どこ日記。

タグ:M.ZD14-42mmEZ

先日購入のフィアット500C。
今日は注文していたスペアキーの受け取りと、プラグ交換をしてきました。

このクルマは、新車購入で付属するキーは2本。
リモコンキーが1本、ただのカギが1本です。
別に普通のカギが嫌な訳ではないのですが、うちでは駐車場の狭さから、
助手席側からの乗り降りになります。
そして、500Cは助手席側にカギ穴がありません。

そう。リモコンキーが無いと助手席側から乗れないのです。
そこで、1本追加注文しておいたのです。
お代は、まさかの45000円超え!鍵の部品代が35000円ちょい、工賃が10000円ちょい。

高すぎる―。(ノ_・。)

そして、ツインエアのエンジンではエンジンオイルとプラグは、
マメな交換が良さそうなので、プラグも交換してきました。
こちらは約6000円。

P3180122

プラグ交換で、気持ちエンジンが元気になった気がする〜!
良い音するから、ついつい回しちゃうんだよね。
絶対的な速さは無いけど、楽しいクルマだ。

なんとなくテレビつけてたら、A-Studioがやってて、
ゲストは三浦大知だった。

特別、CDを買ったりライブ観に行ったりはしないんだけど、
この人は、世界に通用するエンターテイナーだと思うの。
表現力高い歌も、キレキレのダンスも本格的!
もっともっと認知度が高くても良い気がするー。

笑顔でパフォーマンスする彼を見ていると、元気を貰えるんだよね。

P3140005

Folder在籍中に変声期になり、「どうする?」となった時に、
「将来に向けて休もう」と事務所の社長さんが決断したそうだけど、
ホントにいい社長さんだよな。

きっと、当時から彼が放っていた光は、少し休んだって大丈夫だと、
それ以上に、将来、強い光を放つと分かっていたんだろうな。

チンクエチェントのメインキーは、ジャックナイフ的に折り畳める
カギを内蔵したリモコンキー。

リモコンで開錠施錠とトランクの開扉が出来るんだけど、
なんだか不便だと思うのが、カギを挿さないといけないこと。
今のポルテもそうですが、チンクの前のラパンも、ポルテの前のアテンザも、
おいら、ここ10年くらいはスマートキーなんですよ。
キーを出さなくてもエンジンが掛けられる。

しかし、チンクはカギを挿して回さないとエンジンが掛からない。
カギを回すアクションが「その気」にさせるとも思えますが、
一方でやっぱり不便を感じちゃいます。

P3120007

あ〜ぁ、なんだか便利さに毒されて、
大事な何かを忘れていってしまう気がする〜。




※写真は、カメラバッグを落とした時とは別の写真です。(笑)

いやー、焦りました。
今日は、朝からチンクを連れ出して、記念撮影でスタートですよ。

P3120140_rfc

昨日は撮影どころじゃなかったので、パチパチっと撮ったんですよ。
その後、家族みんなで買い物にでも行こうという事になり、
家を出たのですが、そこですごいおっちょこちょいをやらかしました。

チンクの屋根の上にカメラバッグを載せたまま、出発してしまったんですよ。
そして、ウキウキ気分でチンクをオープンに。
電動で走っている最中でも、10数秒でオープンになるんです。
チンク、素敵すぎる〜!ひゃっほぃ!ヽ(´▽`)ノ

P3120086

って、しばらく走っていて、ふとカバンの中が気になって……あっ!

すべてを思い出しました。屋根にカバン乗せたままオープンにしたら?
当然、カメラバッグは道路に落ちる……。
財布もレンズも入ったカメラバッグ、マズイ、マズイ、マズイーっ!

急いでオープンにした現場辺りに引き返してみたけど、
現場周辺に到着したのは約30分後。
クルマを降りて家族で探してみたけど、全然バッグは見つからない。
そんなあ。。。
通り沿いのお店に聞いたり、裏道とかも分担して探すが、
見つからず。。。

そんな中、奥さんが道路上に無残に砕けたレンズキャップを発見!!!

P3120160

( ̄□ ̄;)!!悲しすぎる……。
しかし、奥さんが辺りを見回すと、車道の端っこにSIGMA Contemporary 30mm F1.4 DC DNが転がってて!
ちょっと傷はついていたけど、とりあえず無事に回収が出来ました。
奥さん、素晴らしいっ。

しかし、肝心のバッグは見つからず。
お財布の他、M.ZD17mmF1.8、M.ZD14-150mm、Lomo'Instant AUTOMAT、
色々入ってて、もうショックが大きすぎる……。

近所の駐在に寄ってみたけど留守。
備え付けの電話で管轄の警察に問い合わせたけど、届け出は無し。
その後も2時間くらい近所を探してみたけど、見つからなくて傷心のオイラ。
買い物気分でも無くなった家族。



申し訳なし。。。



仕方がないから近所のファミレスで食事をすることになったけど、
お昼時だったから、結構な待ち時間。
ただただ待ってる気にもなれず、ファミレスから近い駐在所に行くことにした。

そしたら、さっきとパトカーの位置が違う。。。
お巡りさんが戻ってきたか?と思って小走りで行ってみたら、
駐在所に入るやいなや「どこ。さん?」って聞かれたので、ビックリ。
届け出があったので、僕の自宅の留守電に伝言入れたところだったとか。

無事にカメラバッグ、戻ってきたー!すごーい!
世の中には、いい人がたくさんいるのねー。

そして、偶然こぼれおちちゃったSIGMAC30mmを見つけてくれた奥さんも、
すごいグッジョブだ!



うん、みんなの優しさに支えられて生きてるんだな、おいら。
感謝、感謝なのです。

今日は、お休みだけど微妙に用事がある日だった。
なので?午前と午後で持つカメラを分けることにした。
午前中はE-M1 Mark2。午後はOLYMPUS AIRとLomo'Instant AUTOMAT。
午後はユルく行くこと前提のチョイス。

いま、気張ろうとすると、ロクなことないような気がして。
撮ることが楽しくない気がして。
なので、レンズはユルめのM.ZD14-150mmと、真面目なSIGMA Art60mm。

2R040395_rc_R

しかし、E-M1 Mark2は今の僕には難しい。。。
これを使うレベルにないって感じがするのよね。
レンズがどうこうじゃなくて、感覚的な問題。
こういうの気にしてしまうのが嫌だなぁ。

2R040343_rc_R

そして、午後は気持ちを切り替えて、
OLYMPUS AIRとLomo'InstantAUTOMATのユルユルコンビ。
娘とお散歩しながらの撮影。
動き回る娘を、OLYMPUS AIRで追ってみたり、
近所のパン屋さんで、パンを食べる娘をLomoで撮ってみたり。

P3040165_R

色々真剣にやるのも大切なんだけど、気を抜くときも必要。
ピントがズレてる一枚も、娘との想い出の一枚なら悪くない。
「今の空気」が写ってれば良しってことで。

P3040320_R

そう思って撮れるOLYMPUS AIRは、楽しい。
僕の意図とは関係なく、勝手にアートフィルター当てるアプリも、
偶然を楽しめて面白い。

OLYMPUS&マイクロフォーサーズばかりに気が行ってる僕は、
今回のCP+では、何を見たらよいのかしら?

P2220042_rc

去年は、M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO、
Panaの100-400mm、SIGMA Contemporary 30mm F1.4 DC DNとか、
気になるレンズもあったし、PENTAXのK-1、SIGMA sd Quattro、
色々あったのにな。。。



OLYMPUS AIRの新型?・・・出ない。



OM-Dの新ファーム?・・・出そう?



今年は、現地で何かを見つけるとするか。。。

人の気持ちは顔に出るっていうけど、
顔に出さない気持ちもあるよね。

P2110038_rct

そう。笑っていたって、楽しんでいるとは限らない。
合わせて笑っている自分を、なんだかなーって見ている自分も居たりする。



そう、人の気持ちは分からない。
分かったつもりでも、靄のむこう。
見えていないかも知れない。

昨日のワークショップで作ったストラップ、
E-M5 Mark2に着けて、ご機嫌にお散歩カメラです。

P1290013_R

で。
以前から気になっていたんですが、
今日、すごく感じたこと。

おいらのM.ZD14-150mmは、ちょっとおかしい。
以前から「そうじゃないか」とは思っていたのですが、
キチンと見てなかったんですよね。
M.ZD14-150mmを使う時は、気合いを入れない時って事もあったりして。

2M290073_rct_R

画面中央に近いトコは、それなりに解像しているのに、
画面端に向かっていくと、ガシャガシャな感じになってます。
次の写真は、それがとても気になる感じに見て取れます。

2M290032_R

画面中心の草の解像感と、ほぼ等距離にあるはずの草やサギの解像を見比べてみると、
ホントにひどい感じ……。
M.ZD14-150mm使いの方の作品を見ると、とてもキレイな画なので、
M.ZD14-150mmの性能のせいではありません。
きっと、一度自分で分解してるからってのもあるんだろうなぁ。

今度、新宿行った時に点検調整、してもらわなければ。
便利ズームとは言え、もっと良い画を出せるはずなのだ!

さて、連絡が付かないまま当日を迎えてしまいましたが、
とりあえず向かってみましたよ。

2R285403_R

今日は、「第一回 CREEZAN WORKSHOP」に参加してきました。
CREEZANさんは、職人によるこだわりの手作り鞄を作っているブランド。
ネットを見ていて、たまたまワークショップの開催を知り、
本革のカメラストラップを作るっていうんで、申し込んでみたのです。
革のストラップで、良いのを探していたところだったので、
タイムリーだっ♪って。

ところが、申し込みをしてから全然連絡が無くてドキドキ。
本当に申し込みできているのかしら?定員があるから参加可能な人にだけ返信?
色々心配はあったんですけど、『もういいや、行ってみよう。』って思って。

実際に行ってみて、名前を名乗って申し込み出来ているのか聞いてみたところ、
何かメールの不具合だったようで、メールが届かない人がいたようで。
僕も、そのうちの一人だったってことか。。。

CREEZANさん側にも、不達メールが帰ってきてなかったようで、
問い合わせで、そのことを知ったようでした。
丁重にお詫びされましたが、それじゃ、CREEZANさん側も打つ手が無いかもな。

そういうことが無いようにGmailのアドレスで登録したのに、
それがアダになっちゃったのかしら?どうなのかしら?
ドコモメールとかじゃないので、メール不達なんて考えてなかったよ。。。
CREEZANさん、ごめんなさい。




でも、おいら、思い切って行ってみて良かった。
返信なかったから、行かないことにした人も居たのかも。。。

さて。そして、WORKSHOP。
必要なパーツは、ある程度加工も済ませて用意してあり、
参加者は、多少の作業で本革のストラップが造れちゃいます。

P1280009_rc_R

切断された革の切断面にトコノールという処理剤を塗布して、
磨き棒って棒を使って滑らかにしたり・・・。
って、OLYMPUS AIRをManfrotto PIXIに付けてタイマーで撮れば、
こうして両手を使った作業工程も撮りやすいな。

P1280018_rc_R

ストラップに金具を付け、糸で縫い留め(かがる?)たり。

2R285259_rc_R

1時間ほどのWORKSHOPだったので、そんなに難しい事はやりませんでしたが、
自分でオンリーワンのストラップを造るってのは、とっても楽しくて。

P1280026_R

あっと言う間に完成っ!
すげー!可愛いっ。(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

P1280033_rc_R

丁寧な仕事で、良いカバンを作っている会社だからこそか、
肩当ては、バックスキンで滑り止めになっているし、
革もしっかりとした厚み、しなやかさで、実際の使用感も良さそう。

2R285406_R

カメラに取り付けた際に、丸リングがボディに傷を作りそうなのが、
ちょっと気になるくらい。
まぁ、おいらのE-M5Mark2は、すでに傷だらけだけどさ。。。
これみたいなのとかで、ケアすればOKなのだ。

とりあえず、連絡が上手くいかなくて不安はあったけど、
スタッフの方も気持ちのこもった対応で、すごく楽しめましたし、
ストラップの出来にも、大満足でした。



CREEZANスタッフの皆様、本当にありがとうござました。

E-M1Mark2が来た翌日、天気も暖か&青空で上々。
そうなると、試写にも気合いが入りそうですが・・・。

今日は家族で買い物。
そして、夕方からは娘と一緒にプールに行かねば、ということで、
ロクに試写できず……。orz

とは言え、色々誰かの役に立つであろうから、
今日思ったことを書いていきますね。

1.121点オールクロスセンサーの像面位相差AFは凄い。
動体追尾性能がどうのは、まだ試せていないのじゃが、
志熊流の基本武具、SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM(for FourThirds)を着けてみたら、
もうビックリじゃよ!スイスイAFが動作するのじゃから!

PC230084_R

その速さはE-5との組み合わせ以上じゃないかと思うのじゃ。
まぁ、思い出との比較じゃ根拠は弱いが、フォーカスの動きが実にスムーズじゃ。
夜景向けと思って手放さなかったレンズなのじゃが、
これで本来の目的、ポトレやスナップで十分現役で活躍できそうじゃ。
手放さなくて本当に良かった。

2.さらに進化した手振れ補正。
もう、発売前から多いところでは10秒越えの長時間露光が三脚無しでできるとか、
色々ウワサが出ていましたが、とりあえず1秒は気軽に撮れますね。

2R230057_R

その昔、E-P1で試したところ、かなり気を遣っても1秒くらいが限界だったのですが、
とうとう1秒の手持ち撮影は気軽な領域に来てしまいました。
撮像素子の大きさもあるから、単純比較は出来ないんでしょうけど、
他社の一眼よりもE-M1mark2をチョイスするメリットの一つだと思います。

3.レリーズケーブルについて。
オリンパスはデジタル一眼向けのレリーズケーブルの仕様が2つあった。
E-3/5用と、E-XXX/XX&E-Mx&PEN用の2つ。
この2つは本体の形状は全く一緒、E-3/5用も特に防塵防滴ってこともなく、
ただ端子が違うだけ。
それでも必要だから買ったのに、E-M1Mark2でさらに形状を変えて、
新しいレリーズケーブルを発売してきた。

そして、新形状のレリーズケーブルは価格も約6500円と結構エグい。
ただシャッター切るだけだぜ?むむー。
USBが3.0対応になり、本体側の独自形状USB端子を廃止したので
それはそれでイイことなのかも知れないが、
だったら最初っから独自形状のUSB端子にしないでよ、と。

で。

新端子は、場所も本体のレリーズボタンに近い位置に変更され、
ピンジャック型の端子になった。
そのピン型を見たら、多くの人がピピッと来るよね。
そう!キヤノンのレリーズケーブルRS-60E3と似てるのだ。

きっと同じじゃね?たかがピンジャックだぜ?

PC230071_R

そう思ったら、amazonでポチってましたよ。
しかも、何故か純正品じゃなく怪しげな多機能品を。
怪しげな多機能品は、E-M1mark2よりも3日も早く到着してたから、
ドキドキしながらE-M1mark2の到着を待ちましたが、結果はOK!
無事に動作が確認できましたよ。

PC230063_R

E-M1mark2のレリーズケーブルは、キヤノンRS-60E3と互換性アリです。
(保証はできませんので、ご利用は自己責任で。^^;)

ってことで一日持ち歩いていたのに、まだロクな試写が出来ていない僕。
夜景でも撮りに行ってみようかしら。。。

今日は、会社の忘年会&歓送迎会。
いつも、なんとなく写真係になる僕。
そこで、今日はOLYMPUS AIRに加えて、Lomo'Instant AUTOMATを持って行った。
そう、その場で写真撮って、メッセージを書いて、お別れの人にプレゼントですよ。

PC160057

結婚式の二次会とか、特別な日には定番になっているけど、
実際に自分でやってみると、ホントにイイ感じよね。
とても喜んでもらえるし、みんなが書く文字もスペシャルな思い出になるよな。

うん。Lomo'Instant AUTOMAT、さっそく大活躍だ。

待ちに待った防湿庫が到着しました〜♪
amazonでお安く買えたHAKUBA KED-40です。

防湿庫っていうと、東洋リビングというデファクトスタンダードな
メーカーがあるのですが、ちょっとお高くて。
というか、基本的にカメラを良く使う人なので、部屋に置きっぱなしでも、
カビたことなんて無いんですよね。
それなのに、何万も掛けて保管箱を買う気には……。

しかし、気付けば、所有のレンズも高価なものが多くなってきて、
カビが怖くなってきてはいる。
そこに、amazonのキャンペーンで通常20000円超えの物が16000円ちょい。
ボーナスも出るし、ポチってしまおうか。

と、勢いでポチったものですよ。

PC110057_rfc

防湿庫って、容量を何リットルって表記するのですが、
自分の手持ちの機材を全部入れるのには、どのくらいの容量が要るのか全然分からず。
とは言え、20リットルくらいじゃ絶対足りないだろうと、
40リットルをチョイスしたのですよ。

そして、色々入れてみた結果……入りきらない。。゜(´Д`)゜。
カバンに入れていないレンズは全部入ったけど、
カバンの中にはボディ1台と単焦点レンズが4本……足りないと言えば足りないな。
これは、積み上げたりするのもアリか?

でも、これ以上デカいレンズを増やさないためには、良いチョイスだったのかも。
とりあえず、これでカビは怖くなくなりました。

うん、良い買い物でした。

この土日、日曜日が雨になるって言うんで、
今日は秋を求めて宮ケ瀬方面に行ってみましたよ。

まぁ、宮ケ瀬って言ったらダムよね。だむ。だむ。

6L265194_rc_R

勢いで向かってみたけれど、なんの予備知識も無かったので、
現地に着いてからちょこっとダムのホームページを見たりする。
お。偶然にも、観光放流は今月末で一旦終了になり、春までお預けに、
そして、今日は今年度FINALってんで放流してくれると!
ラッキーだっ。

PB260081_rc_R

しかし、僕が着いた10時半くらいは、かなり曇天。
どうせなら青空バックが良かったなぁ。。。
シャッタースピードも稼げないしー。

とは言え、こうして放流を待つって事が生まれて初めてだから、
ワクワクしながらカメラを設定する訳ですね。
一台は三脚に固定して超広角M.ZD7-14mmPROを、
もう一台はM.ZD40-150mmPROをチョイス。

放流開始の11:00。
放流口から出てくる水をカシャッ。

6L265171_rc_R

カシャッ。

6L265176_rc_R

カシャッ。

2M260073_rc_R

カシャッ。

2M260080_rc_R

カシャッ?

2M260098_rc_R

うわぁ、結構激しい水飛沫が来て、レンズがビショビショだー。
でも、防塵防滴レンズだから大丈夫〜。楽しい〜。

うわ、E-PL6は防塵防滴ボディじゃなーい!
うっひょー!(≧∇≦)

はぁ、結局ポチってしまったM.ZD30mmMacro。
35mmフィルム換算60mm相当の画角は、標準レンズってことだ。
『注目』の画角で、レンズ前1cmくらいまでの接写能力。

PB180040

近付かなければ拡大で撮れないマクロレンズだから、
蝶などを撮るのは向かないかな。
花のシベを撮ったりする場合は、自分(レンズ)が影を作らないように気を付けなきゃ。

PB180070

ま、マクロレンズって事だと、小さなものを大きく撮ることに注目しがちだけど、
30mmって画角なら、最短撮影距離を気にせず使えるお散歩レンズって思える。
そう、そういうことだ。

PB180082

寄りたいように寄って、引きたいように引く。
30mmって画角を自由自在に使えるってことだ。
うん。写りが楽しみだ。

PB180063

しかし、我が家では4本目の30mm。
・SIGMA Art 30mm F2.8 DN
・SIGMA Contemporary 30mm F1.4 DC DN
・SIGMA 30mm DC EX HSM(フォーサーズ)
そして、M.ZD30mm F3.5 Macro。
似た画角だと、M.ZD25mm F1.8も。



・・・選手層が、分厚いなぁ。



それも、かなり。

さて、お洗濯を片付けてからのお散歩カメラ。
相棒は、E-PL6とSIGMA30mm。
なんか、「PEN」であることで、OM-Dよりも変に構えないっていうか、
積極的にオートも使って良いかな、という気になる。
久し振りのAモードですよ。
適正露出をPEN任せに、思うままにシャッターを切る。
それは、とっても楽しいなぁって。

6L124512_R

そして、SIGMA30mm、やっぱり小さくて軽くて、良いレンズだよなぁ。
M.ZD30mmMACROが来たら、ドナドナしようかと思ったけど、
E-PL6にピッタリな気がするなぁ。

PB120031_R

って、PENちゃん撮った時にはM.ZD45mm着けてましたが、
今日は30mmが中心な一日でした。

6L124509_R

もう、30mm4本体制でも良いのかな。
目的の違いってことで……。
でも、さすがに4本は意味ないっていうか、使い分けられない気がするしなぁ。

6L124508_R

とりあえず、すぐにM.ZD30mmMACRO手放す可能性も0じゃない(?)から、
とりあえず保留しておくけどさ……。

お友達が、「自分の写真に飽きてます」って。
似たような露出や構図になりがちなのかしら。
僕も、そういう感じがすることあります。
自分の写真は、上手いのか?下手なのか?
どこが良いのか悪いのか?

PB060003

それが重なると、すごく悶々として「スランプだー!」ってなりますが、
そうなる前に気付いたら、自分の作風から離れてみようと、
誰かの真似をしてみたりします。

佐々木啓太さん的に、都会を行きかう人々を撮ってみたり、
蜷川実花さん的に、普段はあまり好まないビビッドな色で撮ってみたり、
中井精也さん的に、普段はあまり撮らない鉄道を撮ってみたり。
設定や露出、自分のセンスじゃない写真を。

実際には、自分の好みが出ちゃうので、
真似と言っても真似しきれないのですが、
普段やらないことをやることで、引き出しが増えたり、
自分の技術向上に繋がるかも知れません。



「自分の写真」ってなんだろう。



難しいなー。

それが確立できている人が、プロカメラマンになれるのかも?

さて、世間?はE-M1 Mark2の話題で持ちきりですが、
このタイミングで、どこ家。にE-PL6がやってきましたよ。

お友達が機材整理をするって話があり、
お手頃に里子にもらえるって言うんで、お迎えすることに。

PB060044

先日購入のartisan and artistのストラップ、
実はこの子のためのストラップなのでした。
オサレな張り革してあったので、それに見合う感じのストラップにしたいと、
チョイスした赤ストラップなのです。
受け取るやいなや、ストラップを取り換えてみましたよ。

PB060069

画質もOM-D(E-M5相当?)画質だし、
本体内蔵Wi-Fiは無いけど、おいらにはFlash Airがあるっ。
ファインダーが無いからこその使い方、ユルさで、
気楽なお散歩カメラが楽しそう。





これから、よろしくね。

僕は、時々献血を嗜んでおります。
一時期は、ともかく沢山献血がしたくて成分献血を選択していたり、
特定のドナーのために献血をしていた時期もありました。

PA160050

でも、最近は時間を作るのが難しかったり、
献血への情熱が落ち着いてしまったのもあって、
年に3回ほど、400mlの全血献血をしています。

成分献血と全血献血、どちらがどれだけ役に立っているのか、
良くは分かりませんが、少しでも誰かの役に立ってるなら幸せです。

いやー、朝晩冷えてきて、徐々に秋が深まっていってますね。
夜の空も、星がくっきり見える日も増えてきて、
夜景の季節がやってきた感がありますね。

PA090203

そろそろ山中湖に出没してみようかしら・・・。

お昼休み、職場のお友達に誘われて、久し振りに会社の屋上へ。

image


これまた久し振りのキレイな空。
雲があるけど、それがまた素敵。
気持ちが少しだけ、軽くなった。

見てきました、M.ZD30mmMacro。

2M240068_rc_R

すっごく軽い!128g!
ZDのマクロ、3535マクロの165gを超える軽さ・・・!

って、思ったんだけど、マイクロ4/3のレンズはどれも軽いな。
M.ZD9-18mmも155gだし、M.ZD14-42mmEZなんて93gだ。
そして、Panaのパンケーキ、LUMIX G14mmは驚異の55g。
うん、m4/3は軽量なシステムを組みやすいって事だな。
そして、M.ZD30mmMacroは、マクロのレンズの中では一番軽い。

P9240061_R

前玉、小さいなぁ。
一応、フィルタ径はφ46だけど、前玉はかなり小さい。
しかし、3535Macroも小さかったけど、写りは良かった。
きっと問題ないだろう。
SIGMAの30mmも、同じく結構小さいが良い写りだぜ。

2M240072_rc_R

大きさ、手持ちの30mmと比べてみたっす。
4/3用はちょっと大きすぎるので、m4/3用だけですが、
SIGMA C30mm F1.4 DC DNとA30mm F2.8 DNを並べたら、三兄弟って感じです。
ちょうど中間の大きさで、SIGMA A60mm DNくらい。
基本的なデザインは、M.ZD25mm F1.8と一緒だけど・・・。
気のせい?黒いプラスチックの質感は落ちてる?

P9240056_R

ベトナム製だから?
とは言え、その他の品質?触感?は25mmと同じかな。
ピントリングしか動かないから、リングの重さくらいしか分かりませんけども。
そうそう、肝心なのは写りよね。

P9240003_R

ほい、広角マクロならではの近接撮影能力。

2M240087_R

こんな感じです。
画質も金属鏡筒の質感を結構解像していて、良い感じだと思います。
オリンパスのマクロは、基本的に信じていいモノだ。

そして、みんなが気になるボケ。
展示場所が展示場所だったので、展示されてたハロウィンカボチャをメインに、
後ろのギャラリーの作品たちでボケ具合を・・・。

2M240089_R
F3.5。

2M240090_R
F5.6。

2M240092_R
F8。

F11以降は、何故か撮り忘れました。(汗)
撮ってたつもりだったのですが・・・すみません。

とりあえず。
M.ZD30mmMacroは、良さげです。
お散歩カメラ好きなら、良いチョイスですね。
2016/9/24現在、amazonで29160円。価格も魅力的ですね。

30mm。
マイクロフォーサーズだと35mm換算で60mm

注目の視野と言われる50mmよりも、少し画角は狭いけど、
ほぼ性格は似ていると思うので、同じような使い方が出来ると思います。

image


僕は今、3本の30mmを持ってます。
・SIGMA contemporary 30mm f1.4 DC DN
・SIGMA art 30mm f2.8 DN
・SIGMA 30mm f1.4 DC EX

さらに、M.ZD25mm f1.8。
嗚呼、この画角のレンズが多い。
正直、30mm f1.4 DC EXはフォーサーズ用で、AFが極めて遅い。
でも、C30mm f1.4導入後も30mm f1.4 DC EXを手離さないのは、偶数羽根の絞りによる光芒のカッコ良さから。
また、せっかく位相差AF使えるE-M1があり、今度、E-M1mark2が来る?から、フォーサーズレンズを残しておきたいし。

で、a30mmf2.8は、コンパクトでスマートなデザイン。airとの相性も良いのよね。
カメラバッグの中でも場所取らないし、写りも良い。
そして、せっかく揃えたart DN三兄弟なのよね。
ちゃんと三兄弟のままが良いよね。

そして、最新のC30mm f1.4 DC DN。
明るくて軽量なレンズ。特定条件下で開放で撮るとパープルフリンジが気になるけど、
E-M5 mark2をはじめとする、マイクロフォーサーズ機に最適なポトレ用レンズですよ。
今の時代に合った、ハイコスパな優等生です。

3本とも、それぞれ長所が光る良い子達なのです。

image


そんな中、オリンパスはM.ZD30mm f3.5 macroをリリースするとな。
パナソニックが30mm f3.5 macro出した時も、少し悩みましたが、
「まぁ、パナソニックだから、当然見送りでしょ!」と割り切れました。
しかし、今度はM.ZDですよ。しかも、なかなかシャープに写るという噂。

image


何故にフォーサーズと同じ35mm f3.5にしなかったのよー。
30mmを何本買わせるつもりなのよー。
フォーサーズでも3535macro好きだったから、このくらいの画角でmacro欲しいじゃん。
レンズ前14mmという近接撮影能力で、近付き放題。
倍率も換算2.5倍とか、びっこりしちゃうよな。
お散歩カメラが捗りそうじゃん。



30mmが4本になったら……。
いや、それはダメだな。




ホントはM.ZD12-100mm f4 PROが欲しいけど、軍資金が足りません。
E-M1mark2のキットとして買えば、20万円切る?いや、全然切らないよな。
25万円超える?無理だー。

3日前から迷惑メールが増えている。
ヤマト運輸を装ったメールで、「不在だったので持ち帰った」的な
タイトルになっていることで、開封を誘っている。

すぐに削除してしまったので、詳細は不明。(笑)

P9110144

3日前は1通だったのに、昨日は3通、今日は6通も届いた。
明日は12通になってたりしないかしら。心配だわー。
こういうメールを送信している人に、僕の呪いが届きますように・・・。

秋の台風、週末に関東に来そうだとか。

P9100518_R

まぁ、三連休だってことに気付いたのは昨日なので、
前からすっごく楽しみにしてた訳でもないんだけど。

でも、ね。

晴れていれば、いろいろ出来るよね。
夜空の星も、キレイに見えるよね。

昨日は、比較的軽量な装備とBefreeを持ちつつお散歩。

P9110203_R

PROレンズでも重い系の40-150mmと7-14mmがお留守番にしたので、
Befreeを合わせても4kg無いかも?って装備。

P9110010_R

しかし、時々子供を抱っこしたりおんぶしたりしながらだと、
せっかく軽量でも、足腰にクるものが・・・。

P9110069_R

今日は一日、ちょっと膝の疲れを感じてましたよ。
子供が重たくなってきているのもありますが、
身体がポンコツになってきているんでしょうな。

manfrottoのトラベル三脚Befree。
先週のファン感謝デーでゲットして、最初の週末っ!

でも、三脚を活かした撮影場所には行けなかったので、
とりあえず、三脚を撮ることに。
良く出来た次男を中心に、四兄弟を揃えてパチリ。

2M100001_rfc_R

そう、いつの間にか、ってゆーか今日から仲間入りの一脚も入って四兄弟。
いやー、Manfrotto大好きです。
こうして長さと太さを比べてみると、190XPROBは流石の貫禄よね。
耐荷重は5kg・・・あれ?Befreeは4kgなのだが、そんなに変わんないの?
いやいや、計測条件とかが変わったのかしら?
最縮長同士なら、こんな差なのかな?190XPROBは最伸長時も堅牢だからな。

P9100482_rc_R

ま、数字は置いといて(笑)ガッチリした190XPROBに比べて、
ちょっと頼りない感じだけど、変形機構のお陰ですごくコンパクトに持ち運べるBefree。
ポイントポイントに赤のパーツが使われて、とっても良い感じです。

P9100487_rc_R

さて、そんな最低地上高は、Befreeで気になっていた点。
34cmって、全然低くないのよね。

P9100500_R

それに引き換え、190XPROBはバレリーナのような、ほぼ180度開ける脚と、
簡単操作でセンターポールが水平に出来るQ90°クイックセンターポールシステムで、
変態的な最低地上高8.5cm。
この上ない自由度は、もう撮れない構図は無いんじゃないかと思うくらい。

P9100502_R

そして、Befreeと190XPROBを併用したときに、不便を感じそうなのがクイックリリース。

P9100490_R

Befreeのクイックリリースは、方向性のあるプレートを使っています。
LENS⇒と書いた向きに合わせてカメラに取り付けます。
その方向性があるお陰で、きっと固定がしっかり出来るんだと思いますが、
E-M5Mark2を導入してから、クイックリリースをアルカスイス互換に移行していた僕。
190XPROBもPIXIもHG-214STもアルカスイス互換のクイックリリースにして、
どの三脚ともすぐにカメラを入れ替えられるようにしていたのですが、
それがダメになりました。

P9100492_R

「Befreeのクイックリリースがアルカスイス互換だったらな」と思いつつ、
アルカスイス互換プレートとBefree用プレートを重ね付けしてみました。
とりあえず、重いレンズで縦構図じゃなければ大丈夫かな。。。(笑)

まぁ、その不便を感じたBefreeのクイックリリースも、悪いことばかりじゃないです。
うっかり操作でカメラを落下させないように、クイックリリースの取り外しには
取り外しレバーの他に安全レバーがあり、安全レバーを操作しながらでないと
取り外しが出来ないようになっています。(実は賛否両論みたいですが…。)

P9100495_R

これは、僕もあまり使い込んでいないので、
吉と出るか、凶と出るか、楽しみな機構ではあります。

P9100484_rc_R

見返してみると、190XPROBばかり褒めていて、Befreeがイケてない風に
感じるかもしれませんが、それは違うのです。

三脚はキチンとした構図・ピントでの撮影、スローシャッター撮影には不可欠なもの。
しかし、多くの人が三脚を使わないのは「持って行くのに邪魔だから」、
「重いから」という理由が結構な割合を占めると思います。
それを払拭できる1.4kgという軽量さと、期待以上の剛性。
そこにBefreeの価値があります。

実際の撮影に使って、もっとBefree推しに説得力のある日記を書かねば。

----------------
2016/9/13追記

MOTOさんから情報を頂き、センターポールを逆付けすることで、
超ローアングルにも対応可能なことが判明しました。
失礼いたしました。
今度、超ローアングル日記も書かなければ!

お気に入りの通勤カバン。
ショルダーベルトの付け根が、革の摩耗で壊れそうです。

P9020247

これは、キチンと直さないと・・・。

XZ084494

と思って色々検索中なのですが、
リペアのお店もたくさんあって、価格もピンキリ。
とは言え、ブランド物はキチンとそのブランドの店で修理を依頼した方が、
ベターなんだろうか。。。

パソコンデスクの端っこに、フィルムケースが。
よく見ると、未使用じゃなくて使用済みのフィルムだ。

P9070316

あ。いつのフィルムか思い出した。
すっかり現像出すの忘れてた。。。orz



出しに行かなきゃ。
良い写真、出てくると良いなぁ。

僕は、志高く生きてないのよね。


生まれたからには、何か大きなことを成さねば!
って気合いが無いのよね。
のほーんと生きていける時代では無いんだけど、
のほほーんと生きていけたら良いなーと思っちゃう。

( ̄□ ̄;)!!

ダメ人間。。。



しかし、先日ゲットのmanfrottoのBefreeは、イイ感じよね。

P9040203

使い勝手は正直、まだキチンと使ったことないので、
さっぱり分かりませんが、評判は上々みたい。
こういうコンパクト設計重視な三脚にしては、カッチリしているようです。
ローアングルが40cm程度と、あまり低く出来ないのは残念ポイント。
だけど、そのデメリットを補うカッコ良さ。
うんうん。見てるだけで満足感が・・・じゅるる。

今日は、体調がイマイチ。
ふんわり吐き気がして、ふんわりダルくて、ふんわり頭が痛い。
そんな一日でした。

こういうふんわりした体調不良だと、会社を休もうかとも思えず、
かと言って、なんとなく業務に集中しきれなかったりして。

P9050009

とりあえず、風邪引きかけ?と思うことにして、
葛根湯を飲んで寝てみます。

カメラ関係で好きなブランド。

まぁ、一番はOLYMPUSですよね。当然ながら。
色々と他社の方が良さそうな所もありますし、不便も感じますが、
それでもやっぱり、OLYMPUS好きです。

そして、二番はと言えばManfrotto。
もう、最初は『イタリー製?オサレっぽい!(*´ω`*) 』位なもんでしたが、
今は色々知識も付いてきて、『イタリー製!オサレっしょ!(・ω<)』って感じ。(笑)
それは冗談半分ですが、なかなか革新的な機構を採用していて、
オサレだけじゃなく機能性も併せ持ったメーカーとして、
個人的に応援しているメーカーです。

そんなManfrottoが創立10周年を迎え、今日、ファン感謝デーを催すとのことで、
「これは行けなければ!」と早々に事前予約をして、今日を迎えた訳です。

会場は田町のSHIBAURA HOUSE。
少し早めに田町に行って、近所をお散歩カメラしようかな、と思って出掛けたのに、
あまりにテンション上がってしまい、会場に11時前着。
なんで誰も並んでないんだろう?とか「結構待ちますが大丈夫ですか?」と
声を掛けてくださったManfrottoの方に、「待ちますー。」と答え、
「少しくらい待っても当然じゃないのかなー?」と思ったが、
30分以上してから開場が12:30だったと言うことに気付く愚か者。
そっか、それじゃManfrottoの方も心配するよなー。
脱水を心配してお茶をくれるよなー。orz

結局、一番乗り。
今日は湿度も高くて暑かった。。。

P9040166

で、も。

今日は、夕方までに家に帰らなくてはいけない日だったので、
開催されるセミナーには参加できず、アウトレットとくじ引き、
それと会場の空気を楽しむことくらいしか出来ない。。。

P9040101

しかし、アウトレットは10周年企画って事で、
かなり気合いが入った感じなのが、公式Twitterでも感じられ、
ウキウキワクワクしちゃう訳ですよ。

2M040036

って事で、くじを引いたのですが、当然?一番乗りが当たりを引ける訳もなく撃沈。
でも、アウトレットではお目当てのBefreeの赤がジャスト10000円で!
ひゃー!お買い得過ぎる!おいらは幸せです。

P9040113

暑い中、待った甲斐がありました〜。
そして、OLYMPUS AIR用iPhone5にManfrottoのスマホケースをゲット。

他に雲台とかも気になったけど、今日はここまで。
会場は多くの方のManfrotto愛に溢れていて、
スタッフの方も笑顔笑顔で、凄く良い空気でしたー。

ってことで、会場を後にして近くの肉LABOさんでランチ。
生ハムのバラちらしを頂きましたよ。

2M040042

苦手なアボカド抜きのリクエストに、笑顔で対応くださった店員さん、
ありがとうございます!

2M040047

絶妙な塩気と山葵の爽やかさ、美味しいランチで1000円っ。
僕は、幸せ者ですっっっ。(涙)
って、ランチを堪能していたらお友達、MOTOさんからメール。
以前、Befreeが気になっていると言う話を聞いていたので、
「どうします?」って声掛けしてたのですが、気持ち揺れ揺れの結果、Goサイン。

急いで会場に戻ったら、ラスト一本に間に合いまして、
これも、今日は良いことだらけだー♪と思ったのであります。

という事でタイムアップ、戦利品を抱えて帰投します。

帰宅後、MOTOさんに戦利品をお渡しし、任務完了。
お礼?に素敵な逸品を頂き、今日はホントにイイコトづくめなのでした。


P9040247

ふー、明日からが怖いなぁ。

今日の夕方、クルマを走らせていたら、
分厚い雲の下に七色の輝き。

太い虹の足元だけが見えた感じ。
キレイなアーチ型よりも、なんだか強さを感じる虹だなぁって。
そう思って、急いでカメラを出そうとしたけど、
手元には・・・OLYMPUS AIRか。

とりあえず、消えちゃうと大変なので、スマホとの連携無しで、
ノーファインダー撮影することに。
画角が良く分からないので、テキトーに角度を変えながら、パチパチパチパチ。

そんな4枚のうち、3枚は明後日の方向に。

P9030043_rc

でも、1枚。
ギリギリ写っていた!
今日は、すごく嬉しい知らせがあったし、
きっと、明日も良いことあるよね。

会いたくて、会いたくて、仕方が無かった夕空に。

P9010215

今日、やっと会えました!
もう、18時くらいには陽が沈んでしまうようになったんだなぁ。
秋になってきたんだなぁと、実感するですね。

すごいキレイに焼けたりはしなかったけど、
それでも、会いたかった朱は、すごく素敵だったのです。

もう、海に遊びに行く季節は終わるな。
しかし、最近、海中でも使えるカメラが気になっている。

1E112826

オリ党な僕が、OLYMPUS以外のメーカーは選ばないだろう。
OLYMPUSだとして、今購入可能な新品はTG-4、TG-870かな。
どっちも良いお値段がするな。
オークションとかで中古を探しても、お手頃で状態が良さそうな物は見当たらない。
こういうのって、キチンと目的をもってチョイスする機種だから、
そうそうオークションにも出ないのかもな。
XZ-2かE-PL3用の防水プロテクターって選択肢もあるけど、
それもお手頃には難しいかなぁ。。。

XZ-2用なら、レンズも明るいし良い感じだと思うんだけどなぁ。

PHOTO ISには出品したものの、普通のスナップや家族写真・・・。
プリントしてないなぁ。。。

P8140315_R

お気に入りの写真は、A4プリントにして飾ったりしたいとは思うのに、
撮影量が大量過ぎて、選別も大変そうだ。。。

今日は、奥さんが埼玉で用事があるっていうんで、
その送迎という名目で、埼玉遠征なのです。

P8140066_R

しかし、いざ埼玉でどこに行く?何を撮る?って考えると、
「これ!」というものが浮かばず。。。
結局、現地であれこれ調べて、武蔵一宮氷川神社を訪問することに。

2M140099_R

ポケモンGoな夏休みなこともあって、ポケモントレーナー?が大勢、
神社のいたるところにおりましたよ。通りの端っこで地べたに座ったり、
数人の輪がたくさん作られて。でもみんなスマホばかり見ていて・・・。
荘厳な雰囲気がぶち壊しですね。真面目に参拝している人たちは、
どう思っていたのかしら?

2M140075_R

とは言え、僕も参道でピョンって写真撮ったりしてるので、
五十歩百歩なのかもですね。。。

P8140286_rfc_R

ポケモンGoが下火になって、境内が落ち着いた頃、
改めて訪問してみたいと思います。

先日、オリンパスのイベントで一目惚れしたカバン。

P8070123

今までメインで使っていたPOSTMANバッグよりも一回り小さいので、
PROレンズ3本で一杯。。。

なのですが、まぁ、こんな可愛いバッグじゃ、
小さめ単焦点レンズをコロコロリン♪と入れて、
テクテクパシャパシャ歩くのが良いよね。

今日は、とっても良い夕焼けだったねー。

ってことで、OLYMPUS AIRで夕陽を撮ろうとしたんだけど、
アプリを起動しても、OLYMPUS AIRが起動しない・・・。

どうした?AIRちゃん?

P8080199_rc

とりあえず、手で電源を入れたら撮影出来たんだけど、
どうやらBluetoothが接続できないようだ。
OLYMPUS AIRはBluetoothで電源を入れてから、
Wi-Fi接続して撮影するのだ。

あれ?OLYMPUS AIR、壊れた?

そう思って、設定を初期化してみたりしたんだけど、
結論としては…XPERIA Z4が原因っぽい。
iPhoneでもnexus7でも快適にBluetoothで電源を入れて、Wi-Fi接続ができる。

うむー。先日、ケータイ補償サービスで交換したばかりなのに、
もう修理なのか???

まぁ、元々XPERIA Z4は色々不具合も多い端末みたいだから、
ハズレを引いちゃったって事なのかな。
補償サービスでの交換機は、人の手で点検されてるかなーって安心してたのにぃ。

明日、docomoショップに行ってみるか。。。



とりあえず、OLYMPUS AIRちゃんが故障じゃなくて良かった。
iPhoneがあって良かった。

今日から大阪で始まっています、PHOTO IS。
グランフロント大阪の1F〜3Fで楽しい作品がたくさん展示されています。
・・・されていると思います。

P8050034_rc

僕は、現地に行けないですが、お時間がありましたら、
ぜひ、足をお運びください。
思わずニコッとしちゃう、温かな作品たちが待っていますよ。

僕の作品は、一般展示部門の受付番号1700361です。
1Fのナレッジプラザで、ピョンピョンしながら待ってます。

さて、いつの間にやら関東は梅雨明けをしていたようで、
もう夏本番なのですね。
梅雨明け宣言って、要るのかな?どうせ「明けてましたー。」って位なら、
要らないと思うー。

明日は、昭和記念公園やら隅田川やらで花火大会もあるそうで、
もう夏本番なのですね。
今年は、何回花火撮れるだろう。
とりあえず、明日は撮れないですー。

そんな中、僕はどうしたものか。。。
夏を満喫できるのだろうか。

P7290045

とりあえず、明日はオリンパスに行ってこよう!
何するかって?ふふふ。

さて。今日で連休も終わり。
天気予報が悪かったので、特に前もって予定も入れておらず。
ってことで、Manfrottoの三脚を使って『三脚ならでは』の写真を撮るため、
滝に行くことにしました。

2M180047_rct_R

今日行った滝は、東京都奥多摩の山中にある『九頭竜の滝』。
そうなの、東京都って結構大きいから、山も多いし、滝も多い。
その中から、アクセスの良さでチョイスしたのが九頭竜の滝なのだ。

2M180014_rc_R

そんなに高低差もなく、今日は水量もあまり無かったけど、
右に左に流れがあって、スローシャッター向きの滝じゃないかと思う。
今度は、もっと水量のある時期に来たいかも。

2M180011_rc_R

今日も、滝撮影のお共は奥多摩産のキュウリ。
滝の冷たい水で冷やすと、パキッと美味しいのよね。

P7180024

そして、帰りは予報通りの雨が。。。
多少勢いもあって、すぐに止んだので、虹を期待したんだけど、
太陽がなかなか雲から顔を出さないもんで、虹には会えず・・・残念。
でも、雨上がりのアスファルトに反射する赤みのある夕陽の光。

2M180201_rc_R

それはそれで、良い光だったなぁ。
(でも、ホワイトバランス13500Kで赤み強調だっ。)

寝坊した!
4:30に目覚まし掛けておいたのに、
目覚めたのは6:00・・・。
ハスは、早朝が勝負なのに〜。

って、急いで支度して出掛けましたよハス撮りに。
撮ってて楽しい被写体ではあるのですが、
つい、ワンパターンになりがちです。

ってことで、そうならないようにと、
多重露出を利用してふんわりとさせてみたり。

2M170024_rc_R

ハスの花以外の色をモノクロームにしてみたり。

2M170161_rc_R

色々やってはみたけれど、結局、そんなにバリエーションがある訳でなく・・・。

2M170143_R

いつもの『どこ。色』になって終わるという。。。
OLYMPUS AIRでの写真は、まだ色々工夫があるかな?
明日にでも現像してみよう。

2M170236

まぁ、楽しかったから良いか。
新しい三脚、190XPROBのテストも出来たし。

P7170192

そうそう、旧型の190Bよりも少し背が高くなってたりして、
ちょっと嬉しかったです。
三脚は、少しでも高さが高い方が使い勝手良いですもんね。

『人は一生のうち、3本は三脚を買う。』

そんな風に言われているのは、みんな知っていると思う。

最初は、カメラと一緒に買う入門セットみたいのだったり、
広告で3000〜4000円のへっぽこな三脚を買う。
そして、その精度の低さと固定の弱さに愕然っ。
ネジをしっかり締めてても、ちょっと重いカメラ&レンズだと、
自然にだんだん下を向いちゃう。。。
ちょっと触れるとグーラグラ。

ってことで、もうちょっと良い三脚を。
10000〜20000円くらい?それなりに堅牢で安定性も高く、
どんなシチュエーションでも、それなりに頼れる三脚・・・。
しかし、そんな三脚は重量もそれなりにあって、
いつも持ち出すには重い・・・。

P7150215

ってことで、多少堅牢で軽量な三脚を。
お金があればカーボン製で高さのあるもの。
携帯性重視ならトラベル用の三脚に行くかな?

なんてのがパターンかしら?
で、僕は今回いままでメインで使っていたManfrottoの190Bっていう三脚を、
買い替えることにしましたよ。不満点はそんなに多くないんだけど、
かなりのローポジションに対応出来るようにしたかったのと、
セッティングを短時間にしたかったから。
190Bはちょっと古い三脚だから、足の固定がネジなのですよ。
それを締めるのに時間が掛かるので、ササッと撮るには向かないのよね。
また、持ち運びのしやすさも改善できれば・・・と思ったり。

で。
僕は、カーボン製を買うほど三脚にお金を掛けようと思わないから、
中古情報を見ていたら、中野にあるカメラマンの聖地、
フジヤカメラ店に良さそうなのがありそうだったので、会社帰りに行ってみた。

P7150240

候補はManfrottoのアルミ三段三脚190XPROBか、コンパクトなトラベル三脚befree。
190XPROBは190Bの後継機で、足の固定がワンタッチレバーになっているのと、
センターポールを抜かなくても水平に出来る機構があるのが特徴。
デザインもManfrotto!って感じで好き。
befreeは、畳めば全長40cmになるコンパクトな三脚。
アルミ4段ながら、そこそこ堅牢なベストセラーモデル。

店頭で各部の動作チェックと高さ、重さの確認をしながら悩むこと20分。
カバンにも入る大きさで気軽に持ち出せるbefreeか、
使いやすさと堅牢さの190XPROBか・・・。

で、結論は190XPROBに軍配っ。
やっぱり、befreeは小型な分、最大高が足りないのよね。
センターポールを伸ばしても142cm。眼のラインより下になっちゃう。
そうなると、何かってときに不便。
しかも、ローポジション対応じゃない。

P7150204

ってことで、新しいメイン三脚を背負って、ルンルンで帰宅ですっ。

今日の午後、すごい雷と土砂降りの雨でした。

P7140181

もう、短時間で見る見る激しくなって、
帰宅時には、濁った川の水位は溢れんばかりに上がり、
道路は冠水してる場所も。

今週は梅雨らしいねー、なんて思ってたら、
夏の集中豪雨じゃないか。
地元の駅に着く頃には、雨は止んでたけどビックリしましたよ。

OLYMPUS AIRを水中に沈められるように、
円筒形の何かを使って、水中ハウジングを作ろうと思ったんだけど…。

P7110163

水って、電波通さないじゃん。
自作ハウジングで防水できても、Wi-Fiでシャッターが切れないんじゃ、
OLYMPUS AIRはただの重しだ。

Wi-Fiを使わずに、遠隔でシャッターを切る手段・・・。
難しそうだ。
動画モードで録画開始してから沈める?
なんか違うよな。

びっくりですね。
朝から軽く雨も降ったし、現地に着いても暫く曇天だったのに、
気付いたら青空と照り付ける太陽が・・・。

P7030239_rc

容赦ない陽射しに、首の後ろがヒリヒリしますよ。
街で肩を叩かれて、振り返ったらビックリ!みたいな感じ。
居ると思ってなかった夏が、もう後ろに居たなんて。

1E032303_rct

暑い!熱い!大変だっ。
でも、楽しいっ!

P7030381_rc

夏はカメラを持って、外に飛び出せっ!
OM-Dの防塵防滴なら、海水だって恐れないっ!

※OM-D E-M10及びE-M10 Mark2は防塵防滴ではありません。
 E-M5、E-M1、E-M5 Mark2と防塵防滴仕様レンズを併せてご利用ください。
 OM-Dシリーズの中で、防塵防滴とそうでない物を混ぜないで欲しかったよ、オリンパスぅ。

このページのトップヘ