どこ日記。

タグ:M.ZD12-40mmPRO

先日発表された3本のレンズの中で、一番の注目を浴びているのがコレ、
M.ZD ED25mm F1.2 PROでしょう。

P9240108_R

35mm換算50mmの画角は、オリンパスでも既にF1.8のモデルがあり、
パナソニックでもライカDG SUMMILUX 25mm F1.4と、
LUMIX G 25mm F1.7の2本がリリースされています。
他にもMFレンズですが、VoightLander NOKTON 25mm F0.95(!)や、
Kowa PROMINAR 25mm F1.8、HOLGAの25mm F8なんてのもあり、
なんとも激戦区な25mmです。

2M240025_R

そこに、防塵防滴のPROレンズとして登場のM.ZD25mmPRO。
F値はF1.2とNOKTONのF0.95には及びませんが、AFが使えて、解放からシャープ、
そして、ボケもキレイなレンズとして、オリンパスが惜しみなく技術を投入した一本。
MADE IN JAPANですが、これって辰野の生産なのでしょうかねぇ。

まぁ、どこで作られてるかは置いといて、
フォトキナで発表されるやいなや、ネット上には作例なども色々出始め、
日本の公式作例はイケてないのですが、その画質はかなり好評のようです。

そんな好評のレンズなので、気になって試してみました。
とりあえず、レンズはM.ZD12-40と同等くらいの大きさで、
F1.8から一段明るくすると、ここまで大きくなっちゃうんだなぁと。
M.ZD12-100mmPROと同様に、ツライチロックボタンのフードが付いてます。
ホントに、最初っからこのツライチロックボタンでM.ZD12-40mmPROを作ってくれれば…。

2M240029_R

そして、結構な重量感。
ZD5020も、ガラスの塊って感じがしましたが、M.ZD25mmPROもそういう感じ。
ギュギュっとガラスが詰まってます。

操作感はPROレンズで共通の感じで、特別な感覚はありません。
他のPROレンズと同じく、ピントリングを手前に引くとMF操作が…?
あれ?懐かしのスナップショットフォーカス?
仕様ではMFクラッチ機構と言われていますが、M.ZD12mmや17mmのように、
被写界深度の指標?も刻まれています。
とっさのスナップ撮影に役立つ・・・のかしら。
おいら、17mmのスナップショットフォーカス、いまだに使いこなせないです。

あと、このレンズに合わせて、さりげなくVerアップしているのが
レンズキャップ LC-62F。M.ZD12-40mmPROと同じくφ62のこのレンズ。
レンズキャップは同じかと思いきや、不評だった外側からもつまめるようになっています。
ホント、M.ZD12-40mmPROのレンズキャップ、使いづらかったのよね。
内側しかつまめないなんて、その設計の意味が分からんかったです。
LC-62Fだけ買い直す人、結構出るんじゃないかと予想。
うん、僕はレンズキャップだけ買おうと思います。
これ以上、25mm前後のレンズを増やすのはダメです。

そして、128,300円という価格。
画質からすると安いんでしょうけど、僕的には同じくらいの金額なら、
守備範囲を優先してM.ZD12-100mmPROに行きたいです。
どうにも、ZD12-60mm的に使えるレンズが欲しいのです。

さて、F値を少しずつ変えて撮ってみたので、ボケの感じが参考になればと。
ピント位置は展示台上のハロウィンツリーのリボンで。

2M240037_R
まずは解放、F1.2。

2M240038_R
次は、少し離れてF2.0。

2M240039_R
そして、F2.8。

2M240040_R
F4。

2M240041_R
F5.6と上げてみました。

F8以上も撮ろうかと思いましたが、そこまで絞って使うレンズじゃなかろうと。
お待ちの方もいらっしゃいましたし。

ということで、かなり適当なレビューでした。
誰かの何かの参考になるかしら?
適当過ぎて、ダメかしら。(汗)

M.ZD ED12-100mm F4 PRO。

PROレンズたる条件って、F値が「通し」になることかしら?
屋内ユースを考えると、PROレンズなのにF4スタートで良いの?
15万円を超えるレンズなのに何故?
F2.8-4.0ではダメだったのかしら?と思ってしまいます。

質感や操作感はM.ZD12-40mmなどと同じ感じ。
フードはZD12-60mmSWD程ではないですが、結構大きめの花形。
M.ZD12-40mmPROで不評だったのでしょう、ロックボタンはフード外周とツライチで、
指先や爪で押す感じ。
M.ZD12-40mmPROのように不意に外れたりすることは無いでしょう。
M.ZD12-40mmPRO用も、リニューアルしないかしら。

2M240001_R

とは言え、M.ZD14-150mmにはない、シャープな画像が得られること、
とても魅力的なレンズなのは間違いないです。
35mm換算200mmは、色んな被写体に対応可能です。
M.ZD12-40mmPROでは、やはり望遠側が足りないって意見が多かったんでしょうね。
そして、100mmの時に強力に役立つレンズ内手振れ補正。
自分のE-M5mark2に着けての撮影で、デュアルシンクロISが作動していたのかは不明ですが、
レンズだけであっても、ISスイッチオンでキチンとブレが止まるのは、
さすがオリンパスな感じです。

2M240003_R
で、試写ですが、ホントに適当ですみません。
まず、12mm。
ピント位置は展示台上のカボチャ。
これは、試写センス無かったですね。
もっと明るい方に、色んな距離にある物でボケ具合、解像を確認できるように、
そういうことを考えながら構図しないと・・・ですね。
もう、再訪して撮り直さないとダメですー。

2M240008_R

そして、被写体を盆踊りジオラマに変更。
今回、ピント位置はやぐらの上にAFしてパパッと撮ったんだけど、
凄くピント位置がズレまくっている…。
なので、ピント位置は気にせず、解像感を見てください。orz
(踊ってる人ピントにすれば良かった…。)

2M240061_R
29mm。
ズームリングを微妙に回しても30mmに出来なかったので近辺で。

2M240062_R
66mm。
やぐらに繋がっている提灯にピント。
100%で見ても、それなりに解像している感じです。
しかし、ISOも400じゃなくて200にしておけば…。orz

2M240063_R
100mmで。
ピントはピンク帯の女性に。
100mmでもちゃんと解像感がありますし、静物相手なら室内撮影も可能かも。
そして、M.ZDの標準ズームですから、セミマクロ的な使い方も対応可能です。

うん、これも悪くないレンズ。
でも、もうちょっと色んな作例を見てみないと、
購入には踏み切れません。

でも、ちょっとZD12-60mmの魂みたいなモノを感じたような気が…。
ん?性格が似てるだけかな?

見てきました、M.ZD30mmMacro。

2M240068_rc_R

すっごく軽い!128g!
ZDのマクロ、3535マクロの165gを超える軽さ・・・!

って、思ったんだけど、マイクロ4/3のレンズはどれも軽いな。
M.ZD9-18mmも155gだし、M.ZD14-42mmEZなんて93gだ。
そして、Panaのパンケーキ、LUMIX G14mmは驚異の55g。
うん、m4/3は軽量なシステムを組みやすいって事だな。
そして、M.ZD30mmMacroは、マクロのレンズの中では一番軽い。

P9240061_R

前玉、小さいなぁ。
一応、フィルタ径はφ46だけど、前玉はかなり小さい。
しかし、3535Macroも小さかったけど、写りは良かった。
きっと問題ないだろう。
SIGMAの30mmも、同じく結構小さいが良い写りだぜ。

2M240072_rc_R

大きさ、手持ちの30mmと比べてみたっす。
4/3用はちょっと大きすぎるので、m4/3用だけですが、
SIGMA C30mm F1.4 DC DNとA30mm F2.8 DNを並べたら、三兄弟って感じです。
ちょうど中間の大きさで、SIGMA A60mm DNくらい。
基本的なデザインは、M.ZD25mm F1.8と一緒だけど・・・。
気のせい?黒いプラスチックの質感は落ちてる?

P9240056_R

ベトナム製だから?
とは言え、その他の品質?触感?は25mmと同じかな。
ピントリングしか動かないから、リングの重さくらいしか分かりませんけども。
そうそう、肝心なのは写りよね。

P9240003_R

ほい、広角マクロならではの近接撮影能力。

2M240087_R

こんな感じです。
画質も金属鏡筒の質感を結構解像していて、良い感じだと思います。
オリンパスのマクロは、基本的に信じていいモノだ。

そして、みんなが気になるボケ。
展示場所が展示場所だったので、展示されてたハロウィンカボチャをメインに、
後ろのギャラリーの作品たちでボケ具合を・・・。

2M240089_R
F3.5。

2M240090_R
F5.6。

2M240092_R
F8。

F11以降は、何故か撮り忘れました。(汗)
撮ってたつもりだったのですが・・・すみません。

とりあえず。
M.ZD30mmMacroは、良さげです。
お散歩カメラ好きなら、良いチョイスですね。
2016/9/24現在、amazonで29160円。価格も魅力的ですね。

今日は、ちょっと都会にお散歩。
manfrottoのトラベル三脚 Befreeを持って、
都会で三脚ならではの写真を撮るのだー。

と思ったんだけど、案外ピンと来るポイントが無くて、
一日持ち歩いたけど、使ったのは1回、5分位。
なんだかなー。

でも、一日持ち歩いても肩にキタりしなくて、
軽量ってのが実感できましたよ。

2M110053_rc_R

暫くは、BefreeとND400を持ち歩いて、
オヒョヒョな写真を狙うのだー。

今日は、相模原納涼花火大会に行ってきましたよ。
どうしようかなーと思ったのですが、姉夫婦に声をかけて貰ったので、
そういう時には、行ってみようってことで!

1E273400_rcx_R

しかし、天気予報は朝の時点でお昼頃、夕方18時頃、さらに22時以降が雨。
花火大会は19:00〜20:15・・・うむむ。どうなるっ?

どうなった?

1E273414_rcx_R

結果、ずーっと雨でした。。゜(´Д`)゜。

でも、雨でコンディションがベストじゃないから、逆に思い切って遊べた部分も。
前回よりも落ち着いて遊べたと思う。
撮影ポジションも、途中で大きく移動してみたりして、
そりゃ、大冒険な撮影でしたのですわ。

2M270025_rc_R

しかし、降り続く雨がレンズに付いちゃうもんだから、
バシッとキレイに撮るのは難しかったなー。
来年、晴れを待ってマース。

今日は、前から気になっていた(でも時々忘れてた)E-M5Mark2の
センサークリーニングをしてもらいに、新宿のオリンパスプラザに行ってきましたよ。
衝撃を受けた出来事が2件もあったのさ。

その一。
E-M5Mark2を出して、センサークリーニングの旨を伝え、
手続き中に「どうせだから・・・」と。OLYMPUS AIRちゃんも
センサークリーニングをお願いしたのね。
そしたら、「申し訳ございませんが、他社のカメラは・・・。」って。

いやいやいや・・・。
確かに、その時Lumix G14mm F2.5が付いていたけど、
OLYMPUS AIRのような挑戦的な、特徴ある製品を出してるメーカーなのに、
サービス受付で、そんな事を言うなんて。。。
確かに修理で扱う件数も少ないだろうけど、自社製品。
しかも、現行品なのだから、そんなこと言わないで―。

1E213380_rc

そして、E-M5Mark2のセンサークリーニングは、
小一時間待った結果、預かり修理になりましたとさ。
なんでも、センサーの向かって右側にあるモヤが気になって持って行ったのですが、
そのモヤはセンサー上ではなく、内部の汚れなんだとか?
「画像には影響がないので、気にならなければ・・・」とか言われましたが、
いやいやいや・・・。
それが気になったので、持ってきたのよ〜。

って事で、帰りはOLYMPUS AIRちゃんのみ。
でも、AIRちゃんのセンサー、確実にキレイになっていた。
うん、気持ちいいっ!

今年の夏は、ちょっと花火を撮りたいなと。

というのは、OLYMPUS AIRの快適撮影のためだけにiPhone5を導入し、
iOS向けのAIR用アプリをダウンロード。
そのアプリを効果的に使うことで、iPhone導入が正解だったと感じたいじゃない?

一番キモ入りのアプリだったAIR FLOWは、いまだ使いこなせず。
iPhoneを振るのをトリガーに撮影という機能が、僕のジャンプと相性悪く、
ジャンプをサクサク撮ることが出来ず。。。

そして、他のアプリに光明を見出すべく探索して、
AIR HANABIというアプリもダウンロードしてみる。
花火が簡単に撮れるというアプリ。
スターマインモードでは、勝手に比較明合成もしてくれる優れモノ…。

そう!

IMG_0441_rt

簡単にこんな写真が撮れちゃう!
すげー。iPhone導入は正解だなー。ひゃっほぅ!
と、思ったのですが、家に帰って画像を確認してみると、なぜか縦長(2592*4608)…。
そして、比較明合成した画像は、解像度が低い(576*1024)…。

P8060252

なぜだー。
普通の解像度じゃ撮れないのか―!
って思ったけど、確認してみるとタイムラプス動画を自動生成する機能をONにすると、
16:9のアスペクトになっちゃうそうな。
現場で気付きたかった―。

P8060511

そして、比較明合成の解像度は、どうも調整できないっぽい。
そうなると、iPhone側の問題?ネットではもっと高解像度な写真もある…。
iPadとか画面が大きい(解像度が高い)機種だと、高解像度になるのかしら?
えー。

P8060647

とりあえず、今度はタイムラプス生成機能をOFFって、
再チャレンジせねばー!

しかし、OLYMPUS AIRとOM-Dの2台体制だと、すっごく忙しいな。

以前使っていた『ドコモのツートップ』の一翼、SO-04E。
コンパクトで使いやすい機種でしたが、バイブレータの弱さが問題でした。

2M300132_R

しかし、今度のSO-03Gは凄い!
中にドリルでも入ってるんじゃないかと思うくらい、
「ギュイーン、ギュイーン」と激しい音もするし、
実際の振動も強力で、バッグの中でも気付けそう。

ちょっとクレードル(充電台)の置き場所も気を付けないと、
周りの物もビビっちゃって、激しい音がします。

ビビビビビビビビッて。

SONYだから、そんなに強くないと思ってたのに、ビッコリしちゃう。

さて。
先日、防水性能の過信から水没させてしまったAQUOS ZETA SH-03G。
こんな事もあろうかと、docomoのケータイ補償サービスに加入していたもので、
早速、お手続きをしてみた訳です。
インターネットからだと、24時間受付してくれるしー。

って、手続きが途中まで進んだところで、手が止まりました。
補償交換用の端末が、同色が在庫切れですと。。。
ケータイ補償サービスは、同機種同色への交換が原則で、
在庫が無いときに限り、別色や別機種への変更も可能になっています。
そして、画面上にはブラックなら在庫アリの表示・・・。

やだー。ぶらっくやだー。

ってことで、ネットでの手続きを中止し、翌日にコールセンターへ電話を。

翌日になっても、やはり同機種同色の在庫は無く、
さらに、在庫を調べてもらうと、SHの他の旧機種なら用意できるとか・・・。
いくら自分のミスで壊したとは言え、SH-03G買ったのにSH-04Fになったり、
SH-04Gなんて低スペックになるのは困る。

そこで、他メーカーを確認してもらったところ、
SO-03Gでも交換可能と。SO-03GはSH-03G買う時に迷ったXPERIA Z4ですよ。
発熱の問題で多少叩かれた端末ですが、僕はちょっとSHから離れたくなってたので、
SONYに戻ることにしました。
ちょっと電池の持ちも落ちるみたいだけど、まぁ、仕方ないか。

2M020011_rc

ってことで、やってきましたSO-03G。
ZETAからZへ。今度こそは、水没させないように気をつけなきゃ。



って、フラッシュ&ライティング講座を受講してきたのに、
真面目にブツ撮りしないのはダメよね。

土曜日、フラッシュ講座の後のお散歩カメラは、
横浜に夕景夜景を撮りに〜♪

2M300180_rc

夕方、空がだんだんと朱に染まっていく時間に関内に着いた僕たちは、
ちょこちょこ街を撮りながら、大桟橋を目指します。

2M300097_rc_R

しかし、基本的には雲が多めな日だったので、
夕景も、なんだかシャッキリしない印象・・・。
とは言え、カメラをいじっていればオイラは幸せ。

2M300152_R

そして、陽が沈んだ後は、夜景タイム。
大桟橋からみなとみらいを臨む夜景は定番なので、
ちょっと違うのをチョイス。
少し大人っぽい写真を撮ってみました。

2M300423_rc_R

そして、終盤には超広角M.ZD7-14mmを使って流し撮りっ!

2M300466_rc_R

って、もうちょっとバイクが近いと良かったなぁ…。

今日は、休日ですが早起き。

P7300085_R

MOTOさんに誘って頂き、オリンパスのフラッシュ撮影講座を受講してきました。
講師は、桃井一至先生。

P7300048_R

いつもブツ撮りをするときや結婚式などでの人物撮影で、
フラッシュを使うけど、どうにも基本が分かっていないので、
きっと、色々学べるだろうと。

2M300084_R

午前中は、ガイドナンバーと被写体までの距離・絞りの関係や、
光の質(硬い光・柔らかい光)、色温度など、基本を座学で。
午後は実践を考えた光の作り方を講義と実技で。

2M300057_R

ただ、思ったような内容でもなく、
実技では室内のブツ撮りには、あまり使わないM.ZD75mmを使ってみたり、
M.ZD40-150mmPROを使ったりして、遊んじゃいました。

2M300074_rc_R

そして、何故かオリンパスを後にする僕は、カメラバッグを二個持っていました…。
今日は、「夏フェス! in オリンパスプラザ東京」を開催していたのですが、
『一日だけの写真グッズ販売市場』を覗いてみたら、mi-naの可愛いカメラバッグが!
ちょっとだけの傷みがあるものの、素敵なアウトレット価格っ!
気のいい販売員さんと、色々駆け引きしつつ、さらにお得にゲット出来たので、
夜は横浜に撮影に行くってのに、バッグが増えちゃったのです。
空だけど、使いやすい硬さを持ったバッグなこともあって、嵩張る。。。

でも、とっても良い買い物出来たー。
今日一番の収穫かも!?

そう、受講後はMOTOさんと一緒に、横浜夜景なのだー。



つづくっ☆

奥さんのお友達から、フチ子さんの東京競馬場バージョン?を頂きました。

僕のカメラ好きを踏まえて、どう撮るか?の宿題付き。

P7240030

とりあえず、OLYMPUS AIRでこう撮ってみました。
うん、フリーアングルで便利だ。

先日の滝撮影でも、OLYMPUS AIRを使ってみましたよ。
M.ZD12-40mmPROを使えば、キリッとした滝を撮れますよ。

P7180041_rc_R

しかし、OLYMPUS AIRは発熱の問題からか、
露光時間は4秒までという制約がある。
今回はND8を使ったスローシャッター撮影をしてみましたが、
4秒は、ちょっと短すぎる印象。
滝は、もうちょっと長めの露光時間が欲しい。

P7180036_rc_R

うむー。
この4秒制約、せめて8秒くらいにならないかなぁ。

東京の水瓶がピンチだ!
って思ったんだけど、今は利根川水系がメインなのね。

2M180168_rct_R

そうは言っても、奥多摩湖の水は結構減っています。

2M180157_rc_R

奥多摩湖の名物の一つ、麦山浮橋(ドラム缶橋)も渇水のため撤去されていました。

2M180177_rc_R

実際にどれだけ深いのかが分からないんだけど、
目に見えて少ななってるーって気がします。

2M180189_rc_R

この夏、ちょっと節水を考えてみないと。

さて。今日で連休も終わり。
天気予報が悪かったので、特に前もって予定も入れておらず。
ってことで、Manfrottoの三脚を使って『三脚ならでは』の写真を撮るため、
滝に行くことにしました。

2M180047_rct_R

今日行った滝は、東京都奥多摩の山中にある『九頭竜の滝』。
そうなの、東京都って結構大きいから、山も多いし、滝も多い。
その中から、アクセスの良さでチョイスしたのが九頭竜の滝なのだ。

2M180014_rc_R

そんなに高低差もなく、今日は水量もあまり無かったけど、
右に左に流れがあって、スローシャッター向きの滝じゃないかと思う。
今度は、もっと水量のある時期に来たいかも。

2M180011_rc_R

今日も、滝撮影のお共は奥多摩産のキュウリ。
滝の冷たい水で冷やすと、パキッと美味しいのよね。

P7180024

そして、帰りは予報通りの雨が。。。
多少勢いもあって、すぐに止んだので、虹を期待したんだけど、
太陽がなかなか雲から顔を出さないもんで、虹には会えず・・・残念。
でも、雨上がりのアスファルトに反射する赤みのある夕陽の光。

2M180201_rc_R

それはそれで、良い光だったなぁ。
(でも、ホワイトバランス13500Kで赤み強調だっ。)

さて。
なぜか、三連休ですね。
そんな時期にスタートしたPHOTO IS@東京会場。

2M160124_rc_R

今回のPHOTO ISは、mixiお友達とのお散歩カメラ会での写真からチョイス。
そして、そのお友達も出品してる特別なPHOTO ISなのだ。

自分のだけじゃなく、お友達の作品の展示作品も、
しっかり見てきましたよ。
あの日の東京お散歩カメラが、楽しい想い出がよみがえる〜!

また、一緒にお散歩カメラしたいー!

2M160105_rc_R

PHOTO IS会場でも、いろんな催しに参加したりして、
充実の一日でした。。。

PHOTO IS東京会場は、東京ミッドタウンで来週20日まで。
僕の作品は、受付番号0800972ですっ。
写真の楽しさが、いっぱいの写真ですっ

入れてきましたよ、一票。
日頃、全然政治の事とか考えてない人間ですが、
こういう時期だけでも、考えて票を入れないとね。

P7100635

まぁ、付け焼刃的な知識じゃ、誤った判断をしそうでもあるけど、
だからって、持っている一票を無駄にするのもね。

明日明後日の土日は、雨予報のようだな。
AIRのアプリ、AIR FLOWのテストを色々したかったが、
iPhoneもAIRも防塵防滴じゃないので、テストはまた今度かな。

P6040419_rc

AIRの第二弾は、もうちょっと大きくて良いから、
手ぶれ補正と防塵防滴対応になって欲しい・・・。

防塵防滴!?
やっぱり、防水ケースを自作!?

車を走らせて山道を抜け、海岸に出て一気に視界が開ける。

1E031054_rm

そして、陽の光にキラキラ輝く海、その中にいる漁船。
思わず出る言葉。

『わぁっ。』

を、モノクロームで。

昨日の海撮影では、波を被るようなことは無かったけど、
強風で砂がすごく舞っていたし、風もベタベタしていたのよね。

帰宅後の、カメラとレンズのお手入れは、
ブロワーと濡れタオルで拭くだけじゃ満足できず、
結局、洗面所でカメラとレンズをジャバーッと洗うことに。

1E032189_rc

なんか、こういうお手入れのしやすさを体感しちゃうと、
もう防塵防滴じゃないカメラだと、お手入れが面倒な気すらしちゃう。
実際の撮影中も、防塵防滴の恩恵をビシビシと感じるけど、
撮影後のお手入れが、カメラ丸ごと洗えちゃうってのも、
すごく防塵防滴の恩恵をググーッと感じるトコよね。

OLYMPUS AIRも、洗えるようにならないかしら。。。

今日!せっかくのお休みだから、アジサイ撮りに行こうってんで、
近場を探してみたら、あるじゃん!府中の森でアジサイまつりっ。
府中の森って、運転免許試験場に行ったりした時に、前を通ったこともあるし、
気になってたんだよねー!

ってことで、朝から電車でごぅごぅ。
京王線に乗って、府中駅に降り立ちましたっ。

・・・あれ?どのバスに乗れば良いんだ?
って調べてみると、府中の森って最寄り駅は東府中駅じゃん!(>_<)

とりあえず、どうにかコミュニティバスで行けることを発見し、
バスでごぅごぅ。
旅にアクシデントはつきものー。バスの旅も楽しいぞー。

そして到着、府中の森っ。
芸術劇場とかもあって、少し芸術の風を感じる公園。
青空と小高い丘とか、サイコ〜っ♪

2M040382

って、アジサイは何処だ?まつりは何処だ?
どうにも見つからないので、スマホで調べてみたら「森」違い。
アジサイまつりは、府中の森じゃなくて府中市郷土の森での開催・・・。

マジか!!!Σヽ(゚Д゚; )ノ

そして、最寄り駅は分倍河原駅。
2駅も先だし、方位も府中の森は京王線よりも北、郷土の森は京王線よりも南。
全然違う。。。
なんで、ちゃんと調べないで来ちゃったんだろう。orz

折れそうになるココロを奮い立たせながら、
改めて府中市郷土の森に向かう。
もう14時過ぎだよ。。。
嫌だよ。。。

そして、やっと到着した郷土の森。
アジサイまつりだっ!でも、もう15:00だ。
結構広いのに、閉館まで2時間しかない。

P6040398_rc

でも、嘆いていても始まらないっ。
頑張って、アチコチ撮ってみる。

P6040492

撮ってみる。

2M040474

撮ってみる。

P6040527

あっという間に閉館時間。
今日は滅茶苦茶だったな。



って、帰ろうとしたらバスが目の前で出発してしまい、
次のバスは30分待ちとか。
待つのは嫌よ、と、別の路線のバス乗り場を目指して歩きだしたら、
バス乗り場までもう少しって時に、バスが僕の横を通り過ぎて・・・。
もう何が何やら分からんので、駅まで歩いてみた。30分くらい。

最後まで、滅茶苦茶よ。

あれこれ考えてみても、どうにも何も浮かばず。。。
何を言われても、出てこないものは出てこないのです。。。

2M220105_rct

行き止まりです。

今日、ランチに近所のパン屋さんに行ったらば、
パンとコーヒー持ってお店を出るときに、
よそ見しながら入ってきたおばちゃんがぶつかってきて、
コーヒーがカメラにバシャッと。

おばちゃんは「大丈夫?」と言ったけど、
「おっと、カメラにコーヒーが・・・」と呟いたら、
そそくさと行ってしまいました。マジか。

2M220004

でも、おいらのカメラはOLYMPUS OM-D E-M5 Mark供
レンズもM.ZD ED12-40mm F2.8 PROを組み合わせた防塵防滴セット。
別に慌てることないのさ。
とは言え、コーヒーに砂糖も入ってるから、すぐに水道を探して、
ジャジャ〜ッとたっぷりの水で洗っちゃいます。
早めに洗い流した方が、悪影響も少ないっしょ。

P5220378_rc

そう、土砂降りの雨の中に撮影に出掛けて行かなくても、
日常の中に防塵防滴が必要な場面があるのだ。
でも、最近ヘビロテなSIGMA_C30mmだったら、レンズが御陀仏になるとこだった。
あぶねー。

2M220084_rc

今日も、OLYMPUSで良かった。

今日からゴールデンウイーク。
初日から、張り切って行ってみましょう!
ってことで、どこに行こうかと考えていたら、
家族で出掛けることになり、そうなるとあまり遠くには行けないな。
ってことで、ちょっと足を伸ばせば行ける東京の秘境へ。

2M290046_rc

フェリシモの森。
東京都西多摩郡日の出町にある森。
国の天然記念物に指定されてる藤があるってので、
行ってみようかってことにしたのだ。

2M290069_rc

で。ネットで調べてもあまり情報が無いもんで、
少ない情報に「野性味溢れる見事な藤」って記述。
だが、今年の開花状況が分かんない。。。
でも、きっと奥多摩方面だから寒くて開花遅いだろうって。
ワクワクしていったワケです。

しかし・・・。

2M290089_rc

現地に着くと、山道は藤の花びらだらけ。見頃は先週だったようだ。
とはいえ、藤棚に咲いてる藤が「The 藤」って感じに思ってたから、
まさに「野生の風をまとった藤」って思いましたよ。
藤棚の藤は、「飼い慣らされた藤」なんだな。
それは、洗練された美しさがあるけど、野生の藤には生命力があるのだ。

P4293309_rc

でも、やっぱり、見頃過ぎは寂しいよね。。。
来年はキチンと時期を見てないとな。

なんだかSSDが特価だったのをキッカケに、
PCをHDDからSSDに変更、そして余ったHDDをどうするか・・・。
今までだったら、HDDケースを買って、外付けUSB-HDDにしてたのですが、
すでにUSB-HDDは3台。置き場所がない・・・。

ってことで、NASを導入したかったのですが、
NASってUSB-HDDと比較すると、結構お高いんですよね。
ってことで、オークションを見たりして、格安のNASを探し求めて・・・。

2M230137_R

NASって、HDDを抜いたケースだけを出品しているのが結構あって、
それだと1万円以下で、選べちゃったりします。
うん、僕向き。勢いで落札。5000円以下。( ´艸`)

ケースだけの場合、動くようにするまでに色々な作業が必要のようですが、
それを勉強しながらNASが導入できるって、楽しいじゃん?
ネットワークに設置できるHDDというメリット、期待通りになるかしら。

今日は、すこ〜し雨が降る寒い日でした。
でも、サクラがあちこちで咲いてる週末だし、
行くしかないでしょ!

ってことで、津久井湖の近辺に・・・。

P4022921_rc

うーん、イイ枝垂れっぷりです。
お寺のお庭にある大きなサクラですが、この一本以外にサクラが無いので、
人もまばらで・・・。お天気だったら、もっと素敵だったんだろうけど、
雨で少し煙ったような感じなら、それはそれで良い感じ。

2M020046_rc

石の窪みの水溜りに、落ちてた一輪も素敵。

今日は、基本的に曇り時々雨だったんだけど、
雨の量が中途半端で。降るならもっと降ってくれ!って感じです。
それなりの量、降ってくれれば、墨絵のような感じになるのに。

なんて文句を言いつつも、楽しんでパチパチッってしちゃうのだ。
写真撮るの、大好きだから。

そして。
やってみたくなるのが、超ハイキー仕上げ。
色はPhotoshopで彩度高めで整えちゃったけど、
サクラ色、いいでしょ?

2M020166_rc

さーて。明日は晴れるかな?




曇りだって?

どよーん。

「あらゆる場所で、あらゆるモノが、ネットワークに繋がる」
ユビキタスネットワーク、ユビキタスコンピューティングとかって、
少し前にトレンドになった言葉だけど、最近はそれを一歩進めてIoTって言うんだって。

2M270242_rc_R

Internet of Things(モノのインターネット)の略だそうな。
基本的な思想は、色んなものをネットワークに接続して利用する、なんだけど、
そのネットワークに接続したモノをヒトが使うってのがユビキタスで、
IoTだとそこにヒトが入らずにモノ同士が相互に情報を利用しあい、
連携する仕組みを想定してるんだそうな。

ユビキタス2.0じゃダメだったのかな。
ITの世界って、なんでもかんでも新語を作って、
「新しいことやってます!」って雰囲気にするけど、
基本は以前の技術の応用や発展形だったりする。
だったら、変に言葉を変えない方が、多くの人に分かり易いはずなのに、
新語を作って「凄いんです」って思わせる。

なんか、詐欺的な感じがする・・・。
時代に乗り遅れてる僕からすると。

もう何度かサクラは撮っていますが、
今日はサクラを求めてお散歩カメラです。

2M270142_rc_R

色々撮ってみましたが、やっぱりサクラは撮っててウキウキするなー。

2M270199_rc_R

ソメイヨシノは、いつも早咲きする最寄り駅のサクラ以外は、
近所じゃどこも1分咲きくらいで、マクロ的に撮るしかなかったのですが、
枝垂れ桜が結構咲いていたので、満足です。

2M270289_rc_R

来週末は、どーんと咲いちゃうだろうから、
期待半分、どこ行っても混雑してそうなので嫌な気持ち半分です。
まぁ、みんなサクラ楽しみたくて当然。
後は、早起きでどうにかしましょ。

昨日、通信量がヤバイーって言ったけど、
今日の昼間、あっさりオーバー。

2M200077_R

1GB追加しました。orz

1E208537_R

スマホって、バックグラウンドでの通信とかもあるし、
更新情報の自動取得とかもあるから、結構通信量が上がるのよね。

1E208670_R

とりあえず、通信量って見えないから気をつけなきゃね。

お散歩カメラをするでしょ?
そしたら、スイーツを食べるじゃない?可愛いやつ。

2M280191_R

で、可愛いのがテーブルに来たら、当然撮影しちゃうじゃん?
今なんか、真面目に一眼で撮った後、OLYMPUS AIRでも撮っちゃうじゃない?
一眼にWi-Fi機能は付いてるけど、こういうトコで存在意義があるー!って、
AIRちゃんを使いたいからね。

P2280215_R

で、AIRちゃんで可愛く撮れて満足するまでに、
アイスは溶けちゃうことが多いのよね。
AIRちゃん。構図に自由がある分、どういう構図にするかで迷っちゃう。
それはそれで楽しいんだけど、アイスは溶ける前に食べるのが正義よね。

今日は、午前中から梅を撮りに出掛けようと思っていたのですが、
支度をして玄関を出たら、近所の公園にあるカンザクラの木が気になった。
そこで、ちょこっと見てから出掛けようと。

1E058343_rc_R

おー。咲いてる、咲いてる。

2M050173_R

いち早く咲き出した木は8分くらい、となりの木は2分くらい咲いていました。
ヒヨドリさんもサクラが咲くのを待ってたんでしょう。
沢山来ていて、蜜を吸っていましたよ。

1E058359_rct_R

そして、最初は曇天だったので、思いっきりハイキーにしてみたり。
太陽が出てない時は、明暗差が少なくなるので、積極的に露出を明るめにします。

1E058230_R

蜜はヒヨドリさんだけじゃなく、ミツバチさんも狙っていたので、
可愛いお尻をパチリ、といただきます。

2M050208_rc_R

そして、PanaのLUMIX G14mmでハイレゾショットを試してみました。
M.ZD12-40mmPROのようにはいかなかったけど、結構イイ解像で撮れました。
うん、他社レンズでも十分役に立つ機能だ。
使用条件は無風&三脚前提だから、ハードル高いですけどね。

2M050251_rc_R

って、ふと我に返ったら一時間半以上の時間が。。。
梅撮りに行く時間が無くなったので、おうちに帰ることに・・・。



楽しかったから良いんだけどさ。
やっぱり、サクラの方がテンション上がるのよね。

さーて。
今回のCP+で、m4/3ユーザーが注目のレンズ。
この2本も、そうでしょう。

・LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

F値は暗いが、ズームレンズならではの守備範囲の広さと
最大望遠400mmの威力で勝負のPanasonic。
焦点距離は300mm固定ですが、F4の明るさと5軸シンクロ手ぶれ補正のOLYMPUS。

2M280082_R

まずは、LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm
何故か11時位でも並んでる人が居なくて・・・。
あれ?凄く注目されているハズなのだが?僕は大行列を想像していたのだが?
Panasonicのブースの裏側から入るような入口だったから、
分かり辛かったのかも知れないです。きっと、そう。

2M280059_R

で。このレンズですが使ってみた感じ、好印象。
さすがに会場の暗さや400mmでの開放F値6.3だとISOをかなり上げないと
被写体ブレを防ぐだけのシャッタースピードが確保できませんが、
ファインダー像を見る限りでは、細かいとこも解像していて、
なるほど、LEICA銘は伊達じゃないのね。という印象です。
ズームロックが付いているのも、僕の中ではポイント高いです。

2M280060_R

データの持ち帰りをする、ということを忘れていたので、
LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mmの撮影データはありません。
最近、物忘れが激しい・・・。
ただの感想文だよ・・・。orz

2M280063_R

次に、M.ZD ED300mm F4.0 IS PRO

P2280133_R

PEN-Fの先行展示を見に行った新宿オリプラでは、うっかり触り忘れてたので、
ここで初めての出会いです。

外観とかは他のPROレンズの流れをくむもので、特にどうこうは無いです。(笑)
僕は、もっと傷に強くなるようにラバーのフォーカスリングとか、
傷が目立たない表面処理を希望しているのですが
きっと、世の中の大体の方が納得の『質感高い仕上げ?』です。

鏡筒左側には、レンズ内IS、フォーカスリミットのスイッチと
L-Fn(レンズファンクション)ボタン。操作しやすい大きさです。
やっぱり、こういうオーソドックスなのがイイですよ、M.ZD60mmMacroさん。。。

そして、本体にくっついているフード。
伸縮するってことで、M.ZD40-150mmPROと同じ機構かと思っていたのですが、
ちょっと違っていまして、最長状態まで伸ばしてから時計回りに回すと、
キュッと固定される感じ。
M.ZD40-150mmPROのようなカチッとロックじゃないです。
ロック機構じゃないお陰で、少しスリムな設計になっているような気がしました。

2M280093_R

さて、レンズのインプレッション。
合焦については、コントラストが低いトコとか、
ゴチャゴチャしたトコでは、素早くウォブリング→合焦せず。ってコトもありましたが、
そういう場面でなければ、合焦は速い。遠くの人物にもスパッと合う。
CP+の会場のようなシチュエーションでは、本当のクセは分かりませんが、
印象的にはM.ZD40-150mmPROよりも好感触でした。

また、オリンパス初のレンズ内手振れ補正は、スイッチをOFF/ONしながら
ファインダー像の安定性とかで確認するだけでも、効きがよく分かりました。
300mmともなると、何にも寄りかからない完全手持ち撮影では、
どうにもファインダー像が安定しませんが、ISをONにした途端にピタッ!と。
でも、E-M1とM.ZD300mmPROの組み合わせだと、
どうやっても5軸シンクロ手ぶれ補正になってしまうようで、
レンズ内ISだけの補正効果を見るには、5軸シンクロ手ぶれ補正非対応の
ボディじゃないとダメなのですよ。
検証用にE-PL3でも持って行けば良かったかしら。

しかし、そんな凄い効きのレンズ内ISと併せた5軸シンクロ手ぶれ補正の効果は、
うっかり手持ち限界低速撮影テストをするのを忘れて・・・。orz
ごめんなさい。

A2280119_lr

E-M1のISO1600。
ちょっとLrで調整しましたが、どうですか?
腕がイマイチ?うむむ・・・。

うん。
でも、良いレンズなのは、間違いないっ。
ただ、おいらは買わない。間違いないっ。(笑)

さて、今日は仕事の日よりも早起きで!
それは何故かと尋ねてみたら、一年に一度のカメラ・写真のお祭り、CP+だっ。

P2280063_R

例年、何時に家を出てるのか忘れちゃったので、
とにかく、早めに出たのですが早過ぎ。
8時30前には現地に着いて、並んでしまいましたよ・・・。
出展企業の関係者並みの早さですよ。
まぁ、それでも興味ある新製品を快適に触るなら、
早く行くのが一番ですっ。

2M280160_R

今回、僕の中での一番興味はSIGMA。
Contemporaryラインの新製品、30mm F1.4 DC DN、それとsd Quattro
1時間半も入場まで待ったけど、そのお陰でサクッとsd Quattroに触れました。

2M280041_R

独特の形状で注目のsd Quattroですが、持った感じはdp Quattroと似た印象。
グリップの厚さとか深さ、角度は全然違いますが、四角い感じ?
そして男性平均よりも小さい僕の手だと、ちゃんと握りきれないくらい大きい。
ある程度は握れているので、落下させたりはしないと思いますが、
とりあえず、どーんと大きいです。
各種ボタン類は、余裕を持って配置してあり、ゴチャゴチャ感は無い。
そして、独特な変態デザイン。
カッコ良過ぎる・・・。フツウジャナイ感の塊です。
持っているだけでその気にさせるカメラでしょう!

2M280040_R

さて、そんなsd Quattroの気になった点を幾つか。
まず、動作のもっさり感。
dp Quattroもそうですが、操作のレスポンスはそんなに良くない。
ファインダーと背面液晶も、自動切換えが可能ですが、
そのレスポンスも良くないですね。
ファインダー覗いてから暫くしないと画像は表示されず、
その逆も待たされます。

あっちゃこっちゃから迫るシャッターチャンスを、ササッと設定を変えて撮る、
そういうスタイル向きではないのでは?
じっくりと露出、構図を考えて設定、呼吸を整えてシャッターを切る。
そういうスタイルが似合う気がします。

そして、ファインダーは236万画素あるそうですが、
なんだかシャキッとしない表示で、シャープネスもコントラストも低い印象。
情報表示はクッキリしているので、ライブビュー画像の処理の問題かな。
うん、背面液晶についても似た傾向を感じたので、そうだと思う。
開発中の機種なので、製品版は大幅に改善すると思いたい。

そして、ファインダーの利き目問題。
ファインダーが右寄りなので、左目が利き目の人は鼻が邪魔なんじゃないかと。
で。両方の目、それぞれで確認してみましたが、
確かに左目で覗くと、覗きながら十字ボタンを操作するには鼻が邪魔。
それを考慮して接眼部が本体から離れているとのことですが、それでも邪魔です。
窮屈、くらいの表現にしておこうかしら。
うん、操作できなくはないけど、指が窮屈です。

ホントは、ライブビューの画像がシャッキリしなくても、
撮影した画像を見ればフォビオンセンサーの性能の高さに納得、
というようなカメラなのだと思うのですが、今日は画像を持ち帰ることも出来ず、
それを実感することが出来なかったんですよね。
もちろん、カタログや作例集などを見ると、諧調豊かな画が出ていますが、
ライブビュー画像からは、それを感じられず・・・。

・・・残念っ。

でも、発売までの楽しみが続くとも言えるな。
きっと、すんごいモノを創ってくれるでしょ、SIGMAだもん。

2M280044_R

で。30mm F1.4 DC DN。
お気に入りのフォーサーズレンズの30mm F1.4 HSMよりも、かなり軽量
Artの30mm F2.8 DNと比べると、鏡筒は2倍以上長い。
見た目も重さもm4/3のボディにバランス良いです。

ピントリングはArtラインと違い、ラバー製。
細かいピント合わせも快適に出来、手袋してても大丈夫。
ラバーはカバンの中でのレンズ同士の当たりによる傷にも強い。
やっぱり、ピントリング、ズームリングはラバー製が一番です。
そして、持ちやすさを考慮してフードにもラバーコートがされています。
SIGMA、良い仕事だ。
Artラインにも専用のラバーカバーを作ってくれないかしら。

2M280050_R

これもデータ持ち帰りが出来なかったのですが、
作例のポートレートは、非常に良い感じ。
ボケが綺麗でうるさくなく、ピントの合った場所はシャープ。
カリカリじゃないけど、開放から良い感じに解像してる感じです。
あと、自分的にはMFアシストが使えるのはありがたい。
フォーサーズ用はE-M1でそこそこの速度でAF出来ますが、
MFアシストが使えないので、シビアなピント合わせは厳しいのです。
手動で拡大MFをしないといけない。。。
でも、新しい30mm F1.4 DC DNは、当然MFアシストで快適で正確なピント合わせが可能。
これは、30mm F1.4を入れ替えるか悩んじゃいます。。。
でも、フォーサーズ用は8枚絞りによる綺麗な8本光芒がすごく良いのよね。
夜景撮りに良いレンズなのです。
絞りによる光芒は、クロスフィルターでの光芒と違って自然。


うーむ。悩む。。。




ポチりそうだ。。。





そして、今日はブログでコメント頂けたりしている「かぷちさん」が
別件の用事のついでにいらしていると聞き、お会いすることに!
instagramのやり取りで、なかなかタイムリーな連絡が取れず、
お互い、ほぼ開場から居たのですが、どうにかお会いできたのが13時過ぎ。
ちょっと10分程度の立ち話でしたが、写真に優しいお人柄が出てるーって感じました。
もっと写真の話ができたら良かったですが、ともかくお会いできて嬉しかったです。

今日は節分。
恵方巻き食べましたけど、写真撮り忘れました。

2M300079_rc

食べ過ぎで、若干気持ち悪いです。
太めの太巻き2本分も食べちゃいました。大変です。

今日は、このまま寝ることにします。

PEN-F、大手量販店ではケース入りでモック展示が始まってますね。
僕も、近所のお店で見てきましたよ。

2M300089_R

モックなので、ダイヤル周りのクリアランスが実機と異なるかもですが、
とりあえず、質感は同じ感じだろう。
ダイヤル以外の意匠は、けっこうフラット&シンプルな感じのフロントフェイス。
背面はいつものOM-D/PENを踏襲している感じ。

前面はグリップ無しですが、背面はサムグリップを用意。
OM-Dとかと違って、少し指があたる部分を凹まして、指が掛かるようにしてますね。
とは言え、フロント側がフラットなのでキチンとホールドできるのは、
軽量なレンズを着けたときだけかもですね。
まぁ、PEN-F自体が小型軽量な短焦点を着けるのが似合うカメラだと思う。
M.ZD12-40mmPROですら、大き過ぎだ。

2M300084_R

そう。PEN-Fで大きく変わったこと。
今までのPEN/OM-Dには無いダイヤル。
クリエイティブダイヤル、露出補正ダイヤル。
そのうち、露出補正ダイヤルに関しては、デジタルから一眼を始めた僕には、
どんな風に使うものなのかイメージできない。
まぁ、オート露出モードだと通常通りの露出補正だろうけど、
マニュアル露出とかだとどうなのか?
露出計がその露出補正値を反映するってこと?
うむー。カタログにはそういうの、全然書いてないのね。

2M300090_rc_R

そして、実際に構えてみないと分かりませんが、
PEN-Fは親指AFするのに、良い位置にボタンが無い気がしたんだけど、
ペンタ部にファインダーを配したOM-Dと違い、
ファインダーが左にオフセットしているPEN-FはFn2が親指AF用なのか。
しかし、ライブビューボタンがFn2か。
ライブビューの切り替えって、そんなに使わないのか?

P2010002_rc

って、Fn1の位置。みんな大好き?
僕は、あの角に付いたFn1が好きじゃないです。
ウッカリ触っちゃったりするんですよ、あの位置だと。
なので、撮影のテンポや画に影響するような、
MF切替やデジタルテレコンなんかは割り当てしたくないし。
なんで、あんな位置にボタン付けたんだろう。

ってことで、今度実際に触って機能面とか、確認しなきゃ。

今日は、姉夫婦と一緒によみうりランドへ・・・。
ジュエルミネーション?イルミネーションを見に〜。

よみうりランド、夕刻から多くのお客様で賑わってて、
頑張ってるなーと思うのですが、イルミネーションの数をいたずらに増やしすぎて、
なんだか田舎っぽい感じがしなくもない。。。
やみくもに点けりゃ良いってもんじゃねーべさ。

2M310955_rc_R

そして、LED電球のイルミネーションは、やはり味気ないな。
電球のようなふんわり感が無い・・・。
ってことで、今日はスノークロスフィルタとプロソフトンを持参。
プロソフトン、星撮影には定評があるフィルタだけど、
イルミネーションのような強い光源に対してだと、結構ソフト効果が強いかな。
もっと弱いかと思ってたけど、星くらいの明るさがちょうどイイってことか。
スノークロスは・・・光源がたくさんあるとぼやーんとしちゃう。
とりあえず、フィルタも考えて使わなきゃってことだよな。

2M310914_lr

つーか、下手っぴたな。
久し振りのイルミネーションなのにだめぢゃん。

2M311012_rc_R

今日は、昨年より何かとお世話になっているMOTOさんとランチ。

夏にお散歩カメラをご一緒した際に、僕が使っていた革のドリンクホルダーを見て
便利そうですね的なことを仰っていたのを先日の江ノ島お散歩の時に思い出して、
お土産に買っておいたので、それをお渡しに・・・。

2M300043_R

ランチは、先週行って良い感じだった欧風カレーのお店をチョイス。
カレーも美味しいのですが、小民家をリノベーションした雰囲気のあるお店は、
きっとカメラ好きには、格好の被写体にもなるだろうと。(笑)

2M300071_R

↑狙いは良かったようです。

2M300031_R

そして、カレーとカフェで小一時間・・・なワケが無く。
カメラ好きは、カメラ談義に花が咲くのです。
最近の話、昔の話、色々と話は尽きないのです。

2M300034_R

そして、食後の長居にちょっと恐縮したので、ランチデザートを追加・・・。

2M300051_R

僕はワラビ餅をチョイスしたのですが、これまた可愛い感じで。
抹茶ときな粉にアズキがちょこんと。
うーん。甘いもの、好きだー。

イタリア人のMOTOさんは、ティラミスをチョイスでした。

2M300060_rfc_R

って、今日のランチは前からの予定じゃなく、突然お誘いしてしまったのですが、
二つ返事でお時間を作ってくださったMOTOさんに感謝感謝なのです。

星撮影のためにレンズヒーターを作ろうと、USB手袋を買ってみたんです。
で、早速、手袋をバラしてレンズに巻きやすく加工することに・・・。

2M230172_rc

すっごい久し振りにミシンを出して縫い縫いしてみたものの、
キチンと採寸したり、マチ針で固定したりしなかったもんで、
出来上がりがガッタガタ。

1E237858_rc

とりあえず、巻いて温まるのは確認したけど、
もっと布は断熱性の高いものじゃないと役に立たないかも。。。
うむー。とりあえず実戦で使ってみよう。

今日、仕事中に空から聞こえた音。
いつも、会社の上を通過する航空機の音が聞こえてるのですが、
今日はなんだか違う音。

なんだ???

そう思って窓に近付いて空を見上げると、
見たこと無いようなカタチの航空機の後姿が・・・。

あれは、もしかして!!!

2M160563_rc2
って、写真は先週末の江ノ島ライトアップ&夕焼け。
もうちょっと暗くなるまで撮影していたかったが・・・。

で。

後で、ツイッターを検索してみたら、
やっぱり、今日は横田基地にF-22ラプターが来ていたとのコト。
うわー、朝から知ってたら会社休んで撮りに行きたかったよー。
って、そんなことじゃ休まないけどさ・・・。

近所にあるのに行ったことがなかったので、行ってみましたよ。
JAXA 相模原キャンパス。

2M170042_rfc_R

今日は、休日なので食堂や購買が営業してませんでしたが、
色々展示物を見られて、面白かったです。
お客様はさすがに少なめでしたが、それでも少年達が興味深そうに
いろんな展示を見ていましたよ。
将来のムッタやヒビトになる子なのかしら・・・。

2M170023_rfc_R

展示物は、一部「修復中」の張り紙がされているモノがあり、
その張り紙はちょっと時間の経過を感じさせる風合い。
うーん、こういうとこに回す予算も、厳しい状態なんだろうなぁ。
はやぶさの帰還とかで、世間の注目が集まった時期もあるけど、
潤沢な予算があったのは、昔の話なんだろうな。

P1170047_R
↑「良くありません。」とは、どういうことだろう?
 未知の病に罹っちゃうとか?それはよろしくないデスネ・・・。

2M170154_rfc

元旦に撮った、江ノ島越しの初日の出。

2M160254_rc_R

そしたら、夕暮れも撮りたいなぁって思うワケさ。
夜間は島の展望台もライトアップしているし。

2M160368_rct_R

ってコトで、行ってみました江ノ島。
ってゆーか、鎌倉高校前。日没前の16:30頃に到着っ。
徐々に沈んでいく太陽を撮ってみましたよ。

2M160292_rc_R

ちょっと雲が多くて、富士山のシルエットも見えなかったけど、
やっぱり画になるなぁ、江ノ島。

1E167841_rc_R

よし、このまま夜景撮影に突入だ!
と、思ったら、ちょいと用事が・・・。orz
ま、夕景撮れただけでも、楽しかったんだ。

オイラ、メンタル弱いんだな。。。
急に業務が変わって、引継ぎ期間も超タイト。
引継ぎ内容も、マニュアル通りの手順のみって感じですよ。

そりゃー、不安だなーと。

でも、なんとかなるでしょ。


そう思ってたんだけど、今日の日中。
久々の到来。胸に硬いモノがドーンといるような痛み。
キタ・・・、また心臓神経症かな。

以前、この症状で診察受けたら、そういう病名を告げられた。
ストレスが主な原因みたい。
元々自分に自信が無い人だけど、メンタル弱いんだなー。
参ったな。

2M010433_rct2

小一時間で、痛みは落ち着いたけど、
後半は頭にも痛みが移った感じがしてて、なんだかなーです。
ストレス発散に、どこか行きたい。

遠出の出来ない連休だったのですが、
近所の公園に行ったら、蝋梅が咲いててちょっとルンルン。
すっごい良い香り〜。

何枚かシャッターを切ってみたんだけど、
なんだか上手く撮れなくて、段々とテンションダウン。。。
蝋梅って、どうやって撮るんだっけ?って感じでしたよ。

2M110232_rc

こういう時って、望遠でテレマクロにすれば、
それなりにまとまる気がするんだけど、
今日は望遠置いてきちゃったのよね。腰痛いから軽量化ってコトで。

とりあえず、蝋梅って花が傷むのが早いから、
広角で撮ると傷んだ花を避けて構図するのが難しい。
まぁ、それも含めて「蝋梅」って感じで表現すればいいのかもだけど、
なんだか現場では、頭が回りませんでしたよ。

2M110125_rc

はぁ。。。

今日から三連休!な人も多いと思います。
僕も、通常ならカレンダー通りに休みがある仕事なので、
三連休を満喫したいところでしたが・・・。

年末年始の休みの関係で、今日は土曜日出勤。
うむむむむー。

2M120315_rc

夜景撮りに行ったりしたかったのになぁ・・・。
明日明後日は、ダメなのよねぇ。

とりあえず、腰が早く治らないかなぁ。。。
強い身体を手に入れたいよ。

江ノ島のイルミネーションを撮りに行きたいのです。

江ノ島のライトアップを撮りたいのですよ。

それに星が絡められたらベスト。

2M010722

しかし、そんな希望は腰が良くなってからだ。

今の感じだと、三脚とカメラとPROレンズ3本なんて持って行けない。

まずは、腰痛を改善せねば。

今日は、イチゴの日。
会社帰りのコンビニで、イチゴのロールケーキが僕を誘惑。
当然、お持ち帰りになっちゃうのです。

1E057700

そして、そんな可愛いイチゴのロールケーキで、
初めての深度合成を試してみるのです。

M.ZD12-40mmPROの望遠端40mmで、絞りはF4に設定。
フォーカスステップはデフォルトの「5」のまま。
オリンパスホームページには、レンズの仕様が掲載されていて、
そこの被写界深度表を見るとF4の被写界深度が分かります。
M.ZD12-40mmPROの望遠端@40mmで被写体まで30cm離れて撮った場合、
被写界深度は4mm(29.8cm〜30.2cm)のようです。

1240被写界深度40mm

その深度を踏まえて、フォーカスステップを設定しま・・・ん?

フォーカスステップは10段階になっているみたいですが、
ステップを1増減した時に、どのくらいフォーカスがズレるのかが分かりません。
焦点距離やレンズ、被写体までの距離によって被写界深度も変わるので、
一概に1ステップ=○○mmと言えないのは分かりますが、
説明書はともかく、ホームページくらいには、ある程度の目安表を掲載して欲しいなぁ。
ってコトで、ここは感覚で行くか、トライ&エラーで行くか、
経験の積み重ねでどうにかするか、という感じでしょうか。

うむむ。。。

で、一応載せておきますね。
8枚の連続撮影画像。

1E057654

1E057655

1E057656

1E057657

1E057658

1E057659

1E057660

1E057661

見ての通り、最初にピントを合わせた位置から奥に向けて
「1」→「2」→「3」→「4」→「5」→「6」→「7」→「8」と撮影せずに、
ピントを合わせた位置を「3」として、
「3」→「1」→「2」→「4」→「5」→「6」→「7」→「8」という順番に撮影します。
そういう仕組みなので、ピント位置・被写界深度・フォーカスステップに注意ですね。
被写体の一番手前にピントを合わせると、手前2ステップが無駄になります。

この順番の話、マニュアルには書いてないようです。
それどころか、「ピントを合わせた位置を中心に自動的にピント位置を変え、
1回の撮影で8コマ撮影します。」という中途半端な説明。
『中心に』ってどういう意味だ?8枚なら「4」か「5」が真ん中だけど?
普通に手前に2ステップ、奥に4ステップの合計8枚って言えばイイのに。
順番を選択できれば一番良いな。

被写界深度の深い写真が簡単に撮れる機能ではありますが、
それなりに機能・動作を理解していないと、上手く使えないですね。

元日の夜は、日暮れの富士山に引き続き、
空気の澄んだ山中湖で星撮影。

それは、待望のE-M5 Mark2ライブコンポジットだっ!
E-M1よりもノイズが減っているであろう、
SONYセンサーのライブコンポジットなのだっ。

2M010209_rc_R

って、撮影中はSONYセンサーとかはあまり関係なく・・・。
バリアングル液晶で縦構図でのピント合わせや構図確認が
すこぶる快適なことくらい?
縦にしても三脚の中心に重心が乗るアルカスイス互換プレートのおかげもあって、
本当に使いやすいっ。
帰宅後にRAWで見てみると、やっぱりノイズは少ない気がするぞー。
しかし、印象だけで話をしてもアレなので、同等の条件で撮影して、
比較すれば良かったよな。
そういう比較を探している人も多いはずだ。。。次回の課題だな。

1E017653_rc_R

撮影時間が今までのように真夜中ではないので、
航空機の光(衝突防止灯や尾灯)が結構大胆に入っちゃいました。
凄くたくさんの航空機が富士山周辺を飛んでるんだなぁと。
その軌跡は、人の作った流星のようで。
点滅で破線になっている軌跡は、切り取り線のようでもあり。
まぁ、星を純粋に撮りたい人にとっては、邪魔以外の何物でも無いんでしょうけど、
僕は、航空機の軌跡も面白いかなーと。

2M010210_rc_R

で。
E-M5 Mark2でのライブコンポジットは試せたのですが、
もう一つ、試したかったSIGMAのレンズでのライブコンポジット。
SIGMA Art19mm F2.8 DNを使って、20分のコンポジットをしたのですが、
終了時の操作をミスったのか、カードに記録されず・・・。
幻の志熊連続合成撮影となりました。

ぐぬぬ、これも次回の課題じゃな。
良い感じの軌跡だったのじゃが・・・残念じゃ。

昨日の朝は、頑張って江ノ島の初日の出を撮りに行き、
朝の富士山まで撮れちゃっいました。

しかし、初日の出で行きたかった場所がもう一つ。

それは山中湖。

何度も行ってる富士山のお膝元。
鏡富士も撮れちゃうし、結構近いのがイイ!
初日の出に行けなかったってことは・・・元日の夕暮れでしょ!

ってコトで、初日の出撮影から帰宅後、ちょっと家族と初売りを楽しみに行き、
ランチの後、クルマに乗って一路、山中湖へ!
富士山に沈む夕日を撮るのだ〜っ!

しかし、間に合わず・・・。orz

2M010014_rc_R

日没の時間より前に現着したのですが、富士山は日本一高い山。
既に太陽は、富士山の向こうに・・・。

そうなると、日没まではグラデーションとシルエットを楽しむしかないっ。

1E017633_rc_R

そして、おいらは4000Kあたりのホワイトバランスが大好物だ。

2M010162_rc_R

うーん、やっぱり富士山に沈む太陽が撮りたかったなぁ。
次回の宿題だな。

一年の計は元旦にあり。
そういう言葉があるくらいで、一年の姿勢を示すには良い機会な訳ですよ。

ってことで、初日の出を撮らなきゃなんですが、どこに行こうかな?
候補は二つ。河口湖か江ノ島。
やはり、めでたい時には富士山って思うのは日本人なので当たり前。(笑)
だが、河口湖だと日の出の方角と富士山の位置関係がよろしくない。
富士山がざっくり言えば、南西なんですよね。
なので、初日の出と絡めるなら、江ノ島かな。

昨夜は日付変わってすぐに寝て、3時起き。
終夜運転してる駅まで、奥さんに送ってもらって電車でごぅ。

日の出の位置と下車駅を、ギリギリまで迷って選択したのは辻堂。
アプリによれば、江ノ島から日が昇ってくるはず。。。
しかし、電車の連絡が悪くて辻堂に着いたのが6時。
東の空の色がだんだんオレンジに...。
とにかく急いで海岸まで歩く、歩く。
PROレンズ3本とボディ2個、そしてがっちり三脚だと、さすがに走れない。。。

海岸に着いたのは6時25分くらい。
結構人も集まってたけど、波打ち際に陣取れました。

2M010935


そして迎えた初日の出。

2M010500_rc_R

あぁ、ありがたや、ありがたや。

そして、振り返れば富士山まで!

1E017185_rc_R

あぁ、ありがたや、ありがたや。
今年は、撮りたくなったら、あまり躊躇しないで、行って後悔することにしたいなーと思います。

今年も、どこ日記。そして、どこまでも。を、よろしくお願いいたしますっ。

この年末、E-M5 Mark2のライブコンポジットを使って星を撮りたいなーと。
そう思っていたのですが、月の巡りがよろしくなくて、
21時30分頃に月の出、朝に月の入りという感じのようです。
月がばっちり空にいるので、星撮りにはあまり向きません。

去年末は、思いつきで行ったのですが、
夜中に月が無くて良いコンディションだったのですよ。

2M270006_rc

昼間の撮影でも、撮りたいものが天候に左右されることがありますが、
夜でも一緒なんですよね。
考えれば当たり前なのに、以前は星なんて夜ならいつでも撮れそうな気がしてて。

うむむ。
そういえば、初日の出も大丈夫なのかしら。。。

このページのトップヘ