日曜、撮影イベントに参加したんですが、
僕がSIGMAのsd Quattro Hを借りられてウキウキしている中、
何やら困った表情をしている女性を見かけた。

聞こえてきた話によると、持ってきたSDカードのバックアップをしていなかったようで、
容量がいっぱいになってしまったので、どうにか借りられないか運営に相談しているようだ。

しかし、運営側もメモリーカードの貸し出しはしていないとのことで、
女性はがっくりと肩を落としていました。

『せっかく撮影イベントに来たのに撮影できないなんて、ダメでしょ。』

そう思った僕は、アレコレ考えるより先に、
『予備SDを持っているので使いませんか?』て話しかけていた。

”メモリーとバッテリーは、正・副・予備の三系統を用意すべき”

日頃からの心掛けが、こういうところで活きるのだ!

しかし、「お返しする方法は……?」と言われてハッとする。
全然考えてなかったが、撮った写真をパソコンに取り込まなきゃいけないから、
当日中に終わらない話だった。。。
しかも、こんな見ず知らずのおじさんに名前や住所を教えるなんて、怖すぎでしょう。

でも、せっかくの機会を楽しんで貰いたいから、自分の名前と住所をメモして、
SDカードを貸しちゃうことにした。きっと大丈夫だ。
貸し出すSDカードが空なのを確認して、カードをお渡し。
「パソコンにバックアップできたら郵便で返送頂ければ。。。」
と伝えて、その場を後にしました。

さっさと離れた方が、午後の撮影に向けて気分転換も出来るだろうと。

P2120039_rc

あれから3日。
帰宅した僕は、小包を発見。
開けてみるとSDカードとお礼の手紙とクッキーが入ってました。
手紙に「おかげ様で午後の撮影も楽しむことが出来ました。」って書いてあって、
本当に良かったなーと思いましたよー。

P2120050_rc

きっと、その女性もお気に入りの一枚が撮れたことでしょう。
本当に良かった!