どこ日記。

カテゴリ: ダム探訪。

先日の道志ダム訪問。

道志ダムではカードを配布していないので、
今日、改めて津久井湖記念館に行って、ダムカードを貰ってきました。

2R155023_rfc_R

でも、せっかく津久井湖まで行ってカード貰うだけじゃ……。
ってことで、夕暮れの湖を撮ってみたのですが、
今日も空の焼け具合がイマイチ。

DSC_0082

とは言え、朱の空を映した湖面に浮かぶスワンボートは、
とってもキレイでした。

もうお気付きだと思うが、少し僕の中ではダムブームが来ている。
その理由の一つが『ダムカード』だ。
国土交通省と独立行政法人水資源機構が管理しているダムでは、
ダムカードというカードを配布している。
まぁ、ダムの紹介文と写真が入っているコレクターアイテムみたいなもの。

先日、宮ケ瀬ダムに行った時に、その存在を知ってから、
ちょっと集めたくなっているのだ。
以前から書いている通り、自宅から行けるダムが結構多いので、
まずは10枚を目標に、集めてみようかと。

_lr-2_R

で、今日の午後。
時間が出来たので、一番近くのダムにカードを貰いに行ってみた。
何度も訪問している津久井湖の城山ダムだ。
ダムの上を国道が通っていて、その先に相模湖や道志村があるので、
結構交通の便が良く、行きやすいダムなのだ。



_lr-3_R

で、ダムカードを貰ったら帰ろうかと思ってたのに、
事務所のお姉さんが、こう言うんです。
『他のダムにも行きましたか?近くだと本沢ダムとか、道志ダムとか。』

で、本沢ダムへは年末行った時の写真があったので、
それを見せると、本沢ダムのカードも貰えました。
そして、囁くんです。
『道志ダムへは45分位で行けますよ。』

2R093420_rc_R

気付いたら道志ダムの前で、いつものピョンピョン写真を……。

2R093400_rc_R

道志ダムは、かなり小さめのダムで、駐車場すらない。
しかし、その造りはちょっとおしゃれな感じで、味わい深い。
ここもダムの上に道が通っているのですが、バルコニー的なでっぱりがあり、
そこから下を見ると、放流口からの水流を見下ろせるようになっている。
後から考えると、もっとカッコいい角度を探して撮影すれば良かったな、と。

_lr-4_R

で。道志ダムを後にしたおいらは、そのまま道を進んで相模ダムへ……。
一日で、しかも午後2時過ぎに家を出ても、3カ所のダムを回れちゃうっ。

_lr-7_R

夕焼け空を水面に映す相模湖を見ながら、相模ダムに到着。
ダムカードは、ダム近くの交流センターなる場所でゲットです。
しかし、道志ダムのダムカードは最初に行った津久井湖で配布しているとのことで、
今日の所は、おあずけ。。。まぁ、またすぐ行けるからイイか。

_lr-9_R

相模ダムは、国道20号から見える位置にあるのに、
ダム自体には近付けないという、もどかしいダム。
ちょっと構造がゴツいダムで、近くで見たら面白そうなのに。

_lr-8_R

ダムの横には送電施設と思われる施設があり、
そういうのもあって、近付けないようになっているのかも。。。

_lr_R

ということで、夕暮れを迎えて今日は終了。
ダムカードは今日3枚もゲットで、合計で5枚になりましたよ。
そして、道志ダムのカードも津久井湖に行けばすぐにもらえるので、
6枚集まったみたいなもんだ。

そして、気になる次のダムは。。。

・三保ダム(丹沢湖)
・小河内ダム(奥多摩湖)
☆村山上ダム(多摩湖)
☆村山下ダム(多摩湖)
☆山口貯水池ダム(狭山湖)

☆はダムカードが無いダムのようだ。。。

年末、ちょっと時間があったので、
近所の本沢ダムに行ってみましたよ。
本沢ダムが作る湖は城山湖で、城山ダムは津久井湖にあるという不思議。

2R311344_R

行ったついでに、ちょっと調べてみる。
城山湖&本沢ダムは普通のダムと違い、夜間の余剰電力を使って、
ポンプで津久井湖から水を汲み上げて貯水するダムだそう。
そして、夜間に貯めた水を、昼間は津久井湖に戻しながら発電をするようだ。

2R311309_rc_R

へぇ。ダムって色んな目的、種類があって実に興味深い。
僕が住んでいる三多摩地区からは、城山ダム、道志ダム、宮ケ瀬ダム、
相模ダム、丹沢ダムと、何か所かのダムが行きやすいので、
また今度、時間を見つけて他のダムも行ってみようかと思います。

2R311364rfc_R

丹沢ダムとかは、規模が大きいみたいなので、
初夏にでも行ったら、楽しそう。

2R311360_rc_R

そういえば、昔に不思議な形のダムに行ったことがあるが、
そこも改めて行ってみたいダムかも。

IMG_2175

過去の写真を漁ってみたら、玉原ダムというとこのようだ。
素人が想像する「Theダム」って形じゃないのがイイ!


IMG_2173

最近、夕方からの冷え込みが厳しくなってきましたね。

6L275561_rc_R

僕は、上半身はあまり寒さに弱くないのですが、
脚が寒いのには弱いようで、寒くなってくると弁慶の泣き所あたりが少し痛みます。

6L275538_rc_R

そろそろ、スラックスの下に、ヒートテックタイツを穿く時期ですな。

写真は宮ケ瀬ダムの天端からの湖側、下流側です。

良いですねぇ、宮ケ瀬ダム。
昨日、初めて行ったけど、何度も行きたくなるような良さでしたね。

で。

また、今日も行っちゃいました。(笑)
今日は、家族連れで行ってみた。
観光放流の風と水飛沫、体験して欲しかったんだよね。

そして、放流中の写真で撮りたい構図が、昨日は時間が無くて撮れなかったから、
その気持ちが熱いうちに……。

しかし、今日の現地駐車場への到着は、午前中の観光放流が始まる11:00の5分前。
そこからダムが見える場所まで、通常、徒歩で15分。
もう、カメラ機材を担いで、子供を肩車して走る走る。
そして、山の隙間からダムが見えた時には放流終了1分前!

でもでも。
撮りたかった構図は引きの画だったので、ギリギリ間に合ったっ!
ってことで、少し手前の橋の上からパチリ。

6L275482_rc_R

放流の風と水飛沫、その迫力に感動している人々を。
これを昨日撮るには、ちょっと放流時間(6分)では、移動時間が足りなくて……。
改めて撮れて良かった〜。

2M270008_rc_R

そして、昨日は昇らなかったダムの上に上ってみましたよ。

そしたら、紅葉した山々とその間を流れる川の青が、とってもキレイ!
しまった、今日はM.ZD7-14mmPROを持ってこなかったよ……。
ダム見下ろしの画は、もっと広角の方が良さそうなのになぁ。
ま、また来よう。もっと天気の良い時に。

6L275536_rc_R

そして、気付けばランチタイムだっ。
ダムに併設されている「水とエネルギー館」にあるカフェへ。
チョイスしたメニューは、「宮ヶ瀬ダム 放流カレー」ですっ。

6L275629_rc_R

ライスで造られたダムで右にカレーが溜まっている状態で提供され……。

6L275636_rc_R

旗の付いたソーセージを引き抜くと……。

6L275647_rc_R

カレーが放流される仕組み。

ダム近くにある服部牧場でも販売されているベーコンやソーセージを使っていて、
面白い見た目だけじゃなく、なかなかのお味です。

6L275664_rc_R

2日連続の宮ケ瀬ダムでしたが、ホントに楽しかったー。

この土日、日曜日が雨になるって言うんで、
今日は秋を求めて宮ケ瀬方面に行ってみましたよ。

まぁ、宮ケ瀬って言ったらダムよね。だむ。だむ。

6L265194_rc_R

勢いで向かってみたけれど、なんの予備知識も無かったので、
現地に着いてからちょこっとダムのホームページを見たりする。
お。偶然にも、観光放流は今月末で一旦終了になり、春までお預けに、
そして、今日は今年度FINALってんで放流してくれると!
ラッキーだっ。

PB260081_rc_R

しかし、僕が着いた10時半くらいは、かなり曇天。
どうせなら青空バックが良かったなぁ。。。
シャッタースピードも稼げないしー。

とは言え、こうして放流を待つって事が生まれて初めてだから、
ワクワクしながらカメラを設定する訳ですね。
一台は三脚に固定して超広角M.ZD7-14mmPROを、
もう一台はM.ZD40-150mmPROをチョイス。

放流開始の11:00。
放流口から出てくる水をカシャッ。

6L265171_rc_R

カシャッ。

6L265176_rc_R

カシャッ。

2M260073_rc_R

カシャッ。

2M260080_rc_R

カシャッ?

2M260098_rc_R

うわぁ、結構激しい水飛沫が来て、レンズがビショビショだー。
でも、防塵防滴レンズだから大丈夫〜。楽しい〜。

うわ、E-PL6は防塵防滴ボディじゃなーい!
うっひょー!(≧∇≦)

鳩ノ巣渓谷の見所の一つに、白丸ダムがあります。

1E225270_rct_R

ダム全体の写真を撮り忘れたのは内緒ですが、
ダム湖の白丸湖は、現在、ちょっと工事もあったりして、
湖面は少し汚かったものの、エメラルドグリーンで神秘的っ。

そして、白丸ダムといえば、魚道なのです。

PB220041

どーんと開いた垂直の穴を螺旋階段で下っていくと、
魚道の見学が出来るんです。
魚道はダムがあっても、魚たちが上流に行けるように設けられた迂回路。
詳しくは、こちら。


その縦穴を上からパチリ。
PB220036_rc

結構深い感じです。
実際はそんなに深くは無いのですが、螺旋階段で距離があるので、
昇りは結構疲れちゃいます。
ただし、ここから下って行った後、別の出口からダムの上の近くに出られるので、
螺旋階段を昇る必要はありません。

そして、下から上をパチリ。
PB220048_rc_R

ここは、超広角M.ZD7-14mPROとOLYMPUS AIRで撮影。
地面にAIRを置いて、離れたところからリモート撮影。
通りすがりの人に、『何やってるんだろう?』と思われたに違いない。

そして、魚道。
この季節なので、お魚さんは見られませんでしたが、
ここをお魚が遡って行くかと思うと、魚って凄いなーって思います。

1E225247_rct


魚道の見学を終えて、ダムの上から下流をパチリ。
ダムの上から下流を見ると、左手に設けられた魚道も見えますね。

1E225313_rc_R

この白丸ダムから、山道&川沿いの岩場を進んで、
鳩ノ巣渓谷を楽しむルートは、ちょっとアドベンチャー感があってオススメです。

いやー、参りました。
朝食を食べ終わって、お部屋でゆっくりした後、
チェックアウト1時間前からお風呂に行って、
ちょっと浸かってから、出発準備して出発する心積もりで居たら、
チェックアウト時間を勘違い。
朝のお風呂を味わえないままに、チェックアウトすることに・・・。
切ない・・・。(´・ω・`)ショボーン

でも、せっかくの水上温泉。
このまま帰えるのは、あまりにも勿体無い。
ってことで、ナビや近隣マップで近くの温泉を検索。
谷川町営の温泉、『湯テルメ谷川』に繰り出すことにしました。
(谷川温泉と水上温泉は、お隣さんのようだ。)



玉原ダムに行ってみました。
ここは、ちょっと変わった造りのダムで、
帰宅後に調べてみたら、ロックフィルダムって言うらしい。
コンクリートの堅牢なダムが造成できない場合に採用される方式のようだ。
玉原ダム



ダム本体の大きさの割には、大きな湖のようで、
ちょっと水位が減っている(と思われる)今日でも、
きれいな水をたくさん湛えていましたよ。
玉原湖



ダムに行く間、ダムから帰る間は、緑の山の中を抜けてくドライブ。
どこまでも綺麗な緑の山々が連なっていて、プチ感動。
群馬の山々



ドライブは、やっぱり山の方が好きダス。

そんな感じで群馬の山々に15時頃にお別れをして、
彼女の運転で帰宅することに。
行きは全然渋滞無く水上まで行けたのですが、
帰りはちょっと事故渋滞とかがあって、彼女は可哀そうでした。
ま、BGMは関ジャニ?とか言うのを掛けてたので、
それで渋滞も気にならなかったかもね。

って事で、水上温泉。
東京から近くて、川の遊びも満喫できます。
結構、オススメかも。

このページのトップヘ