さぁて、やってきました『今年お気に入り写真ベスト10!』
なんだか今年の年末は、どたばたとしてしまい、大晦日のアップとなってしまいました。

そんな今年の10枚、さっそくいってみましょう!

■第10位:過去の自分と向き合う。

10

クルマの点検整備を待つ間のお散歩カメラ中に見つけたセミさん。
本人の物かは分かりませんが、目の前にある抜け殻に、過去の自分を見たのかな?
そんな風に思ってシャッターを切った一枚です。

■第9位:Foveon Landing!

9

一昨日、sd Quattroと70-200mm F2.8で臨んだ、羽田での流し撮り。
上げられないISO、追従してくれないAFにアレコレ悩みながら、
楽しみながらのちょっと不自由な撮影は、カメラで撮ることの楽しさを、
OLYMPUSとは別の角度で、sd Quattroは感じさせてくれた気がします。

■第8位:夜桜に包まれて。

8

写友、MOTOさんと会社帰りに東京都庭園美術館で撮った一枚。
都会の夜桜をLAOWA7.5mmF2にて。
構図的には、用意されたものを撮った感がありますが、
ま、MOTOさんと二人、寒い中頑張って撮ったことが思い出される一枚なのです。

■第7位:春の富士を望むOLYMPUS AIRちゃん。

7

AIRちゃんにManfrottoのModopocket797を組み合わせた時の、
小動物感が、ファンにはたまらない一枚。
大きな富士山に向かって、雄叫びを上げているかのような構図にしてみました。
最近使ってあげてないけど、AIRちゃん、可愛いなぁ。。。

■第6位:矢のような編隊を組んだブルーインパルス。

6

今回の入間航空祭は、ブルーの出番に空が曇ってしまい、
青空を貫くような感じにはなりませんでしたが、
12mmの画角をいっぱいに使った構図が、お気に入りの一枚です。

■第5位:本栖湖からの富士。

5

sd Quattro購入後、すぐに試写したくて向かった富士山。
いつもの山中湖じゃなくて、ちょっと足を伸ばして本栖湖へ。
すんごく久し振りに、(物理)フィルターFOGGYを使い、
ピンクの富士をふわりと可愛く撮りました。
sd Quattroは、キチンと設定を確認しながらゆっくり撮るのに適したカメラなので、
三脚立てて、フィルターを使って画を作るのも楽しいかも。

■第4位:雨の東京駅。

4

まぁ、よくある構図、よくある撮り方ですが、
超小型超広角LAOWA7.5mmF2を小型のm4/3ボディGM1を使って。
三脚は、Manfrottoの超小型Modopocket797という最小の組み合わせでの一枚は、
m4/3の一つの答えって感じよね。

■第3位:暮れゆく城山ダム。

3

今年大きな被害をもたらした台風。
その被害を最小限にするために、活躍したダムの中の一つ。
家から比較的近くにあるので、いつも何となく気にしていますが、
あの時は水位の変化を、緊張しながら見守っていました。

■第二位:家族の時間。
家族で行った山中湖キャンプでの一枚。

2

朱に染まる夕暮れの空。
湖上に伸びる浮き桟橋で遊ぶ家族のシルエットをアクセントに。
富士山は、やっぱり画になるなぁ。

■第一位:すっかりお姉さん。

1

そして、第一位は娘ちゃんの七五三での一枚。
なんだかんだ、写真を撮る一番大きい目的は、家族の記録だったりするワケです。
最近はカメラを構えても、おふざけせずにキチンと撮れるようになったのも、
娘ちゃんの成長の一つです。(笑)



『2019年お気に入り写真ベスト10!』に参加している方はコチラ!
Moto's Power Blog
kaiyu日記帳
In daily life. 〜日常生活の中で〜