アサヒカメラの記事で、レタッチし過ぎで風景写真がオカシイって
警鐘を鳴らす特集が組まれているそう。

記事はまだ読んでないんですが、確かに最近、インスタ映えを気にし過ぎて、
彩度高め、コントラスト高めのド派手写真が多いですね。
また、スマホのカメラもそういう仕上げになったモノが多いと思う。

5M233618_rc

でも、結果的にレタッチし過ぎになったとしても、
それも表現の一つかなって僕は思うのよね。

「自然の美しさ」を撮った写真が「不自然」になるのってマズくないのか?
って記事らしいですが、それはどういう目的に使うかじゃないか?
自然を自然なままに撮る目的の写真展とかで彩度高めな不自然カラーは問題だけど、
「自分はこういう写真表現が好き!みんなはどう?」って場でもある
SNSやらなんやらでの公開目的なら、全然OKでしょう。

レタッチの色に慣れ過ぎて、自然が分かんなくなっちゃうって事?
それは、マズいかも。自然の色を分かっていてこその、
ド派手レタッチであるべきではある。

とりあえず、近々アサヒカメラを買って読んでみようかと。
とりあえず、チンクの写真を派手にレタッチしてみた。

僕は、こういう写真表現も好き!みんなはどう?