今日は、GX7MK2にM.ZD60mmMacroを組み合わせて、
近所をお散歩してみました。
M.ZD60mmMacroは、あまり持ち出さないレンズの一つに挙げられますが、
それは、SIGMA60mmが「小型で良い描写をするから」に尽きます。
同じ60mmであれば、普段は小型なSIGMAをチョイスしてしまうのは必然。
M.ZD60mmMacroは、鏡筒も長くてカバンの中で場所をとるんですよね。

でも。

P1010726_rc_R

やはり、最高で等倍まで拡大できる近接撮影能力は、
SIGMA60mmには無いメリット。
イチモンジセセリ?の複眼は、表面の質感まで撮れちゃいます。
そして、今日の撮影時には1:1のレバー操作を使って寄ってみました。
このレバー操作で等倍位置にピントが行くのは、本当に便利なのか?という
購入当初の疑問も、使用頻度が少ないこととかもあり、
まだ自分の中で、結論が出ていないんですよ。

もう、購入後3年9か月も経つっていうのに。(笑)