサイズ40mm(Kマウント)とAPS-C20mm(Eマウント・換算30mm)、
だったので、僕はLumix G20mm(換算40mm)をチョイス。

P1190079_rc

それぞれが、近隣の気になる場所をお散歩しましたが、
僕は通勤ルートを途中下車にしましたよ。
なぜなら、気になるパンケーキ屋があったから。

そう、パンケーキでパンケーキを撮る。
駄洒落なのだ。

2週間ちょいあった娘ちゃんの冬休みも、明日で終わり。
宿題も終わらせることが出来る目途が立ち、明日は午後からお友達と遊ぶそうです。

P1190006_rc

お正月っぽいことをしなかったことで、
あっという間に正月が過ぎてしまった僕と比べて、
書初めをした娘ちゃんは、お正月を感じられたのかなぁ。

今日は、公園でだるまさんや正月飾りをメラメラと燃やしてましたね。

P1180880_rct

ウォーキングの途中で見かけました。

これで、お正月も終わり。

三連休の初日ではあるけど、正月気分は終了だ。

本日、自宅のガスがプロパンから都市ガスに切り替わりました。
そして、その切り替えの最中、発見されたのが床下の水たまり。

P1180819_rc

床下収納庫を外して、床下を覗くと結構な量の水が。。。
どこかから水が漏れているようだが、それがどこかは不明。
汚水の色や臭いは無いので、上水だと思うのだけど……。
とにかく、明日、調査に来てもらうことにした。

どうなることやら。

今日は日中に少し粉雪が舞うくらいと聞いていたのに、
蓋を開けてみたら、東京じゃ警報レベルの大雪に。

DSC01161_rc

会社まで距離のある都下住まいの僕は、
定時を待たずに撤退を開始しましたよ。
電車はある程度スムーズに運行していて、地元まで戻れましたが、
地元に戻ってから自宅に帰るまでは、ちょっと苦労。

DSC01249_rc

夜になって雪は止んだけど、明日朝の路面凍結が心配ですね。。。

LEICA DG SUMMILUX 15mmが来たもんで、
久し振りにマジメにファーストインプレッションとブツ撮りをしようと思ったのですよ。
そこで、ブツ撮りにチョイスしたボディはE-M10Mark2。

これは何がイイって、フラッシュが内蔵であることです。
ブツ撮りは、内蔵フラッシュではなく外付けのRCフラッシュをワイヤレス発光で使うのですが、
その制御のため、コマンダーとして内蔵フラッシュが使えるのが便利なのです。

E-M1系やE-M5系、E-PL3以降のPEN Lite系はフラッシュが内蔵されておらず、
コマンダーとして利用するときにも、外付けフラッシュを着けなくてはいけない。。。
外付けフラッシュは普段使わないので、いちいち出すのが面倒になってしまうんですよね。

1M046306_rc_R

でも、E-M10Mark2はフラッシュ内蔵。
RCフラッシュを使った撮影も、手軽に出来るワケですよ。
これだけでも、E-M10Mark2を買った甲斐があったというものだわ。

今日から仕事始め。
今回の年末年始休みは、初日の出や福袋に参加せず、お正月感が無かったせいか、
あっという間に終わってしまった感が。。。

そんなお正月明け、我が家にやってきたのは
LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.
そう、パナライカのDG15mmなのだ。

1M046268_rc_R

Panasonicは、ズームリングの操作がOLYMPUSと逆なので、
ズームレンズは購入候補に挙がらないものの、
単焦点はパンケーキの14mm、20mmをはじめ、良いレンズがある。
そして、今回やってきた15mmも良いな、と思っていたレンズだ。

1M046291_rc_R

これを今まで導入していなかったのは、焦点距離が似ているレンズ、
SIGMA 16mm F1.4 DC DN Contemporaryを持っていたから。
SIGMAっていう会社、SIGMAが作るレンズが好きで、
マイクロフォーサーズ向けのContemporaryラインの3本を揃えていたので、
そこに15mmを加えるのは違うかな、と思っていたんですね。

しかし、SIGMA_C16mmの出動回数はあまり高くない。
それはレンズが大きめだからに他ならない。
カバンに入れると、明るめのズームレンズ並みの大きさになってしまうから、
あれこれ持ち出そうとする時に、お留守番組になっちゃうのよね。
かたやDG15mmは超小型。豆大福ほどの大きさです。
SIGMA_C16mmとの違いでDG15mmの不利を感じるのは、防滴対応が無いことでしょうか。
とはいえ、SIGMAの「簡易防滴構造」ってのが、どこまでの防滴か分からず、
OLYMPUSのレンズのように、雨の中、傘無しで使うなんてことは出来ないので、
簡易防滴は、有っても無くても一緒かな……って思えちゃいました。

1M046293_rc_R

で、肝心のDG15mmの画質ですが、LEICA基準に準拠した「SUMMILUX」ですし、
写友、MOTOさんのブログでも高画質は確認済み。
購入検討の中で、複数のレビューやブログを見ましたが高評価なので、
これは、間違いないでしょう。と。
まぁ、そもそも僕がLEICA画質をどうこう言えるような腕を持ってはいないんですけどね。

1M046211_rc_R

ってことで、改めて考えてみた結果、少しF値は暗くなりますが、
小型軽量なDG15mmは持ち出しやすく、SIGMA_C16mmとの入れ替えが良いと判断。
みんなの防湿庫」で買い替えると、新春の割引クーポンもあって差額は2355円。
これは行っとこう、ということに相成りました。

1M046233_rc_R

DG15mmは、Panaボディと組み合わせた場合に動作する絞りリングも搭載。
ボディのコントロールダイヤルよりも、カメラを操作するのが愉しい。
もちろん、2ダイヤルじゃないPana GM1でも動作するから、
GM1の使い勝手が向上するのも嬉しいですね。

1M046277_R

MF⇔AFの切り替えも、レンズ横のスイッチ一つで切り替え可能。
ピントリングのタッチは残念ながら、ちょっと安っぽい感じがしましたが、
まぁ、鏡筒も金属製だし、質感も良いレンズです。

1M046222_rc_R

そうそう、付属の金属製フードとラバー製のフード用キャップも良いですね。
カバンの中でも、他のレンズへの攻撃性は最低限で済みそうです。

みんなの防湿庫」に、SIGMA_C16mmが旅立つまで、数日猶予があるので、
週末に撮り比べてみてから、送り出そうと思います。

昨年、色々なものをポチっとしましたが、買って良かったカメラ関係じゃないものベスト5を。

■第5位:Macintosh Philosophy FLIP UP眼鏡
o5

これですね。
普段使いで眼鏡を考えた時に、カメラを使うことも考えて、
レンズを上に跳ね上げられる眼鏡をアチコチさがして、
やっと見つけたモデル。
実際には、縦構図でカメラ使うときには結局邪魔だったのですが、
メガネを置く場所を考えずに、跳ね上げるだけで裸眼で見られるのがすごく便利!

■第4位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)折りたたみ 火おこし器
o4

結構何度もBBQするようになると、火起こしを如何に快適に行うかが重要になってくる。
そして、その回答がこれだ。
火起こし器に炭をポイポイ入れて、着火材に火をつけて置いとくだけで、
どんな炭でも簡単に着火できる優れもの。
火起こしが楽な分、他の作業が出来ちゃうので、
BBQがより楽しくなります。もう手放せませんね。

■第3位:TOYOTA SIENTA FANBASE G
o3

新車注文後、納車まで3か月も待ったのは初めてですが、
クリスマス前にやってきた新たな相棒。
何と言っても、100V電源が使えることと、社内泊が出来るほどの室内空間ができることが
これから家族の休日を、すごく楽しくしてくれそうです。

■第2位:FiNC オリジナル体組織計 SmartScale
o2

ダイエットには毎日の体重をきちんと記録することが重要。
そして、それは出来るだけ簡単に出来ると継続しやすい。
ってことで、FiNCアプリと連携して、快適に測定・記録が出来るこの体組織計が、
僕のダイエットに大いに役立ってくれました。
まだ目標体重まで落ちてないので、これからもよろしく。

■第1位:Apple AppleWatch series3
o1

ダイエットに大事なのは、何と言っても運動は欠かせません。
そして、僕はウォーキングをメインに行っているのですが、
その歩数計測などの記録にAppleWatchが役立ってくれています。
また、睡眠時間の記録や心拍の監視など、密かに僕の健康を見守ってくれているらしい。
時計としては、ついついスマホを見ちゃうので、役立ってるか疑問ですが、
健康維持の意識を常に持つ、という意味では大変意味のあるアイテムになっていると思います。

本当は年末にやりたかったネタですが、2022年になってしまいました。

2021年、買って良かったもの。カメラ編です。
色々細かいものも買ったのですが、良かったもの上位5つを。

■第5位:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED8-25mm F4.0 PRO
c5

フィルターが使えないM.ZD7-14mmPROと入れ替える決心をしたのが、
発売後ちょっとしてからだったのですが、すぐに品切れになってしまい、
かなり待っての入手となりました。
フィルターが使えることと、沈胴機構の採用により、
超広角ながらも気軽に持ち出すことが出来るレンズです。
また、望遠端が25mmというのもとっても便利なところで、
F4通しのF値と相まって、レンズ交換が難しいシチュエーションで活きる、
便利なレンズになっています。もちろん、描写もなかなか良いです。

■第4位:Pixco 25mm F1.4 C-mount
c4

これは、とんでもなく面白いレンズ。
トイレンズのような味のレンズを探していたところ見つけたレンズで、
かなり簡素な感じの作り。
3000円未満で買えちゃうので、画面端まで精密に写すことは出来ませんが、
特徴あるぐるぐるボケと、ゆるいマニュアルフォーカスで、
写真を楽しく撮ることができます。

■第3位:Panasonic LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.
c3

最近流行りの20mmレンズ。
このLUMIX G20mmは、m4/3のレンズ群の中では、比較的初期のモデルですが、
使ってみると換算40mmの「ちょっと注目」な画角が良く、
F1.7と明るいレンズであることで、室内外でも「使える」レンズです。
また、小型軽量なパンケーキレンズなので、GM1などの小型ボディと組み合わせれば、
最強のスナップシューターにもなります。
購入してからというものの、いつでも使えるように、
パンケーキ型のポーチに入れてカメラバッグにぶら下げてあります。

■第2位:FUJIFILM X100T
c2

APS-Cセンサー搭載で、スタイリッシュなレンジファインダースタイル。
最大の特徴は、光学、電子の切り替えが可能なハイブリッドビューファインダーで、
EVFの使い勝手と、OVFの速写性をシチュエーションに応じて使い分けられるのが便利。
固定式ながら、設定するF値で描写が面白く変化するレンズも、
僕をはじめ、多くの人を魅了する要素だと思います。

■第1位:OLYMPUS OM-D E-M10 Mark
c1

一番最近購入したボディで良く使っているからって理由も無いことも無いですが、
フラッシュやWi-Fiも内蔵していて、小型軽量のEVF搭載ボディで、
今まで使っているE-M1Mark3やE-M5Mark2と、ほぼ同じ使い勝手。
これは、ホントに優秀よね。
これを買うなら、シャッター数の多いE-M5Mark2を修理しなくても良かったかも?
と思わせる機能充実ぶりは、さすが下剋上を気にしないOLYMPUSよね。

さて、次回はカメラ以外の買って良かったものを紹介します。

あけましておめでとうございます。
旧年中は、拙ブログに訪問、コメントをいただき、
本当にありがとうございました。

SDQ_5072_rc_NewYearR

今年の元旦は、初日の出も見ずに遅めに起きて、
買い物も午後からゆっくり出発しましたよ。
そういう一年の始まりも悪くないかと。

とはいえ、今年も色々やりたいことも、やらなきゃいけないこともあるので、
自分なりに頑張っていこうと思います。

今年も、よろしくお願いいたします。

このページのトップヘ