どこ日記。

カテゴリ: 写真関係

写友MOTOさんのブログに書いてあった
『M.ZD25mm F1.2 PROを使ってサクラを撮ってみる』という話題。
基本の「キ」みたいな35mm判換算50mmの画角の面白さを再確認、
それをサクラにどう使うか、という興味深い内容。

これは、その流行りに乗っかってみなければ!

P1110253_rc_R

と言うことで、朝一で予約していた成分献血を済ませた後、
サクラを求めて自転車を走らせましたよ。
相棒はPanasonic LUMIX GX7mk2とM.ZD25mmF1.8。
だってー、M.ZD25mmPROは持ってないんだもん。

P1100896_rct_R

そういえば、以前、フォーサーズ時代にもZD25mmというパンケーキレンズでも、
同じようなことを試したりしていたような。
近頃、25mm近辺のレンズを持ち出す場合、
SIGMAのArt 30mmかContemporary 30mmの二択なことが多くて、
M.ZD25mmを使うのは久し振りなのよね。

P1110137_rc_R

とりあえず、被写体との距離と角度で変化を付けて、
いつものように、いつもと違うように、と思って撮ってみる。

P1110242_rc_R

でも。
その時は考えてるつもりなんだけど、家に帰って見てみると、
結構、いつもの感じに撮ってるじゃん、ってなるのは何故でしょう。。。

P1110195_rc_R

まぁ、結果がどうあれ、M.ZD25mmが楽しめたのか?
という問いの答えは、間違いなくYes!だから良いんだよー。

久し振りにSIGMAのフォーサーズ用レンズ、SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSMを持ち出した。

DSCF0401_rfc

位相差AFが出来るボディじゃないと、AFが激遅なレンズなので、
うちではE-M1Mark3を持ち出す日じゃないと、出番が無い。
そして、30mmは手持ちのレンズがM.ZD30mmMacro、SIGMA Art30mm、
SIGMA Contemporary30mmもあるので激戦区なのだ。

でも、たまには使わないとね!ってことで。
サクラの写真、良い感じに撮れました!

3M270425_rc

いや、ちゃんと30mmを使っての写真も撮りました。

3M270446_rc

今回、使っていて気付いたのですが、
LiveViewの画像で露出を確認してシャッターと切ると、
実際に記録される写真は、気持ち明るく撮れているという。。。
何か設定とかかしら?
他のレンズではそうならないし、以前使っていた時は気にならなかった。
E-M1Mark3だから?うーん、何が原因だろう???

今日の夕焼け、こってりしてイイ朱色だったなぁ。

DSCF0031_rc

これだけキレイに焼けると、ガラスや水面へのリフレクションも綺麗だし、
稜線のシルエットとかもドラマチック!
海沿いとか湖の近くに住んでいたら、空の染まり具合を見てから、
すぐにルンルンで撮りに行けるのになぁ。

今の住まいだと、テレワークで仕事が早く終わっても、
住宅街だからなぁ。。。
しかも、下町とかのイイ雰囲気も無い。。。

もっと夕陽が遅くならないと、どうにもならん。。。

X100Tの面白さに、絞りによるレンズの描写がある。
解放絞りF2.0で撮影すると、かなりソフトな、滲みのある画になる。

DSCF0277_rc_R

ところが、ちょいと絞ると別のレンズのようにシャープに。
構図、撮影距離は異なりますが、F5.6まで絞るだけでこんな感じになります。

DSCF0264_R

解放の描写が極端ではあるのかもですが、
これは、なかなか面白いクセで、多くの人が気に入る要素なのも頷けます。

近所のソメイヨシノは、まだまだ殆どが蕾。
それでも、X100Tを首から提げて、ちょっとサイクリングフォト。(なんて言うのか?)

DSCF0133_rc_R

周りがゴチャゴチャしてる場所にあるシダレザクラは、
どう切り取ったら良いのかと、ファインダーを覗きながらカメラをグルグル。
悩んで切り取ったけど、後で見ると、もっと大胆にいけば良かったか……。

DSCF0105_R

もう花が散ってしまっているモクレンは、その散った花びらを。
傷んで茶色になっているのも、なんだか好き。
生命の循環を感じるよな。

そして、X100Tはファインダーを覗いて撮れる。
そのファインダーは、レンズを通しての像じゃないから、
普段使うカメラとは違って、ピントも露出も不確かだけど、
その世界の中に居るって感じがするよな。

DSCF0182_rc_R

レンジファインダー機は、レンズを通さないファインダーだから、
近接撮影では構図がズレて掴みづらい。
そこを解決したX100シリーズのアドバンスト・ハイブリッドビューファインダーは、
構図の目安になるガイド線を、ピント距離から判断して適宜調整して表示してくれる。
昔の機械の良いトコを残しつつ、新しい技術で快適な撮影を実現する。
そんなファインダーは、もっと評価されても良いと思った。

DSCF0243_R

でも、光学ファインダーを使いづらいマクロ的撮影や頭上からの撮影などは、
EVF、背面液晶、スマホを使ってのリモートライブビューが助けてくれる。
ある意味、究極のレンジファインダー機なのかも知れない。

DSCF0277_rc_R

絞り、シャッタースピードもダイヤルで変更するけど、
操作の際に手に返ってくるクリック感が、カメラと会話をしているようで楽しい。
下手なおいらはEVFじゃないと、思った露出を外すことも多いけど、
そういうのも、上手い言葉でカメラと話せなかったみたいで、面白い。

もっと仲良く話せるようにならなきゃね。

ちょっと大きめセンサーのコンデジ探し、
あちこち探していたら、里親探しの情報を頂きまして……。

DSCF0008_rc

ちょっと気になっていたRX100も、うちの子に。
多機能なM3ではなく初代のRX100ですが、
F1.8スタートの28-100mmズームレンズと1インチセンサーで、
画質には定評があります。

操作系はSONYなので、かなり慣れが必要かもですが、
かなり小型なこともあって、通勤カメラに良いかもです。
最近は、在宅勤務が多くて通勤カバンにノートPCを入れないといけないので、
GM1+G14mmでも、厚さが厳しく。。。
コンデジと言っても、X100TじゃGM1よりも大きいし。
ってことで、通勤用カメラにピッタリかも、な、RX100です。

今日は、夕方まで雨。
日中、結構強い雨も降ったけど、買い物して夕方になったらほぼ止んで。。。

これは、おそらく……。

と思ってたら……。

出ました!

3M132143_lr

帰宅途中だったんだけれど、偶然持ってたZD8mmFishEye。
大きな虹の、端から端まで撮れました!
もっと開けた場所だったら、もっとドラマチックな写真だったかもー。

DSCF0104_rc

そして、X100Tでもパチリ。
35mmの画角じゃ半分も撮れないので、割り切って切り取りましょう。
青空にかかる虹も良いけど、夕焼けの朱に掛かる虹も悪くない。
結構こってりした色で、微かにダブルレインボウになっているの、分かるかな???

2月末に開催されたCP+2021。
初めてのオンライン開催として、4日間開催されましたが、
なんだかピンときませんでしたね。

各メーカーは、YouTubeや特設サイトで新製品の紹介などをされましたが、
そうなると、CP+のポータルとか、入場登録とか、なんの意味があったんだろう?と。
別にポータル通さなくてもYoutubeは見られるし、
入場登録したからといって、特別な情報が得られるでもなく。。。

DSCF0130

今後のCP+は、パシフィコ横浜でのリアルイベントと、
オンラインイベントを同時開催する方針らしいですが、
オンラインイベントについては、やり方を相当考えないとイケなさそう。
実機に触れられないのだから、それと同等以上のメリットが無いと……。

また、配信動画のアーカイブが後で見られるのはメリットだけど、
それだと開催時期を決める意味はどうなのかな、とも思うし。。。

「この発想は無かった!」

ってビックリする企画を期待しつつ、やはりリアルなイベントに行きたいと思いました。

僕が初めて買ったFUJIFILMのカメラ、X100T。
FUJIFILMの色は違うと良く言われるけど、どうなのか?
まぁ、JPEGが違うのは、ある意味当然よね。
メーカーごとに色を出してくるわよね、
たとえ、それがNatural設定だったとしても。

DSCF0045_rc

でも、FUJIFILMの色は全体的に落ち着いた印象で、
Photoshopでの色調整も、素直な印象。
こういう色でFUJIFILMが好まれているってことかな。

いや、新しい機材に楽しくなってるだけ?



ま、それだけでもいいや。(笑)

今回、FUJIFILMのX100Tを導入したのですが、
これは、ちょっと大きめセンサーのコンデジが欲しかったからなんです。

基本的には、m4/3使いの僕ですし、
m4/3機も大きいE-M1Mark3から小さいLUMIX GM1まであるので、
圧迫感を抑えたいなら、GM1にLUMIX G14mmやM.ZD17mmでも着ければ、
コンデジみたいなサイズで撮れるので、良いかと思っていました。

しかし、どうしても荷物を軽く小さくしたい時、どうするかってことです。
F2.0のレンズを持ったコンデジ、OLYMPUS TG-6もありますが、
目立つ赤ボディだし、1/2.33型センサーは暗所性能が弱い。
そして、水中以外で撮ることについてはワクワクが無い……。

ってことで、ちょっと大きめセンサーのコンデジが欲しくなったのですよ。
お友達の持っているPana LX100やRICOH GRとかを見てると、
大型センサーのコンデジ、良いなーって。

予算は少ないので、中古を物色するのですが、
予算内の候補は紆余曲折を経て、SONY RX100とFUJIFILM X100に絞られる。
性格の全く違う2機種ですが、どちらにしても暗所性能は確実に上がる。
サイズ、守備範囲(ズームで28mm〜100mm)はRX100の圧勝。
しかしX100はファインダーがあり、センサーもRX100の1インチよりも大きなAPS-Cサイズ。
何よりデザインがイイ。レンズも23mm(35mm判換算35mm)単焦点だけど、
絞りで性格が異なる面白いレンズらしい。さらに『FUJIFILMの色』ってのも以前から気になってた。
(まぁ、RAW現像するならあまり関係ないかもだけど。)
ただし、動きはモッサリしているらしい。

DSCF0076_rc_R

うーん。と悩んでいるとRX100は後継のRX100M3以降ならEVFがあることが分かり、
どうせならRX100M3もイイかなーと思い始める。
そして、X100もX100S以降なら動きも速くなっているようだし、
X100T以降ならWi-Fiにも対応か……。

あれやこれやと悩んでいると、X100Tのお買い得品を発見。
色は、希望のシルバーではなくブラックだけど、何しろお買い得だ。
ってことで、ポチッとすることに。
そう!RX100M3と熟慮に熟慮を重ねて決めたのでなく、
出物が見つかってしまったので、X100Tに決めてしまった感が若干あるのだ。

しかし。

まだ使い始めて2日目だけど、結果としてX100Tのチョイスが良かったと思っている。

X100Tが良かった点。
・ハイブリッドビューファインダーが良い。
・質感が良い。
・レンズが面白い。

悪かった点は2点。
・メニューのレスポンスは若干モッサリ。
・操作系にクセがある。(違うメーカーを使っていたから当たり前ですけど。)

悪かった点は、あえて挙げればって感じなので、概ね満足ってことですね。
ただ、メニューは慣れるだろうし、多少モッサリでも機械を使っている感が楽しめてるうちは、
それほど悪いってこともないかな、と。
そういう事を言い出すと、SIGMA sd Quattroなんかはもっとモッサリしているし。
でも、そういう部分も楽しめるし、カメラは出てくる画が重要でしょ。
sd QuattroもX100Tも、気に入った画を出してくれるから良い。
そして、sd QuattroもX100Tも同じAPS-Cサイズのセンサーだけど、
X100Tは通常のCMOSセンサーなので、暗所性能が強い。
これは、本当にありがたいことなのだ。

DSCF0041_rc_R

そうそう、実は今日、RX100M3をヨドバシに行って触ってきたのですが、
AFもメニュー動作もレスポンスはすごく良いですね。
そして、EVFも格納式な割にはしっかり使えるEVFで良い。
RX100M3を買ってたとしても、不満は無かったでしょうね。
さすがSONY。これでも2014年の機種だってんだからスゴイよな。
でも、X100Tのような満足感では無いな。
満足過ぎることで不満が出そう。(撮らされてる感が出ちゃうかも。)

ってことで、2日目だけどX100Tはなかなか満足度が高かった、というお話でした。

春。
始まりの季節は、新しい風を連れてきます。
街には、徐々に色とりどりな花が咲き、人々のココロを明るく照らします。
そして、近所のサクラの気に目をやると……。

P1100608_rct_R

そこには、僕をじっと見つめる瞳が。

P1100610_rc_R

はじめまして。今日からよろしく。

P1100643_rm_R

初めて使う、富士フイルムのデジカメは、X100T。
今の時代だから出来たギミック満載のレンジファインダーコンデジは、
同じ単焦点レンズ搭載のコンデジ、RICOH GRとは違った方向に。

23mmの単焦点レンズは、APS-Cセンサーで35mm判換算35mmの画角。
換算28mmのGRよりも人間の視野に近いそれは、日常を切り取るのに最適か?
手振れ補正もないけど、明るいF2のレンズ。
絞り解放ではソフトに、絞ればキリリとシャープになる面白いレンズらしい。

P1100638_rc_R

操作系も、絞り、シャッタースピードとも、ダイヤルで直接指定出来て、
なかなか男心をくすぐるじゃんね。

さぁ、見せてもらおうか、フジのコンデジの性能とやらを。

先日、M.ZD100-400mmを持ってお出掛けしたのだけど、
近所の川で、カワセミさんを発見したのよね。
ちょっと遠かったけど、せっかくM.ZD100-400mmを持ってるチャンス、
『いっちょ撮ってみるか。』と、軽く撮ってみたのだけど……。

全然ダメ。

3M141543_rct

シャッタースピードが遅いとダメだろうと、ISO640で1/800秒を確保したのだけど、
微ブレっぽいシャッキリしない写真しか撮れない。。。
M.ZD100-400mmをちゃんと使えるように……鍛錬が必要だな。

午後、ちょっと時間が出来たので、お散歩カメラに。
今日のお供はゆるゆるに最適なPanaのGX7mk2。
そうするとレンズは、SIGMA Artの19mm、30mm、60mmの3本で。

P1100381_rfc_R

この3本、とってもコンパクトでお手頃価格。
でも、Artラインらしい良い描写をしてくれるので、お散歩カメラに良いのよね。

P1100583_rc_R

ってことで、花粉吹き荒れるお外にごぅ!
風がちょっと強かったけど、レンズ交換を楽しみながらのお散歩カメラ。
こういうレンズ交換時に、他メーカーよりも気を遣わなくても良いのが、
多くのマイクロフォーサーズのメリットよね。(気を遣わないといけない機種もあるけど。)
GX7mk2もSSWF(超音波フィルター)搭載で、花粉が舞ってる春でも、
身体を風下に向けて素早くレンズ交換すればOK!

P1100511_rc_R

このエントリーの上から、60mm、30mm、19mmなのですが、
それぞれの画角で、切り取り方を楽しめる良いラインナップです。
100mm超の望遠も欲しい気もするけど、制限も楽しさってことでね。

先日のお散歩カメラではsd Quattroの重さに腰をやられましたが、
それは、僕が普段からボヨボヨした生活を送っているからで、
sd Quattroのせいでは無いのよね。

SDQ_4458_rc_R

確かに、ある程度の重さはあるけど、
成人男子たるもの、2kgや3kgの重さであーだこーだ言ってはいかんのだ。

だって、sd Quattroの画質はホントに良い感じだし、
m4/3には無い「気持ち」を連れてきてくれるんだから。
そういう「気持ち」になりたい時には、ちゃんとsd Quattroを使うんだ。



しかし今は、SIGMAと言えばfpよね。
それでも、sd Quattroは良いぞ。変態な感じがたまらん。

今日から4日間。
場所をオンライン上に変えて、CP+がスタートです!

SDQ_4529_rc_R

って、休憩時間に少し覗いてみたりしたけど、
なんかオンライン上のイベントって、あんまり現実感が無いというか、
盛り上がりを感じないというか。。。

それでも、新製品発表とかあるだろうから、
あとで、もうちょっと見回ってみようかな。

今日の日中は、娘ちゃんとサイクリング。
もちろん、カメラも携えて行きますよ。
服は「レンズおたくTシャツ」をチョイスしてしまったので、
カメラはSIGMA sd Quattroを。

SDQ_4462_rc

ところが、1.4kg超えの望遠レンズAPO70-200mm F2.8も持って行ったので、
カメラバッグが重いよ、自転車漕いでると腰にくるよ。
その重さを差し引ける解像力を持ったレンズなのは良いことなのだけど、
夜になっても、地味に違和感が残ってるよ。。。

身体のことを考えてサイクリングをしても、レンズで腰をやっちゃうのはダメだから、
しばらくはクルマ移動でない場合、sd Quattroを持ち出すのはやめようかな。。。

SDQ_4439_rc

そして、今日はお天気だったこともあって、痒いのよ、目が。
ガッツリ花粉が舞ってる中を、快走しちゃったのだな。
目薬を持って行って、たまに差していたけど、やはりちゃんと目を保護しないとダメね。
ファインダーを覗くのに邪魔だから、メガネをせずにいたけど、
せめてメガネを着けていれば、少し楽だったかも知れない。。。

早朝、起きた時には若干曇ってましたが、
8時くらいには青空になってきたので、出掛けてきましたよ。
サクラを観に。

3M212092_rct

記憶を頼りにその地に向かうと、ちょろっと咲いてましたよ。

3M212082_rc

ちょろっとなので、風景的には撮れませんでしたが、
とりあえず、サクラを撮れました。
これで、火曜日が天気悪くても大丈夫。(笑)

今日、お天気だったから、ちょっと娘ちゃんとお散歩してみたけど……。

3M141299_rc

サクラには出会えず。。。
明日は、ちょっとサクラ探しにはイケなさそうだから、
次は火曜日の祝日かしら。。。

サクラ……桜……さくら……。

2月だから、品種によっては咲きだしてるよね。

3M141737_rc

緊急事態宣言が出てるから、遠出は難しいかもだけど、
この週末、僕はサクラを欲しているのだ。

だんだんと日没時間が遅くなってきて、今日は17:25。
ほぼ仕事終わりの時間だ。

P1100225_rc

もうちょっと遅くなってきたら、
仕事終わってから夕焼けを撮影したりできるな。

早く3月にならないかなぁ。

最近、SIGMAが本業を変えた?と言われるくらい、アパレルのリリースも多い。
これも、SIGMAグッズを求めるSIGMAファンがいて、そのファンも巻き込んでの
ブランドイメージ向上の一環になると思うので、個人的には大歓迎。

そして、そんなSIGMAのアパレルの本命ともいえる「レンズおたくTシャツ」が
2月10日、満を持して発売されました。

3M161908_rc

このレンズおたくTシャツは、SIGMAの代表取締役社長 山木氏が
2018年のCP+で着てプレゼンテーションを行ってから、
ずーっと発売を望むファンの熱い思いにSIGMAが応えた商品。

元々はアメリカの会社が作ったTシャツなのですが、
販売許可を得たうえで、意匠を少しSIGMA流にアレンジした一品。
発売までの調整は、思ったよりも大変なことだったのかと思われます。

しかし、このTシャツでさえも、SIGMAがユーザーの声を良く聴いて、
製品に反映させるという姿勢の表れとも言える、というと言い過ぎかしら?

あまり使っている方はいないかも知れませんが、
記事のタグがややこしいので、少し修正しました。

SDQ_4214_rc_R

従来は購入した順番もあって、
SIGMA Art **mm F2.8 DC DNのシリーズは、SIGMA**mm、
SIGMA Contemporary **mm F1.4 DC DNのシリーズは、SIGMA_C**mm、
とかと表示していて、それも変だったのですが、
ここにきてSAマウントのSIGMA Art 30mm F1.4も登場したことから、
SIGMA系は、「SIGMA_ラインの頭文字・焦点距離_マウント略称」とすることにしました。
なので、SAマウントの30mmは、「SIGMA_A30mm_SA」、
マイクロフォーサーズマウントのArt30mmは「SIGMA_A30mm_MFT」となります。

併せて、フォーサーズのレンズはED**mmとかって表記にしていましたが、
マイクロフォーサーズのレンズはM.ZDで始めているので統一しました。
フォーサーズのレンズはZD**mm[特記事項]としました。
特記事項にはMacroやSWDなどを表示します。

まぁ、ホントに使わない人が多いと思いますし、
初期の頃はタグ付けてないので、テキトー感がありますが、
「変更しました」というお話でした。

ちなみにタグは、そのエントリーに掲載している写真を撮った機材を記載していますが、
エントリーで話題にしている機材に対しても記載しています。

今日は、待ちに待った献血デー!
朝、早起きして、自転車で行ってきましたよ。
駅5個分をチャリチャリ頑張って走りました。
家を40分前くらいに出たのですが、到着時間はギリギリで。
自転車って、もっと早く走れた気がしてたけど、
5段変速できても、所詮20インチの折り畳み自転車だから、
そんなにスピードでないってことね。

そして、ギリギリに到着したもんで、予約時間には心臓バクバクで、
すぐに採血に移れず……。しばらく休憩を余儀なくされました。

SDQ_4203_rc_R

400ml献血のし過ぎで、今日は成分献血しか出来なかったんですが、
確認してみたら成分献血は、約一年振りだったんですよ。

普段、成分献血の時には、一時間ちょっと掛かるので、
マンガを読みながら献血終わるのを待つのですが、
新型コロナの影響で、マンガの貸し出しが制限されていて、
ひたすら王様のブランチを観て待つことに……。
LiLiCoさんの話を聞いていたら、
「最強のふたり」と「ノッティングヒルの恋人」の映画を観たくなりました。

献血は問題なく終わって、さあランチ!
ランチはちょっと写真が楽しいお店がイイかな、と探してみて、
裏通りにあるイタリアンにしました。

SDQ_4239_rc_R

チョイスしたのは、イカと明太子のパスタ。

SDQ_4241_R

もうちょっと可愛い見た目のモノにしようかと思ったけど、
苦手なチーズ系が多かったので、無難にしました。
パスタがモチモチ、イカがプリプリしてて、美味しかったです。

そして、食後のドルチェはパンナコッタのベリーソース。

SDQ_4275_rc_R

これも、粉糖の甘みとベリーの酸味がマッチしてて、
かなり美味しかったです。

店員さんに、今日の相棒『SIGMA sd Quattro』を
「素敵なカメラですね!」って褒められて、良い気分だったので、
望遠レンズ含みで3kg超のちょっと自転車で持ち歩くには重いセットだったけど、
良しとしようと思いました。

明日は献血に行くけど、それだけじゃアレだよな。

5M318059

ってことで、寂しく路地裏のお散歩カメラでもしようかな。

いつの間にか、2台になった防湿庫も結構いっぱいになっていて、
機材の整理?とか思うんだけど、それぞれに残したい理由があったりして、
結局、整理は進まないってのは良くある話よね。

そんな1台が、Panasonic LUMIX GM1。

製造は2013年と、かなり古いカメラなので高感度耐性も良くなく、
初期のPana製品なので手振れ補正も無く、機能的にはそんなに凄いものではないけれど、
ともかく小さい、軽い。
手のひらサイズのレンズ交換式一眼カメラですよ。

P2170471_rc_R

荷物を少なくしたいから一眼を持って行くにはちょっと・・・という時でも、
LUMIX G14mmF2.5レンズと組み合わせれば、カバンやポケットにすっぽり入る、
GRのような気軽な単焦点スナップシューターに。

一応、Wi-Fiでのコントロール、画像転送にも対応している点は、
かなりポイント高いですね。すぐにスマホからシェアできちゃう。

予備のボディとして、カメラバッグの隅に入れておいてもOKよね。
OLYMPUS AIRちゃんほどではないけど、
モバイルバッテリーくらいの大きさだから、邪魔にならない。

なにより、小さいカメラは圧迫感が無いので、
子供を撮ったりするのにも、自然な表情が期待できちゃう。



そう、軽く小さいことも良い写真を撮るための性能の一つだよね。

望遠レンズでの撮影に「印象操作」との苦情も カメラマンの本音

『望遠レンズの圧縮効果』で、実際よりも混雑しているような印象を受ける写真。
良くある印象操作で使われて、一般の人でも徐々に知られてきた現象。

6L170359_rfc


この『望遠レンズの圧縮効果』を使えば、花壇にズカズカ足を踏み入れずとも、
花壇の間の通路を使って、花に包まれた写真が撮れるのに、
未だに、柵を越えて花壇に入ってく人がいるのがシンジラレナイヨ。

5E023029_rc

↑の写真では、子供は花壇と花壇の間の1メートル弱の通路に立っています。
それを、望遠レンズで離れたところから、少し低い姿勢で撮影すると、
あら不思議。というわけです。

もっともっと、一般の人がこの効果を記念写真に使うようになると良いな。

SIGMAがSAマウントの開発終了を宣言し、
オサレに敏感な人たちがfpで撮った写真で盛り上がっている最近。
Twitterでも話題はfpのことばかりだぜ?

確かに、コンパクトで高画質なフルサイズ機、SIGMA fpは良いカメラ。
僕も、sd Quattroに手を出す前に、キッカケがあったら逝ってたかも知れない。

しかし、僕はsd Quattroを選んだ。
Foveonセンサーを選んだ。
だから、ちょっとfpで盛り上がっている人たちに「良いなぁ」って思いつつ、
sd Quattroの写真を楽しむのだ。

SDQ_3976_rc_R

ほれ、Foveonはこういう画が撮れるんだぜ?

AppleWatchに最初から付いているベルトは、
耐久性はありそうだけど、かなりカジュアルなモノ。
汗やマリンスポーツにも負けないと思われるが、スーツに合わない。

3M051201_rfc

ってことで、早速ベルトを金属製のものに交換してみました。
これでスーツでも使ってOKな感じでしょう。
とは言え、普段から腕時計を着け慣れていない僕は、
AppleWatchと言えども、ちょくちょく外してしまいそうな予感……。

心拍数などの情報を記録したり、
スタンドリマインダー(時々、椅子から立ち上がるように通知)するには、
ちゃんと着けとかないとダメなんでしょうね。。。

新型コロナな年始は、店頭での福袋販売は抑え目だったのかしら?
買い物も必要最低限な時間でパパッと済ませて、
あれこれ見て楽しむ感じじゃないわよね。

そんな年始、僕は奥さんのスマホ機種変更に絡めて、
Appleの初売りに乗っかってみましたよ。
福袋的なモノではないですが、iPhone購入で6000円分のギフトが貰えるのだ。

ってことで、奥さんのiPhone購入でゲット出来た6000円分のギフトを使って、
AppleWatchをポチッてみました。

3M041125_rc

って言っても、最新モデルではなく型落ち低価格なSeries3。
血中酸素飽和度を測れたりするSeries6のように凄い機能はありませんが、
iPhoneを出さなくてもメールなどの通知が確認出来たりするのは便利そう。
ボイスメモや計算機も、思いついたときにすぐ使えれば、きっと役に立つでしょう。

3M041145_rc

って、使いこなせるのかなぁ。。。

さて、『2020年お気に入り写真ベスト10!』の次は、
『2020年買って良かった物ベスト10!』ですよ。
色々ポチッてますねぇ。。。

■第10位:Potensic T25
10
2020年が新型コロナの影響で、お出掛けしづらくなってもんで、
引きこもりがちになりそうなのを解消すべく、一人で楽しめる遊びを、ということで、
白羽の矢が立ったのがドローン。
ちょっと興味があったものの難しそうって思っていたけど、
実際にポチッて飛ばしてみると、適度に優しく適度に難しく、
結構楽しめる趣味となりました。
そして、このT25で実際に使ってみての問題や改善したい点を考えていくうちに、
さらなる投資に繋がっていくのでした。。。

■第9位:ダッチオーブン
9
ここ1〜2年、アウトドアに興味が出てきたどこ家族。
外で肉を焼くだけじゃなく、肉と一緒に炊き立てご飯を味わうために、
ダッチオーブンを導入しましたよ。
実際にご飯を炊いてみると、これがとっても美味しく炊けてGood!
やはり美味しいお肉には、美味しいお米が必要よね。

■第8位:OLYMPUS OM-D E-M1Mark3
8
今回、E-M1Mark3の導入は、更新時期による理由が大きく、
あまりワクワク感は無かったものの、その機能は正常進化をしていて、
手持ちハイレゾやライブNDも出来る良い子です。
ただ、もっとワクワク感が欲しかったなーとは思いましたね。
なので、8位。

■第7位:Pentel pianissimo
7
仕事でも普段からシャープペンを使うのですが、昔大好きだったpianissimoが使いたくて。
全然見つからないから廃番になったんだろうなと思っていたとこに、
このpianissimoが好きでぺんてるに入社した人のnoteを読み、
その後、再販決定を聞いて、小躍りするほど喜んじゃいました。
もう再販分も売り切れたみたいですけど、3本押さえておきました。

■第6位:OLYMPUS M.ZD ED100-400mm F5.0-6.3 IS
6
なんでここまで発売に時間が掛かったのか……。
マイクロフォーサーズの利点を最大限活かせる小型軽量の超望遠レンズ。
単体で35判換算800mm、2倍テレコン使って1600mmがこの大きさに!
ホントに、OM-D E-M1と同時発売するくらいだったら、
マイクロフォーサーズのシェアも、もっと伸びてたんじゃないかなーという一本。
F値が暗いので、使えるシチュエーションは選びますが、
テレマクロもこなせて、良いレンズです。

■第5位:折り畳み自転車
5
娘ちゃんが、最近自転車に乗るのが好きなこともあって、
一緒にサイクリングも出来るし、良い運動にもなるし、出先での移動にも便利そうってことで、
再び折り畳み自転車をポチッと。
通勤で使うワケではなく、使用頻度がそんなに多くなさそうだったので、
中古を購入しましたが、以前持っていた折り畳み自転車よりも折り畳みしやすく、
ちょこちょこクルマに乗せて出掛けています。
やはり、自分で身体を使って移動が出来る、小回りも効くってのが楽しいですね。

■第4位:OLYMPUS M.ZD ED12mm F2.0
4
オリンパスオンラインショップでのポイント失効直前に、悩みながらもポチった一本。
他の色んなレンズと画角は被りまくるし、ホントに良いのか?と思いましたが、
実際に使ってみると、これがとっても楽しい!
夏に導入したM.ZD100-400mmと比較して、使いやすいのが良いですね。
小さく軽く、寄れる広角。質感も良くてヘビロテ確定ですね。

■第3位:DJI Osmo Pocket
3
流行っているVlogをやりたいわけではないですが、
ドローンでの空撮時に操作関係の記録を残したり、
家族でのお出掛けの時に、ブレの少ない動画を残せたら……と思って、
ポチッとしてみました。
そして、本体だけでもキレイに撮れるのですが、周辺機器も充実してると良さそう、と、
スマホと接続したときに固定できるホルダーや外部マイクアダプターやら、
簡易照明やコントローラーホイールなどなど、色々集めちゃいました。
でも、何か公開するのか?というと、予定が無いという。。。
来年はYouTubeチャンネルでも作る?(笑)

■第2位:Apple iPhone SE(第二世代)
2
これは、思っていた以上の便利さがあったな、と。
それまで、microSDも使えず、戻るボタンも無く、謎の上から目線を感じるCMから、
なんとなく避けていたiPhoneだったのですが……。
今年、Androidに魅力的な機種が無く、性能と価格が凄く良い感じだったので、
思い切って逝ってみたのですが、これが本当に良かった。
ドローンをはじめ、他の機器との接続がとってもスムーズ。
Androidは不安定なことが多かったので、それだけでもiPhoneにして良かったな、と。

■第1位:DJI Mavic Mini Fly More Combo
1
今年、一番楽しめたアイテムは、文句なくコレですね。
先に買ったPotensic T25で不満だった飛行安定性は飛躍的に向上、
ジンバルによるブレのない空撮動画は、T25とは異次元のモノでした。
飛ばせる場所は今でもアレコレ悩むので、気軽には飛ばせないですが、
2020年で一番買って良かったモノなのは間違いないですね。

さてさて、やってきました『今年お気に入り写真ベスト10!』
今年は、新型コロナの影響でお散歩カメラが思うようにできず、ツラい一年でしたが、
そんな年でも何回もシャッターは切ってたようです。

では、今年の10枚、いってみましょう!

■第10位:雪桜。
10
3月に東京に大雪が降った時に、みんなが撮ったであろうサクラに積もる雪。
僕も、当然行ってみるわけですよ、買ったばかりのE-M1Mark3で。
防塵防滴対低温祭りで、楽しくなっちゃってましたね。
全身+カメラは雪でずぶ濡れでしたが、流石のOLYMPUS。気にならなかったですぞ。

■第9位:エリンギ。
9
ある夕方、空にすんごい形の雲が!
こういうのを見た時って、通勤中で撮れないことが多いんですけど、
たまたま撮ることが出来たんで、嬉しくて。
自然現象、すげー。

■第8位:Heart。
8
M.ZD100-400mmは、寄れるレンズ。
テレマクロが楽しくなるレンズってことで、公園でパチッとした一枚。
可愛い二つのハートをパステルちっくに撮ってみましたが、
暗いレンズで日陰だったので、ISOを高めにして画質はイマイチ。
ま、可愛く撮れたから良いのだ。

■第7位:金色の朝。
7
夏、義妹ちゃん家族と一緒に山中湖キャンプ。
その朝、赤富士目当てに湖に行った時に撮った一枚。
赤富士も良かったのですが、撮ってみるとなんか平凡な感じがしてしまって。
富士を背にしてみると、朝陽にキラキラ輝く湖面。
そして朝の空気にはばたく白鳥。
キレイな瞬間だったなぁ。

■第6位:おぉ、寄れる。
6
M.ZD100-400mmでのテレマクロは、本当に良い感じ。
1mくらい先のイチモンジセセリもこんなに大きく。
春になったら、色んな花マクロに使うのが楽しみです。

■第5位:光を捉えて。
5
昨年買ったSIGMA sd Quattro。
気に入ってはいるものの、持ち出す頻度はそれほど多くもなく。。。
でも、いざ持ち出せば、とっても良い描写・解像をしてくれるんだから、
もっと持ち出さなければです。
真面目な写真を撮りたいときには、最適な機種に違いないんだけど、
レスポンスと実質ISO100固定ってのが、躊躇してしまう原因。

■第4位:光注ぐ。
4
娘ちゃんとの三浦・城ヶ島お散歩での一枚。
防波堤から沖を見ると、ぶっとい天使の梯子が降りていて、
なんだか神々しかったですねー。

■第3位:夕陽に想う。
3
三浦で一日楽しんだ後、帰ろうとしたら、夕焼けが綺麗だったもんで、
近くの海岸に寄って撮影したのですが、ちょうど出てきた猫さんがモデルを買って出てくれて。
夕陽を見てるシルエットは、なかなか素敵な写真になったんじゃないかと。

■第2位:金婚式を迎えて。
2
両親が金婚式を迎えたもんで、伊勢旅行をプレゼント。
かの有名な夫婦岩をバックに、手でハートを作ってもらいました。

■第1位:ビルの街でガオー!
1
1月、まだコロナが猛威を振るう前、お友達に会いに神戸へ一人旅。
2日目の朝、念願の鉄人28号の前でジャンプ!
この後、お友達とお散歩カメラ、そして夜景撮影も楽しんで、夜行バスで帰京。
神戸牛は食べ損ねましたが、楽し過ぎた、夢のような2日間でした。
新型コロナの猛威が落ち着いたら、また行きたい!



ってことで年々、画質や技術を追わなくなってきている気がする。。。


『2020年お気に入り写真ベスト10!』に参加している方はコチラ!
Moto's Power Blog
kaiyu日記帳


OLYMPUS AIRちゃんのアプリが無くなったら、
使いづらさMaxになって、全国で暴動が起きるかと思ったが、ふと思い出した。

3Dプリンターで作られた、このアイテムを使えば、スマホ要らずじゃん!
IMG_2813

でも、やはり電池残量も分からんし、ピント位置も分からんし、
色々不便ではあるな。

ホントに、OMデジタルソリューションズからアプリ公開し直して欲しい。
まだAIRちゃんユーザーは沢山いるのだ!

届け、この声!

オープンプラットフォームカメラOLYMPUS AIR A01 用アプリ配布終了のお知らせ

とりあえず、いきなり過ぎでしょ。
今日以降、ダウンロードもインストールも出来なくなるとか、
すごいクリスマスプレゼントだよね。

5M258017_rc

アプリが無いと、どうにもならんカメラなのに、
こんな事するかねぇ。

「ご心配とご迷惑」って、「心配」どころの騒ぎじゃないのでは?
せめてそのままAppStoreに置いといてくれよー。

あ、改めてOMデジタルソリューションズからリリースするのか?
どうなんだろ???

先々週、寒川取水堰の写真も撮って、ダムカードゲットと思ったのですが、
どうも寒川取水堰も、自分が写っている自撮り写真が証拠に必要らしい。

ってことで、20日の日曜日。
今度は偶然ではなく、準備万端で寒川取水堰に行ってみましたよ。
天気が良かったから、M.ZD12mmの試写も兼ねてね。

5M207873_rc_R

青が良い感じに出ると聞いていたけど、良いですねぇ。
もちろん、RAW現像するんだから、撮って出しjpgの色は
多少イメージ通りでなくても良いのだけど、
ファインダー覗いている時の感覚としては、気に入る色であって欲しい。

5M207795_rc_R

抜けが良いって評判のレンズだけど、ホントにそういう感じ。
こういうレンズを作ることもまた、「オリンパスブルー」の一つなのかも。

遠景の解像は、思ったよりもマイルドでカリカリではなかったのですが、
色も質感も、サイズも軽さも、撮ってて楽しい。



買って良かった。









ってことで、自撮りも撮ったので、後は相模川水系ダム管理事務所に行くだけだ。
平日だけだから、28日月曜日にでも行ってみようかな。

オリンパスが映像部門を分社・事業譲渡することになり、
どこよりも安く新製品が買えた、フォトパス会員&ポイント制度が無くなることに。

フォトパスに代わる会員制度は新しく始まりますが、
ポイントについては、この12月で無効になると。。。
もう、何万円分ものポイントがあったのに!って嘆く人も多かろうて。。。

僕も、その一人。

とは言え、発売を待っていた100mmマクロは未だ登場せず、
失効するポイントを使うために買うモノなんてないじゃん。
って思っていたのですが……。

その時、心に瑞光が射した!

P1080125_rc_R

そして光の中から現れたのは、M.ZD12mm F2.0。
35mm判換算24mm、解放F値はF2.0の広角レンズ。
ZUIKO Premiumラインのレンズで、比較的初期(2011年7月22日)に発売されたレンズです。
M.ZD12-40mm F2.8 PROもあるし、一段明るいからと言って12mm単焦点が必要か?
スナップショットフォーカスなんて、使うのか?
とか、ちょっと考えたけど……ポチ。

P1080111_rc_R

画角的には、結構使っている画角だし、小型軽量で画質が良いなら、
ズームに頼りたくない時や、星撮りとかにも使えそうだ。

P1080117_rm_R

デザイン的には、E-M1Mark3よりもE-M5Mark2に合うので、
ちょっとE-M5Mark2を中心に使って、試写してみようかと思って、
先日の土日は、ヘビロテしてみましたよ。
土日の日記には、既にM.ZD12mmで撮った写真も使ってます。
(タグは付けてないけど、EXIFは残しているので、気付いた人もいる?)

P1080121_rc_R

なかなか空が気持ちいい色に撮れるし、最短20cmまで寄れるのも良い。
何しろ、カメラがコンパクトになるのが、気持ちいい。

P1080127_rc_R

基本的にマニュアル露出で撮る人なので、
絞り優先モードに適しているスナップショットフォーカスを使うのは、
「使うぞ!」って思わないと使わないことになりそうだけど、ま、いいか。

このレンズが、ただポイント利用のためだけのレンズってことではなく、
僕の「瑞光」になってくれたら良いな。

深セン製の光みたいだけど、そこは目を瞑ろう。

曜日の話ではないですよ。
今宵の空は、細い月が綺麗だなーと思っていたら、
月の右側に土星と木星が!

P1080110_rc

M.ZD45mmF1.8じゃ、そんなに大きく写らないし、
三脚も無いので、ちょっとテキトーですが、とりあえず写っている。

なんだか得した気分ですな。

今日は娘ちゃんも早起きして、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に
海に遊びに行こうとしていたのですが、おじいちゃんは体調すぐれず欠席に……。
おじいちゃんの体調を気遣ってたけど、娘ちゃんはちょっと悲しみ。

SDQ_3868_rc

おじいちゃんを連れて行きたかった美味しいランチのお店、今度は一緒に行けると良いね。

DJI_0408_rc

そして、MavicMiniでの静止画撮影。
基本的には悪くないんですけど、やはりRAWでいじれるともっと良いのになって思う。
新型のMini2では対応しているんだから、ファームウェアの更新とかで対応してくれないかしら。
いやいや、RAWを目当てにMini2に買い替える層もいるだろうから、
MavicMiniは、このままjpegだけになっちゃうかな。。。

ちょっと残念だ。

先日、ハードオフ(リサイクルショップ)に行ってカメラコーナーを覗いてみたら、
そこで「これからカメラ始めます!」みたいな女子がカメラを見てたのね。

OLYMPUSコーナーを見ていたので、どの機種をチョイスするのか、
非常に気になって見ていたんですけど、E-300のレンズキットをガン見してたのよ。
どの機種にもない、すごいフォルムが刺さったのかも知れないけど……。

3M060184_R

その機種は、今の時代、最初の一歩に相応しいかと言われると、
僕は「否!」と伝えたかった。
価格差はあるけど、隣のOM-D E-M10Mark2にしておこうよ、と。

E-330だとライブビューにも対応しているけど、E-300だからなぁ。
コダックセンサーが欲しいのか?いや、そんな様子でもない。。。

こういう時、どうにか話を聞いて適切な機種をお勧めしたくなるけど、
僕には、そんな権利はなく。。。そんな立場でもなく。。。

モヤモヤした気持ちで、その場を後にするしか出来なかった。

OsmoPocketで、ジンバルスムーズな動画が撮れるようになったが、
そうなると、どうやると快適に動画が撮れるかが問題になる。
ということで、ちょっと考えてパーツをポチポチッ。

3M060125_rc

まずは、スマホとOsmoPocketをドッキングした状態で、
両方をしっかり保持できるスマートフォンホルダーセット
E-M5Mark2で動画撮るときにと購入していたマイクも、
スマホホルダー上のコールドシューに着けられて便利。
ホルダー下には三脚用のネジもあって、
OsmoPocketを置いての撮影も快適です。

3M060163_rc

そして、外部マイクを接続するためのオーディオアダプター
ウインドスクリーン(マイクに被せるスポンジみたいの)付きの外部マイクを使えれば、
風切り音も低減できるぞ。

3M060172_rc

そして、ミニ三脚を畳んで持てば、短い自撮り棒的になる。
まぁ、自撮りというよりはより動画を安定させるのに、
直接本体を持つより良いかな、って感じです。

ということで、快適に動画を撮るための環境が出来つつあるぞ。



ん?何の動画を撮るんだろう?

一年があっという間。
去年の今頃は、転職前で前の会社とドタバタやってた。

SDQ_2138_R

そして、sd Quattroを手に入れたのもこの時期だ。
すっごいOLY機とテンポが違って、それが楽しくて。
3:2の画角も新鮮。

そう、楽しい12月だったのだ。
だから、この12月も楽しくするのだ。
やること、遊べるアイテムは、たくさんなのだ。

でも、もっとお友達と会いたいよなー。
遊べる人居ないかね?

この土日、E-M1Mark3をちょいちょい使ってみた。
レンズもちょこちょこ替えてみた。

3M290095

レンズはずっとキチンと認識して、故障の症状は出なかった。
次の週末も、念のためE-M1Mark3を中心に使って動作確認しなきゃだけど、
これだけ安定していれば、大丈夫そうかな。。。

帰ってきました、E-M1Mark3。
結局、オリンパスの修理部門でも、現象再現せず。
しかし、何千回もレンズを交換してきたから、
交換時の所作に問題はないと思いますし、そもそも他のボディでは一度もない症状。
ってことで交渉のうえ、関連部品を交換して返却と相成りました。

5M267385_rc_R

添付されていた修理票には、関連部品交換とは書いてあるけど、
交換部品一覧には一切記載がなく、シャッター回数も15000回以上になっていることから、
ISユニットの交換にはなっていないから、電子接点のピンの辺りを交換したのかしら。。。

とりあえず、週末にあれこれ撮って、直っているか確認しなきゃな。

月曜日の娘ちゃんとの海カメラ。
天気が良くて日中は青空だったし、
雲が出てきた午後も、天使の梯子が見られて、
凄く良かったのよね。

5M237266_rc_R

しかし、帰宅時間を考えて夕暮れ前に現地を出発したら、
西の空が良い感じに焼けてきて。。。

5M237380_rc_R

仕方無く、山の中からの写真になってしまったけど、
ホントにこってり良い朱の時間でした。


が。



晴天を褒めるなら夕暮れを待て。




海辺で夕焼けを見てから、出発すればもっと良かったな。

三連休は、習い事もあって大したお出掛けが出来なかったのですが、
最終日の今日は、娘ちゃんと海方面に出掛けてきました。
近場で海となると、江ノ島か三浦半島か東京湾方面になるんだけど、
今日のチョイスは三浦の城ヶ島。
お散歩カメラして、旨い海鮮を食すのだ!

で、クルマでびゅーんと走ること1時間半ちょい。
三浦は城ヶ島に到着。
最初の目的地は、いつぞや派手に波を受けていたのを楽しく撮影した
安房崎灯台ですよ。
波の様子は日で変わるだろうけど、あれを娘ちゃんに見せたくて!
公園駐車場にクルマを入れて、公園内をズンズン進む。

途中、海岸に降りるルートを確認すべく、
案内図を見ると灯台の場所が白テープで隠されていて。。。
「なんで、こういう悪戯するかな。」

5M236637_rc_R

と、ちょっとむむーとしたけど、降り方が分かったのでさらに進む。

そして、灯台のある海岸への階段を降りていくと……?
あれ?灯台がない。。。
びっくりですよ。撤去されてたですよ。
そかー、それで案内図に白テープだったのか。。。
そして、風はすごい強風だったものの、波は穏やかだったので、
灯台があった跡地まで、娘ちゃんとへっぴり腰で岩場を進み、
灯台跡から海を撮影して、撤退です。うむー、もっと早く連れてくれば良かった。。。

5M236772_rc_R

そして、次なる目的地は馬の背洞門。
ここは、娘ちゃんの好きな、仮面ライダーの撮影とかで使われる場所で、
ゲーム「仮面ライダークライマックスヒーローズ(PS2)」でも、
戦いの舞台になっている場所。

5M237032_rc_R

灯台のある海岸から一度公園まで階段を登り、
公園と駐車場を抜けて、ズンズン進むと15分ほどで到着。
こちらは徐々に風化していってるのかも知れませんが、とりあえず健在。

急な階段をひょこひょこ降りて、振り返ると、さすがの迫力です。
早速、お気に入りの変身ベルト、ダブルドライバー(仮面ライダーW)を着けてパチリ。
これで、今日のお散歩カメラの目的はほとんど達成したような気分だ。

5M236876_rct_R

しかし、気付くと時間は13:30を回っていて、お腹がぐーぐー。
空腹と疲れで足の上がらない親子は、どうにかこうにか階段を昇って、クルマに戻ると、
海鮮を目指してごぅ。ごぅ。

そして、今日は濱田屋さんでランチすることに。
ちょっと行列はあったものの、ランチタイム終わりかけな時間なこともあり、
あまり待たずに店内に入れました。

5M237086_rc_R

そして、今日のチョイスは日替わり定食。三崎と言えば外せないマグロの他、
有頭エビ、イカ、タコ、サザエの刺身も乗って、1600円。
脂の乗ったマグロは、舌の上でとろけるようだったし、
エビも甘くてぷりぷり、ウマウマですよ。
ご飯のおかわりは、100円追加でしたが必要でした。

娘ちゃんは、色々パパの真似をしてる感じで、
撮り方とか考えてパパにポージングを指示したりして、
撮影も楽しかったようですが、岩場を歩き回るのも楽しかったようで、
また近いうちに来よう!と、城ヶ島がお気に入りの様子でした。

5M236731_R

僕的には、安房崎灯台が撤去されていたのがなかなかショックだったので、
今度来るときは、何を目当てにすれば良いのかとも思いましたが、
それこそ、海鮮目当てでも良いか。
娘ちゃんが楽しんでくれれば、それが一番だし。

オリンパスオンラインでE-M1Xが19万円台になっている。。。
インテリジェント被写体認識AFが使えるE-M1Xが。
E-M1Mark3よりも安くなっていないか?

SDQ_3764_rc_R

ちょっとココロが揺れそうだったけど、
やっぱり重いのは嫌よ。
でも、最初っからその価格だったら、E-M1Mark3買う前だったら買ってたかもなぁ。

今は売り切れのようだけど、在庫が補充されたら、
気になる人はポチッとしておくと良いですよ。

最近、ドローン飛ばしたりするようになって、その操縦の記録を残したくなったのね。
で、iPhoneやiPadの画面録画も有効だったんだけど、
画面だけじゃなく、ドローンが飛んでいる様子も、多少記録したい。

そして、ドローンを使うようになって改めて思ったのが、画像安定の重要さ。
手振れ補正はもちろん、水平も保って動画を撮ることで、格段に見やすい映像になる。

P1070775

ってことで、掘り出し物をポチっ。
MAVIC miniと同じDJIの、OSMO pocketを導入しましたよ。
残念ながら最新の2ではないけど、そこは我慢で。
これを使って、何かを使う時の検証動画とか、簡単に撮れるかな。
今のところvlogするつもりは無いけど、有効活用したいと思う。

昨日、オリプラでE-M1Mark3を預けて、帰宅しようとしたのですが、
時間が半端になったので、隣の駅まで歩くことにしたのです。
久し振りのお散歩カメラ。

SDQ_3684_rc

手には、sd Quattro+SIGMA Art 30mm F1.4。
これがまた楽しいワケですよ。
カメラのレスポンスも普段と違うし、3:2の画角も面白い。

SDQ_3759_rc_R

色も、SIGMA fpで人気のティール&オレンジをチョイスして、
テクテク、パシャパシャ。

SDQ_3752_rc_R

あっという間に一駅歩いてしまったけど、軽い運動にもなったかな。
そして、sd Quattroとも良い会話が出来たような気がする。

昨日も不機嫌極まりなかったE-M1Mark3。

症状は使用中に突然、レンズが認識しなくなること。
M.ZD12-40mmPRO、M.ZD12-100mmPRO、M.ZD40-150mmPRO、
M.ZD100-400mm、SIGMA_C16mm、C30mm、C56mmと、多岐にわたり、
レンズ側、ボディ側の端子の清掃でも改善せず。

SDQ_3679_rc_R

そりゃー、事前治癒能力がないE-M1Mark3だから、修理に出すしかない。
少しでも早く戻ってこれるように、新宿のオリプラに持ち込みました。
今月下旬に修理センターとカレッジ、プロサービスがある17Fは移転になり、
B1Fのショールームに統合となります。
最後の17F訪問ってワケですね。

SDQ_3681_rc_R

そして、担当者に症状を説明し、再現するか試してもらったのですが、
先方の簡易テストでは再現しないとのこと。
そのせいもあって、何度も「未修理返却になる可能性が高い、使い方の問題の可能性が高い」と、
繰り返し言われて、ちょっと嫌な気持ちに。。。

レンズを操作するときに、レンズリリースボタンを押してしまい、
レンズがずれたりして通信が出来なっているのでは、とのこと。
そんなズームリングやピントリング動かすときに、レンズリリースボタンには触れないし、
レンズ交換だって、しっかりピンが固定になってるの確認してから使うし。
そもそも今まで何年もカメラ使ってきて、このE-M1Mark3にだけ変な使い方しないってばよ。

SDQ_3682_rc_R

とりあえず、それで返却されても困るので預けてきましたが、
再現しないって連絡があるのかしら。未修理で返却されるのかしら。

困っちゃうな。
オリの修理、スッキリ解決しないことも多々あるからなぁ。。。

とりあえず、12月まで入院です。


戻ってくるまでは、sd Quattroでも中心に使ってみようかしら。
今日のお散歩カメラでも、Art30mmF1.4一本で、なかなか気持ちの良い写真が撮れた。

今日は、義妹ちゃん一家の七五三のお祝いで、
撮影を担当してきましたよ。
一生に一度のお祝いの撮影なので、撮影の依頼はかなりの緊張をしましたが、
引き受けたからには、今までの経験を活かしてやるしかない、と。

P1070612

で、今日はピーカン、神社は南向きで日陰少なし、と、
思った以上に困難なシチュエーションでしたが、良さげな写真は何枚か撮れたようので、
どうにか使命は果たせたはず。。。はず?
って、まだざっとサムネイル画像で見ただけなので、
これから現像しながら、細かいチェックをしつつ、
反省会の日々が始まることでしょう。(笑)


そして、E-M1Mark3は今日も不機嫌で、途中から使い物にならず。
E-M5Mark2、GX7MK2も持って行ってたので、常に2台体制に出来て良かった。
子供は動きが早いから、中年が使う単焦点では1台で追うのは無理!!!

ってことで、明日、入院措置を取ろうと思います。ぷんすか!

明日、親戚の子の七五三の撮影を頼まれたのだが、
人物の撮影って、すんごい久し振りな感じがする。
そして、E-M1Mark3は機嫌が悪い。
とは言え、位相差AFの撮影テンポは欲しいから、一応メインで使うつもり。
でも、正副予備の3系統、カメラは持って行くですよ。

3M111370

色々久し振りな気がするので、大丈夫だろうかと不安が積もる夜更け。

このページのトップヘ