どこ日記。

カテゴリ: 高尾山冬そばキャンペーン

そういえば、先日の高尾山。
冬そばキャンペーンだ!ってことで行ったのですが、
タイミングが合わなくて、一軒しか寄れませんでした。

今回寄ったのは、薬王院の入り口にある「もみじや」さん。
お昼時間をちょっと過ぎてるのに、数名の待ちが出来てる人気店。
ここのおそばは、ちょっと太めの田舎そば風。
太めならではの食感、噛み応えを楽しめます。

おそばは喉越しだろう!って言う人は、
山の上の方の店じゃなく、麓のお店の中からチョイスするのが良いかも。

2M110298_R

って、色々言いつつ、何故か僕はおうどんをチョイスしてしまいました。
看板メニューの天狗そばをうどんに変更。
天狗そばは、海老天まいたけ天、山菜が入った目にも美味しいメニュー。
もみじやさんに行くなら、一度は食べておくのが良いと思うの。
しかし、おうどんは、手打ちなのかしら?
あまりうどんについては、特徴を感じなかったな。。。

ただ、シロキクラゲ?は、美味しかった。

さて、休日。
昨年、行くのを忘れてた高尾山におそばを食べに行ってきましたよ。
そう!この時期の風物詩、高尾山冬そばキャンペーンだっ!

1E117964_rc_R

今日は当然、LUMIX G14mm F2.5(以下、G14mm)との会話がメインよね。
どんな被写体が好き?どんな光が好き?鳥目だったりする?
なんて、色々話しながらのお散歩(登山)です。

1E117962_R

G14mm。このレンズは、本体グレーのレンズが多いのですが、
この黒い本体の子に出会えたので、Panaでも良いかなって。

さて、G14mmのピントリングが適度な太さで、
これだけ薄いレンズなのに交換時にレンズを回し易いのも良いな。
しかし・・・個体差なのかな?ピントリングは固め。
動きは安っぽくないんだけど、固いの・・・。
じっくりピントを合わせてると、指先が疲れちゃいそう。(笑)

2M110329_R

そしてG14mmは、強い光は苦手な子。
なので、落ち着いた感じにローキーな画が得意なんじゃないかと。
曇りや街中の日陰の中で撮るスナップが、メインステージじゃないかな?
画角はすごく良い感じ。画質もお散歩には必要充分っ。
こんなに軽いのに14mmっ。いいよ、いいよ〜。
これね、欲しかったのは。
ゆるるんとお散歩できる、広角の短焦点っ♪

2M110376_rc_R

しかし、気になる強い光への弱さ。
光の方向を向いてなくても、レンズに強い光が入ってくると、フレアが出ちゃう。
上の写真も、横方向からの光にフレアが出ちゃったパターン。
ファインダーではそんなに気にならなかったのに、帰宅後に見てみたら、
結構派手にフレアってしまっている・・・。

少しはフレア対策をしておかないとダメだ。フード買わなきゃ。
ライカ風のフードもカッコいいけど、デカくなるのは違うよね。
となると、フジツボフードかな?
フジツボフードは遮光効果が低いorあまり無いと言われるけど、
今はほぼ真横からでもフレアが出るから、少しでも効果があれば・・・ね。
それに、フジツボって奇妙な形で可愛いかも?って。(笑)

もっと使って、仲良くならなきゃな。

大変だっ!
気付いたら、もう来週から4月じゃん!

OA000003

高尾山の冬そばキャンペーン、終わっちゃうよー。
一回も、行かずに終わるー。

※写真はCP+のスタンプラリーで当たったペーパークリップですっ。

今年の冬、高尾山冬そばキャンペーンに参戦するの忘れてた!

ME012403_rct

そして、明日会社に行った後、GW第二弾が始まっちゃうけど、
今、引継ぎしてること、連休明けまで覚えていられる自信が無い。。。




クラスのみんなには、・・・内緒だよっ☆

今日は、今年二回目の高尾山冬そばキャンペーン参戦。
そして今日は、高尾山薬王院の火渡り祭の日です。

とりあえず、火渡り祭は気になるがメインはお蕎麦と登山。
火渡り祭は、「もし、間に合えば見ようかな」程度で。
とは言え、ちょっと早めに出発です。

登山。

今日の高尾山は、らくらく一号路で。
午前中は、天気がイマイチで展望台からの景色も曇天〜って感じ。
ちょっと寒かったです。

展望台。

そんな冷えた身体を温めるのは、もちろんトロロそば。
今日の一軒目は、十一丁目茶屋です。

十一丁目茶屋

とってもシンプルなトロロそばでした。
味はすごい特徴を感じませんでしたが、甘めのおつゆで優しい味。
疲れた身体にピッタリな気がします。
食べながら見られる景色も良くて、良いお店です。

そして、薬王院にお参りしてから下山。

山道。  108階段。

天狗。  カラス天狗。

時間が間に合ったので、火渡り祭を見ることに。。。

お祭り前。  儀式の始まり。

祈り。  斬る。

大勢の観客が見守る中始まった儀式はとてもカッコ良く、
観客も盛り上がってきたところで・・・点火!

燻される。

焔。  浄化の焔。

点火後、しばらくはすごい煙が発生。
風下に居た僕は、しっかりスモークされてしまいました。
目も鼻も渋くなってきたし、大混雑を避けることにして、
火渡りが始まる前に撤退し、本日二杯目のおそばを食すことに。

定番。

そう、締めはやっぱり飯島屋のたぬきトロロそば。
美味しいたぬきと、トロロの素敵な出会い。
もう、美味過ぎです。
やっぱり高尾山では、飯島屋は外せないですね。

さて、続きです。

「あ!そば行列・・・っ! 」って思ったのは13:20くらい。
献上そば行列は、13:40〜と聞いていたので、
20分前くらいには現着しないとね、と思って店を出たのですが・・・。

あら、素敵。

イベントは始まってました。orz

献上そば行列会場。

もうね。ビックリですよ。
電車の中で、「そば行列は13:40からです。」って、
アナウンスがあったので、安心してたのに。。。
行列前のそば切りとかは、確かに「そば行列」じゃないけど、
なんと悲しい出来事かっ!

もう人だかりが出来ていたので、
遠くから出来る限り頑張って撮ってみる。。。

そば待ち。 粉を掃って。

うーん、ダメダメだな。
ちょっとそこでテンション落ちてしまい、頭働かず。
肝心の行列も変な位置取りをしてしまいダメダメに・・・。

そば行列。

行列の後は、今年一年の家内安全と無病息災、
それと良い写真が撮れるようにと、御護摩に参加。
参加後、出口で二つ目のお箸をゲット。
良かった、良かった。

そして、今日は頂上に行くのはやめて、下山することに。
薬王院を出る前に、毎年恒例の天狗さん撮影。

鴉天狗 天狗。

毎年、どう撮ったらより良いのか、
昨年以上の躍動感が出せないか、とパシャパシャする訳です。
今年の出来はいかがかしら?

さて、本日は高尾山に行ってきましたよ。
目的は、高尾山冬そばキャンペーンの時期に行われる、
献上そば行列です。

いや、ちょっと足りないな。
献上そば行列の日に走る臨時列車「高尾山冬そば号」に乗車すると、
記念にもらえる「乗車記念オリジナルMy箸」をゲットすること。
昨年、色々失敗しちゃって、踏んだり蹴ったりだったんですよね。

そう、今日は「何が何でもMy箸を入手する。」がミッションだ。

朝は、ちょっと早めに駅に着いて、
冬そば号の到着をじっくり待てるくらいの余裕。
駅に入ってくる冬そば号も、ちゃんと撮ってみました。

高尾山冬そば号

乗車した冬そば号では、記念品の配布方法が変わったらしく、
高尾山口駅でMy箸に交換できる引換券を配ってました。
その効果なのか、ちゃんと引換券もゲットできました。
そして、電車は終点・高尾山口駅に。
駅を出ると、さっそく引換券をMy箸に交換っ!

引換券。  オリジナルMy箸。

本日のミッション完了。(笑)

いやいや、献上そば行列を見なくては。

ってことで、高尾山を一番ポピュラーな一号路から登山開始。
そうだよねー。せっかく山に来たんだから、ちゃんと登らないとね。
去年は、この登山道のチョイスを誤って、
凍結激しい山坂道を選んだもんだから、大変なことになったんだよね。
ホント、無事に下山できて良かったよ。生きてて良かったよ。

金比羅杜  晴れの闇。

今日の登山は、楽な道だったんだけど、
失敗したのが朝食を抜いたことかなぁ・・・。
登っている最中、視界がチカチカしたりして貧血の予兆。
しかし、一人での登山、失神したりする訳にも行かんので、
ゆっくりゆっくり、撮影しながら、休みながらの登山です。

チカラ強さ。

そして、すっごい時間を掛けて献上そば行列が行われる
薬王院の手前まで到着。
そば行列まで時間があったので、昼食をいただくことに。
今日のお店は「高尾山門前・もみじや」さん。

もみじや。

パンフレットに載っている写真で、「天狗」の焼きが入った蒲鉾が、
オイラを誘っていたのです。
天狗そばは、1200円ナリ。ちょっとお高めだが、
海老天、舞茸天、にキクラゲや茸などの山菜も入ったデラックス版。

天狗そば。

見た目は豪勢なのだが、お蕎麦は太さにバラつきがあり、
基本、太目の素朴なお蕎麦です。
おだしの味は、甘いんだけど、ちょっと塩っ辛い感じ。

具材がでらっくす。  そばばばばーん!

具材は美味しかったけど、お蕎麦としてはやはり飯島屋が一番好き。
飯島屋のたぬきトロロそばが最強だ。

あ!そば行列・・・っ!



つづく。

なんと、今年で10回を数える冬の風物詩的イベント、
「高尾山の冬そばキャンペーン」が先週土曜日から始まってます。
ちょっと乗り遅れちゃいました。
そして、2月4日には恒例の臨時列車「高尾山冬そば号」が運転され、
車内で乗車記念「My箸」がもらえます。

臨時列車「高尾山冬そば号」を運転します!

昨年、My箸をゲットし損ねた上に、軽装で危険なルートを選んだもんで、
死を予感させたという嫌な思い出が出来ましたが、今年こそは!
そば奉納行列とかも、きっちり楽しみたいな、と思います。

今の季節、高尾山は雪が積もってる箇所もあって、
つるつる滑りそうですが、カメラを持って出掛けてみようかしら。

もう夏が近付いてきたけど、「冬」からお届けものが!

高尾山冬そばキャンペーンで応募した、My箸が当たりましたっ!


マイ箸。

専用のケースに入った、3色のお箸セット。
うーん、嬉しいな。
ぜひ、この箸で冬そばを食べに行かないとな。
今度の冬も、高尾山行くのが楽しみになってきたー。(*´艸`*)

いやー、やっと参戦してきましたよ、高尾山冬そばキャンペーン。
姉夫婦と行くのは、もう毎年恒例になったか。

高尾山に登る前には、パワーを付けないといけないので、
お気に入りの飯島屋さんでたぬきトロロそばをペロリン。

飯島屋

たぬきトロロそば。

食べた後は、頑張って登山。
とは言え、昨年の高尾山で死にそうになっているので、
安全な一号路で。。。

もみじ。

こんなのやら。

丸ボケ万歳。

こんなのやら。

桃の天然水!

こんなのやらを撮りながら・・・。

高尾山から都会を望む。

高尾山を制覇しましたー。(≧∇≦)/

薬王院以降の道は、やはり凍結していて、かなり滑りやすい状態でしたよ。
安全に行くなら、アイゼン的なアイテムがあるとよいですね。

そして、下山したら締めの一杯を。。。今日は高橋屋で。

高橋屋

トロロそばと・・・。

とろろそば。

ミニ鴨ねぎ丼を頂きましたよ。

鴨ねぎ丼。

押し麦が入ってるご飯って、すっごく健康に良いような気持ちになって、
麦の食感がアクセントになって、美味しー!

さて、皆さんお待ちかねの冬の風物詩、
「高尾山の冬そばキャンペーン」が始まりますよっ。

今年の臨時列車・冬そば号は2月5日土曜日に運行ですよ!

臨時急行列車「高尾山冬そば号」を運転します!

今年も昨年に引き続き、エコな企画と言うことで、
オリジナルmy箸をプレゼントですよん。
さぁ、この冬の予定は決まったかな?
一度は行くが良いさ。
出来たら、冬そば号に乗っていくと良いさ。

今日は、今年二回目の高尾山冬そばキャンペーン参戦です。
結構天気が良くて、青空がステキ!
どこ夫婦。と姉夫婦、4人での進軍です。

高尾山口を出発!

今日は、山伏たちが焚いた後の残り火の上を素足で歩く荒行、
火渡り祭が催されていて、高尾山は多くの人が詰め掛けていましたよ。

山伏たち

しかし、おいらはそんなイベントには目もくれず、冬そばキャンペーンにごぅ。
まず最初は、前回に改装中で食す事が叶わなかった飯島屋へ。
もちろん、メニューはたぬきとろろそばで決まりです。

飯島屋のたぬきとろろそば。

やっぱり、この味が好きだなぁ。
でも、今日はちょっとお汁がぬるかった・・・。

飯島屋を後にして登山開始。
今日は2店舗で食すべく、気合を入れてきましたからね〜。
森の中を歩いていると、木々の根っこが面白いですよね。
何の規則性も無く、不思議な曲線を描いて・・・。
カッコよく撮るのは難しいですが、なんか良いですよね。
根っこウネウネ。

一応、山頂まで登ろうと思っていた我々は、ケーブルカーの駅辺りで一休み。
ここまでサクッと来て、山頂の景色を気軽に楽しめるのも、
高尾山の良いところなんだろうけど、休みながらも足で登れるならその方が良いね。
普段運動してないし・・・。
休憩時には、黒豆あん入りの天狗焼きを頂きました。
黒豆焼き。

休憩の後は、再び山頂を目指しますっ。
薬王院を抜けて行く、定番のルートをテクテクです。
薬王院のちょっと手前(境内?)に、2対の天狗像があるのですが、
これをカッコよく撮るのも、毎回のミッションの一部です。
天狗。

今日は一日、ZD ED9-18mmF4.0-5.6を着けっぱだったのですが、
天狗さんに寄れば、超広角ゆえの迫力が出てきます。
前回よりも、どちらも迫力を増して撮れたと思いますが、いかがでしょう?
似た構図でも、レンズの違いは出せてると思いますが。。。
カラス天狗。

そして、無事に山頂に辿り着いたら、やっぱりおそばです。
今回は曙亭をチョイス。太さがまばらで手作り感満載のおそばが特徴。
なんとなくとろろそばじゃなくて、たぬきそばを選んじゃいましたが、
素朴なおそばが美味しかったです。
曙亭のたぬきそば。

この有給入れての三連休、すごくアクティブで疲れました・・・。
脚がクッタクタです。チカラが入りません。。

今日は、会社のお友達とお散歩カメラ@高尾山です。
今日の高尾山は、高尾山献上そば行列って催しもあり、
それに合わせて、京王線では臨時急行列車「高尾山冬そば号」を運転。
このイベントには参加しなきゃ!でしょ?

去年は奥さんと一緒に、イベントを楽しみましたが、
今年は奥さんがお仕事で、残念ながら参加できず。。。
そんな訳で、会社のお友達とお散歩カメラの一環として行くことにしました。

計画では、近場の高幡不動駅から高尾山冬そば号に乗り、
車内で1000名限定の特製my箸をゲット。
その後、高尾山の麓のお店でおそばを一杯食べて、登山開始!
薬王院で、献上そば行列を見てから、さらにおそばを一杯食べて下山。
これで、イベントの3スタンプも達成し、イベントを満喫です。
ブルースカイ!

しかし、現実は全然異なるものでした。


まず、冬そば号には乗ったものの、車内での位置取りが悪く、
特製my箸をゲットできず・・・。
しかし、特製my箸は献上そば行列後にも配布されるので、
あきらめずに、それに間に合うようにとささっと一杯目を紅葉屋本店で食す。
なめことろろそば
僕は「なめことろろそば」を、お友達は「天ぷらとろろそば」をチョイス。
爽やかなのど越しのサッパリお汁に、太くないけどもちっとした麺。
三つ葉のシャキシャキ食感も良いアクセントになっていて、美味しかったです。

そして、登山開始。

こういうの好きだな、僕。

ところが選んだルートがダメダメでした。
勢いで稲荷山コースというのを選んだのですが、これが結構険しいルート。
雪が残っているキツ目の登山道は、警告によるとアイゼン必須との事。
「アイゼンって何だっけ?」なんて浮かれ気分で登り始めたら、
路面が凍っててツルッツル。
こんなトコばっかり。
すれ違う人も転倒していたりして、普通のトレッキングシューズな僕達は、
満足な速度で歩くことも出来ず。。。
それでも、僕は意地で撮影を楽しみながらの登山をしましたが、
お友達は早々にカメラをバッグに収納。
木に積もった雪が、さーっと落ちると、プチダイヤモンドダスト。
それでも、凍った坂道に苦戦していたので、僕は一脚を貸し出し。
一脚を杖代わりに登っていましたよ。
うん、一脚持ってきて良かったぁ。
ひどく凍った坂道。
しかし、杖があっても凍った坂道にお友達は大苦戦。
進むことも引き返すことも出来ないような状態・・・。
完全に高尾山をナメてた自分達に、とっても後悔しましたよ。
それでも、進むしかない僕達はジワジワと進んで、ついに山頂へ!
山頂では、大見晴亭で二杯目のおそばを頂きました。
たぬきとろろそば。
二人ともたぬきとろろそばをチョイスしましたが、
お友達は登山で暑くなったからか、冷たいおそばをチョイス。
ここは、太目の田舎そばって感じの麺で、素朴な感じ。
景色も良くて、少し雲がかかってましたが富士山も見えました!
近くて遠い富士。

そして、山頂からの下りが大苦戦。
下りは薬王院を通るルートを選んだ(来た道を帰るのは不可能。)のですが、
その道も、凍結がひどくみんなバンバン転んでいる始末・・・。
カメラをガツンと地面に打っちゃってる人もいて、僕も警戒っ。
近くを歩いていた一眼女子二人組は、きゃーきゃーと盛り上がりながらも、
そっと進んでいましたが、ついに派手に転ぶと二人で大笑いしていて、
とっても楽しそうな様子に、思わずホッコリしちゃいました。
楽しそうなカメラ女子。
でも、そんなホッコリがまずかったのか、ここにきて僕も初めての転倒。
カメラは無事でしたが、お尻がつべたーい。

薬王院まで着く頃には、結構な時間になっていて、
風もずいぶん寒くなってきました。
凍える前に下山せねばと、終了直前のリフトを使って一気に下山。
リフトは快適でしたが、身体を動かさないでいると疲れを感じちゃって。
明日は、確実に筋肉痛でしょう。(笑)

今回は、色々計画から外れちゃったけど、満喫したなー。

結論。高尾山をナメてて、すみませんでした。
高尾山をナメててすみません。

今年も始まるぞ。
高尾山冬そばキャンペーン!
今週末は先着で振る舞いそばをやるそうだし、
2月6日には、京王線で恒例の「冬そば号」が走ります。
今回は、特製手ぬぐいじゃなくて、特製My箸がもらえるそうです。

僕は、もちろん飯島屋のたぬきトロロそばを味わいに、
今年も2回は行こうかと思っていますよん。
そば食べるついでに、梅でも撮ってこようかと、
ワクワクは拡がって行くなりよ〜。

ふと気づいたら、もう4月じゃないですか。
いつの間にやら、高尾山冬そばキャンペーンが終わってました。
今年は開始早々に参加して、手拭いまで貰ってくるほど
気合入ったスタートだったのに!

飯島屋にも行ってないまま、冬が終わっちゃいましたよー。
ありえないー!
仕方が無いので、キャンペーンが無くてもいいから、
近々行ってこよう。
冬じゃなくても、たぬきトロロそばは最強のはずだ。

昨日の続きです。
高尾山冬そばキャンペーンを堪能すべく、「高尾山そば献上行列」を見ました。

開始時間が来るまでの境内は、来場記念品(ボールペン)の配布が行われ、
行列に参加する芸者さんや天狗との記念撮影で賑わっていましたが、
13:30の開始時間になると太鼓が鳴り響きました。
すると、先ほどまで記念撮影に応じていた天狗様が薬王院の方へ・・・。
天狗がお坊さんを迎えに行ったようです。

キタキタ。


ほら貝を吹きつつ、山伏三人が境内に。
境内の中央には仮設テントが設けられていて、
中ではそば職人が奉納するそばを打っていました。

早くそばをくれ。


打ち終わったそばを切っている間、山伏はお経を唱えていました。
「場」を清めたりしてるのでしょうか?
意味は良く分かりません。。。

ごにょごにょ・・・。


おそばを切り終わると、季節の野菜などと共に輿に載せ、
山伏を先頭に芸者やそば職人が本堂へ向かって行列をします。

僕は、行列を見物に来たのですが、気付いたら行列に入っていて・・・。
本堂まで練り歩いちゃいました。

そばを打つ。


本堂に着くと、おそばが奉納され護摩が行われました。
なにげなく列に入ってしまったのですが、ありがたい護摩を受け、
本堂を出たら、記念にてぬぐいを頂きました。

行列は薬王院へ。


ん?乗車記念のてぬぐいと一緒だ。(笑)
どっちかに参加できれば、入手可能なことを確認できましたとさ。
来年は、どうしようかな。
てぬぐいのデザインで、行動が決まりそうな気がしますね。

参加してきました!
2009年の高尾山冬そばキャンペーン。
今期は、高尾山に車で行かずに、電車で行きました。
何故かと言えば、冬そばキャンペーンの臨時列車に乗るためです。

冬そば号到着〜♪


キャンペーンを盛り上げるために毎年運行される臨時列車、高尾山冬そば号。
この臨時列車では、乗車記念の特製手拭いをプレゼントしてくれるのです。
先日、この手拭いが、なかなか粋なデザインなのを発見し、
今日は電車で行くことにしたんですよ。

そして北野駅を過ぎると、社内で手拭いとクリアフォルダを配布。
こういうイベント、記念品があったりすると、より楽しいですよね。

げっと!


そして、例年はランチタイムくらいにクルマで行って、
麓のお店でおそばを頂くのですが、今年は電車で行ったので、
高尾山薬王院で開催される行事「高尾山献上そば行列」を見ることにしました。

ケーブルカーでも行けるんですが、時間もあったので登山開始。
そんなに高くないと話題の高尾山ですが、登ってみると勾配がキツイ。
薬王院まで40分くらい掛かりました。
しかし、献上そば行列までは、まだ時間がある・・・。
それまでの時間で、一杯頂くことにしました。
今日のお店は「香澄」。ケーブルカーの駅を降りてすぐあるお店です。


香澄のトロロそば


注文はもちろんトロロそば。780円也。
冬そばキャンペーンの割引券を使って、100円のキャッシュバックです。

袋には100円入り。


つるつるっ。


香澄さんのトロロそばは、やさしいお味。
汁はカツオの香りがふんわりで、トロロ、おそばもクセが無く食べやすい。
付け合せの山菜も美味しく頂きましたー。

ぺろり。


濃い目の味が好きな僕には、ちょっとパンチが足りない気もしますが、
麓の割烹橋本屋さんほど上品過ぎず、庶民派です。


キャンペーンで頂いた手拭いは、こんな感じ。
薬王院までの山道にある赤灯篭を描いたもの。いいでしょ?
てぬぐい。

今年も始まります、高尾山冬そばキャンペーン

開催期間は、今週末の1月24日から3月31日まで。
ミシュランでいくつ星を取った山だとか、
そんな事はどうでも良いです。
比較的行きやすい景色の良い山で、美味しいとろろそばを食べる。

もう、それだけでOK。

今年も、何度か足を運んでみようと思います。
当然、お気に入りの飯島屋「たぬきトロロそば」は外せません。
ランチタイムを少し外して行くと、
競馬新聞を読んでるご主人が、どうにもほのぼのです。

71bad55b.jpg


今年初の参加です。
高尾山冬そはキャンペーン。

近年は、期間中に何度も高尾山に行けない事が多いので、
夫婦で一番好きな味の「飯島屋」さんに行ってました。
でも、今日は久し振りに新規開拓しようかと思い、
キャンペーンパンフレットをじっくり見て、
「大野屋」さんに行ってみることにしました。
ココは、自然薯を使ったトロロそばを期間限定で出してます!と、
パンフレットに書いていて、トロロへのこだわりを感じます。

ってことで、大野屋さんに入ってみました。
しかし、そこはなんともすごい世界・・・。
店内がお世辞にも綺麗とは言えず、古い店だからって理由だけじゃないはず。
店主もあまり清潔な感じじゃなく、寒い店内・・・。
正直、「やめときゃ良かった〜。」と思ったのさ。
でも、一度店内に入ってしまうと、踵を返すのもどうかと思い、
仕方なくトロロそばを注文。
店内をキョロキョロしながら、トロロそばの到着を待ちました。

そんな中!店内を見ているカップルが!

「ダメダー!ココハヤバイー!」

僕がそう思った次の瞬間。
中に客(僕たち)が居るのに安心したのか、
カップルも悪魔の館へ入場・・・。
もう、どうしようもありません。
カップルも、入ってくるやいなや、尋常でない雰囲気を察知、
その顔には「やめときゃ良かった〜。」の文字が・・・。
駄目です。もう救えません。

そして出てきたトロロそば。
トロロは粘りが強そうなトロロで、これはパンフレットの写真どおり。
見た目は、とりあえずOKです。
そして、その味は???

お。美味しいじゃん。

ご主人いわく「漢方も入っている」というおつゆは、
少し甘めでまろやかな味。
自然薯もしっかり味があって美味。
モチモチしたおそばも、良い感じでした。
全体的に優しいお味って感じでしたよ。
もうちょっと、おつゆが熱くても良かったのだが。
そして、店内ももうちょっと暑くても良かったのだが・・・。

今年も、高尾山の冬そばキャンペーンが始まります。
今週末の26日から3月31日までです。

最近、巷で大人気だそうですよ。高尾山。
日帰り旅行には適度な高さの山、
おいしい空気、きれいな景色・・・。
そしてお食事は、高尾山名物「とろろそば」ですよ。

今年のキャンペーンは、スタンプ3つか5つかで賞品が違います。
3つだと1000円分のお買い物・お食事券か、Pasmoのデポジット1000円分。
5つだと2000円分のお買い物・お食事券か、日帰りバス旅行。
手軽に応募できる3つコースか、やりがいのある5つコースか・・・。

みんな、冬の予定は決まっているのか?
もし、空いてる土日があったなら、行き先は決まりだ!
高尾山に軽く登って山頂あたりで、おそばを食べなはれ。
そして、下山した後は麓でおそばを食べて「締め」だ!

4
8deca391.jpgってことで、昨日の予告どおり、行ってきました高尾山。
今年初めての冬そばキャンペーン参戦です。

今日は、初めてのお店を開拓しようってんで、
国道20号沿いの格調高そうなお店、
「割烹橋本屋本店」のとろろそばを頂く事にしました。

「まさに料亭が造るそばで、割烹の名にふさわしい本格派の味。
だし汁には4種のカツオと北海道の日高昆布を採用していますが、
厚削りの宗田ガツオは使用していません。」〜キャンペーンパンフより〜

料亭の味ってどんなの?って期待していきましたが、
出てきて一番に感じたのが、カツオの香り。
とってもカツオダシが活きてます。
しかも、とってもしっかりと強い味なのですが、
塩辛いワケじゃなく、スッキリした感じです。
おそばもツルツルと良い食感。

これは美味しい。
「割烹の名にふさわしい」の解説は伊達じゃないですよ。
ココの難点は、一人で入りづらいこと。
割烹だけあって、落ち着いたお座敷に通されますので、
一人で行ったら浮いた感じがして落ち着きません。(笑)
でも、ともかく、おそばはオススメの一品ですね。

4fd419d4.jpg3月31日までの「高尾山冬そばキャンペーン」。
キャンペーン終了まで、残りわずかとなりました。
って事で、今日、時間を作って行ってきました。
ま、キャンペーンが終わってもおそば屋さんはあるんだけど、
キャンペーン中に、彼女を連れて行きたくてね。

って事で、頑張って2店ハシゴしました。
一軒目は前回、とっても美味しかった「飯島屋」です。
注文したメニューは、前回と同じく、たぬきとろろそば。
ホントに美味しかったから、彼女に食べてもらいたくて。
出てきたたぬきとろろそばは、やっぱり美味しかったよ。
ハシゴするつもりなのに、お汁もずいぶん飲んじゃった。(笑)
揚げ玉、とろろ、卵の黄身が織り成す、まろやかな味がたまりません。
ぜひ、高尾山に行った時には、飯島屋を訪ねるべし。

そして、少しの休憩後、二軒目に。
二軒目は色々考えましたが、「高橋屋」です。
普通のとろろそばは、かけそばにとろろが入ってますが、
ここは、とろろが別の器で出されます。
とろろには、とんぶりも入れられていて、
上品な香りと味を出していました。
飯島屋とは、方向性が違うけど、ここもなかなか美味しかったです。

キャンペーンの残りの日でも、キャンペーンが終わった後でも、
興味があったら、高尾山のとろろそば、ぜひご賞味ください。

5
飯島屋先日お話した、『高尾山の冬そばキャンペーン』。
さっそく、行ってきましたよ。
たくさんのお店があるから、どこに入ろうか迷ったけど、
最初は、パンフレット見て、一番興味があったお店、
『竹乃家本店』に行ったが、混みあっていて、
この店は、2杯目にする事にして、近場で探したのが、
『飯島屋』って言うお店。『竹乃家本店』の数店先のお店だ。
ここのオススメは、たぬきトロロそば。
名前のとおり、揚玉が入っているトロロそばだ。
お店に入ったら、『竹乃家本店』と違ってかなり空いていて、
「これは失敗か?」と思ったんだけど、これが嬉しい期待外れ。
やや甘い感じのおつゆは、揚玉とも、トロロとも相性が良くて、
グルメな解説は出来ないけど、とっても僕好み。
まろやかなお味でした。
おつゆ全部飲んじゃいたかったけど、2杯目、ひょっとしたら3杯目を気にして、
おつゆ飲むのは止めておいた。

んで、『飯島屋』を後にした僕は、一応『竹乃家本店』をチェック。
お客様がすこし引いてたので、2杯目はここで食べることにした。
で、少し待つと、さっきとはちょっと違ったトロロそばが登場。
あ、基本的に高尾山のおそばは、トロロそばが名物らしいので、
トロロそば以外は注文する気無かったのだ。

で、食べてみての感想。
僕は『飯島屋』のほうが好き。
『竹乃家本店』は上品なのか薄味のおつゆで、
薬味の柚子の皮がとってもいい香りで期待を高めてくれたが、
食べてみたら、トロロ芋が『飯島屋』と種類が違うのかな?
トロロ味が濃くて、おつゆよりトロロが主張してた。
全体的にパッとしない印象で、期待外れな感じ・・・。

ってことで、ちょっと元気なくなって、
3杯目は次回にする事にしました。
次は『大野屋』ってお店のトロロそばを予定してます。
パンフレットの写真では、粘りの強そうな自然薯を使ったトロロそばっぽい感じ。
おつゆも、色から判断するに、味がしっかりしてそうなので、
楽しみにしていよっと。
ちなみに、『大野屋』のトロロそばは、2月までの期間限定だそうです。

※写真は『飯島屋』のたぬきトロロそばです。

このページのトップヘ