どこ日記。

タグ:ED50-200mm

ソメイヨシノは終わったけれど。

EM137066_rc_R

まだ、「サクラ」は終わってないっ。

EM137238_rc_R

しかし、枝垂れサクラが群生している場所って、
聞いたことないですね。。。

EM137303_rc_R

枝垂れサクラのトンネルとかって無いのかしら。

そして、季節はチューリップへ。
色鮮やかで、楽しい被写体ですよね。

EM137383_R

今日は、午前中にマイミクさんと、午後に元同僚達と、
サクラお散歩カメラに行ってきましたよー。
朝は5時起き、吉祥寺に7時待ち合わせ!
午後はお弁当持って昭和記念公園に。
16時過ぎくらいまで楽しんじゃいました。

EM055078_rc

たくさんシャッターを切ったけど、
それは、RAW現像がたくさんあることも意味している・・・。
RAW現像は楽しいけど、時間がたくさん欲しいぞー。

でも、明日も朝から撮影したかったりして。。。(笑)




だって、サクラは待ってくれないもの!

僕はテレマクロ人なので、被写体に接近する系のマクロレンズは
ホントに出番が少なめなんです。
今持っているマクロレンズも、なんだかんだとZD ED50mm F2.0 macroのみ。
3535マクロもドナドナしちゃったし、M.ZD60mm F2.8 macroは、
SIGMAと同じ焦点距離じゃ買わないなーと。

5E292692

望遠寄りの単焦点マクロ、150mmとかがマイクロで出て欲しいなぁ。

東京に開花宣言が出て数日。
マイミクさんと一緒に、比較的開花が進んでいる、
北区の飛鳥山公園周辺に行ってきましたよ。

「春探し」をコンセプトに、お散歩ー。

EM293730_rc_R

やっぱり撮影の中心は、サクラになるねー。
飛鳥山公園は5分くらい、近所の音無親水公園は7分くらいの開花で、
快晴に透けるサクラの花が、とってもキレイでした。

EM293805_rc_R

色々撮ってみたんだけど、とりあえず今日は2枚だけ。

久し振りに、こういう色で撮れたような気がします。

EM233665_rct_R

こういう色、とっても好きなのです。
本当の色?そうじゃない。
でも、それは、僕色なのです。

僕の頭の中の色。

近所の公園のサクラ。

5E222598_rct

撮りに行ったら、鳥さんがサクラを啄ばんでいました。
サクラの蜜は、美味しいのかしら?
ってゆーか、蜜なんてあるのかしら?

今日は、マイミク・ながちゃかさんと一緒に、
東京都青梅市にある吉野梅郷に行ってきました。

EM212469_R

吉野梅郷は梅の病気(ウイルス)が原因で、今年で一度終わりにして、
殆どの木を伐採してしまうそう・・・。(泣)
ってことで、梅を満喫してきましたよ。

EM212509_rc_R


朝9時に現地最寄り駅で待ち合わせ。
お天気良くて、青い空に梅が映える!って思ったんですけど、
ウニウニ遊びながら進んで行ったら、山頂に行く前に曇ってきてしまい、
冷たい風が、ぴゅーーーーーーーって。
寒くて手がかぢかんできたので、早々に撤退。

5E212272_rc_R 5E212279_rc_R

今日は、ちゃんと充電をしたE-5とE-M1の二台体制だったのですが、
改めて光学ファインダー(OVF)の楽しさを感じ、電子ビューファインダー(EVF)の便利さを感じました。
E-5のファインダー、ホントにピントの山が掴みやすいです。
視力の悪い僕は、EVFでの拡大ピント合わせの恩恵をすごく受けてますが、
拡大出来なくても、見え方がスッキリする感じ?
いいねぇ。

EM212544_rc_R

今日の吉野梅郷は5分咲きくらい。
満開の吉野梅郷を撮りに行かなきゃだよなぁ。

しかし、そろそろサクラの季節・・・。
もう一度行けるかなぁ。

春がやってきた!
先日、春一番も吹いたし、今日の雨で大地も潤った。

5E244905_rfc0

キセツ、メグル。

楽しい季節が始まるね。
僕たちも、色んな場所を巡ろう。
季節を楽しもう。

さぁて、明日は梅を撮ってくる〜るるん♪

今日は、サッカー観戦(撮影?)に行ってきましたよ。
以前、清水エスパルスに在籍していた伊東輝悦選手が
現在在籍している長野パルセイロが町田に来るって言うんで、
夫婦で行くことにしたんですよ。

残念ながら、伊東選手は出場することなく、
試合は0-0のドローで終わりましたが・・・。
でも、ベンチには居ましたので、久し振りに動いている伊東選手を見られて、
なんとなく良かったです。

さて、僕は目が悪いので、試合中はもっぱらカメラを通して
試合を観戦するのですが、当然撮影もしちゃう訳ですよ。
って、撮影に行ったのか・・・。

で、今日は動き物の撮影になるってんで、E-M1とE-5を持って行ったんですよ。
やっぱり、なんだかんだ言って、E-5の方があらゆるシチュエーションで
合焦が早いだろうと思って。
しかし、久々に持ち出すE-5なモンで、予備電池を忘れちゃったんですよね。
試合開始早々に、うっかり電池が切れてしまい、
結局は、E-M1での撮影となりました。

EM164199_R

やっぱり、なんだかE-M1だと合焦精度もスピードも、イマイチだなぁ。。。
ちゃんと使いこなせば、そんなことないのかなぁ。。。
EC-14外せば良かったのかなぁ。。。

やっぱり、E-7を発売しておくれよ、OLYMPUS様っ。

気付いたら、近所にも咲いてたんですね。。。

・・・サクラ。

EM153686_rc2_R

自宅裏手の公園で、咲いてました。
もちろん、ソメイヨシノではありませんが・・・。
久し振りに、ZD ED50-200mmを振り回してみましたよ。

EM153705_rc_R

ソメイヨシノ、楽しみだなぁ。。。
ふわっふわに撮ってやるぜー!

待望のM.ZD25mm F1.8が今週金曜日に発売になります。
エントリーOM-D E-M10や、超薄型ズームレンズ M.ZD ED14-42mm F3.5-5.6 EZ、
そしてボディキャップレンズ第二弾 BCL-0980 Fisheyeも同時発売です。

EM232676_rct_R

ファブリックテープ加工のおかげで、とっても愛着がわいてきた
SIGMA 30mm F2.8 DN。
もう、こうなったらどっちも使うんじゃ。
25mmと30mmの画角の違い、画の違いを見つけるんじゃ。
きっと、良い勉強になるに違いない。

さて、近所の梅がボチボチ良い感じになってきたので、
近々、青梅方面にある吉野梅郷にでも行ってみようと思います。

吉兆を示す、おめでたい光。

EM151834_rc_R

そんな光が差してから、もう一年です。

EM151857_rc_R

そんな日にZUIKO DIGITALを持ち出してみるが、
どうにもイマイチでしたね。
土屋勝義さんを真似して、一脚を持ち出してみたのが失敗。
高さ調節とか、手間どっちったい。

使い慣れないものは、ダメってことだ。

ひゃっほい!
今週末、っていっても明後日・木曜日からですがCP+が始まりますね!
今回、各社色々新製品を用意しているようですし、
入場事前登録者が昨年の3割り増しだそうなので、混み合いそうですね。

5E082143_rc_R

僕はといえば、マイミクさんと一緒に行くのですが、
なんとなく雰囲気を味わったら、横浜をお散歩カメラをしようかなーと画策中。
天気予報も、雨だか雪だかって言ってるんで、雪ならひゃっほい!
雨だったら・・・どうしようか。



そういえば、mixiフォトアルでは、何故か電車に「イイネ!」が多く付いていて・・・。

EM081490_rc_R EM081526_R

結構良い感じに撮れているからなのか、みんなが電車好きなのか。(笑)
そうそう、電光行先表示をしている電車は、
シャッタースピードを1/125〜1/160くらいで撮らないと、
文字が欠けちゃうから注意な。

試験に出るぞ。

そして、E-M1で撮った写真たちを。

EM081364_rc_R

この写真は、E-5で撮ったものと違い、主題となる大樹のみを撮ったもの。
E-5の写真では、手前の樹木を入れることで「吹雪の向こうで力強く立っている大樹」を
強調できるかな?と思ったんだけど、
E-M1では、主題のみを撮ることで「冬の寒さに、じっと耐えている大樹」という表現にしてみました。
ん?意図が伝わんない?

EM081415_rct_R EM081443_R

しかし、オリンパスの防塵防滴は優秀だな。

EM081368_rc_R

5E082018_rc_R

雨雪の中で気を付ける事って言ったら、
レンズ交換の時に、ボディ内に水が入らないようにすることだけじゃん?
なんて思うくらい、使用中に心配する事がまるで無い。
E-5とE-M1の2台体制だったから、E-M1にED50-200mmを着けたときに、
マウントに力が掛かり過ぎないように、レンズを持つようにするくらい?
それだって、そんなに気にしなくていい。

うん、これだけの防塵防滴性能が、これだけ安価に運用できるのは、
オリンパスならでは、だな。

冬将軍は、居なくなっちゃいました。
昨夜は、交通マヒの心配まであったのに、
今朝は、歩道がちょこっと凍っているくらいで、
昼過ぎには、跡形も無く・・・。

EM260909_rct

『昨日のは、ほんのジャブだ。
今度は、どーんとヘビィな奴をお見舞いするから、
楽しみにしておけよ。』

なんて、言ってるかもしれません。

いつも、人物を撮る時に心掛けていることがあります。

「その被写体の人や、被写体を良く知る人に気に入って貰える写真」

実際に、腕や知識が付いていってなくて、
ボツ写真も量産する訳ですが、この考えで撮っているって事です。
勿論、僕が「わぁ、良いなぁ。」って思うからシャッターを切るのですが。

6E108754_rc_R
お友達と、お散歩カメラ中でも・・・。

そして、それはプロのカメラマンでも同じなんだと改めて知って、
自分の考えが間違って無いことに、ちょっと安心した。

ポートレートの極意!
土屋勝義の心理の解る?日々限定Blogなのだぁ〜!

このページのトップヘ