今年のCP+で実機を触ってみたカメラは、殆ど無かったのですが、
気になって触ってみたのがRICOH GR掘
僕はGR使ったことない人なので、比較の話は出来ませんが、
せっかく触ってみたので、インプレッションを。

P1060762_R

最初の印象として、高級コンデジ系なのに小さくて軽い!
高級コンデジは、コンデジだけどデカいレンズでシッカリ操作しやすいように
ボディもそれなりに大きいものが多い。
しかしGRは、小さくてホントに軽い。

P1060758_R

角に配したモード切替ダイヤルはロック機構付き。
ロックボタンを押しながらじゃないと回らないので、
ポケットの中で、不意にモードが変わっているなんてことがありません。

P1060756_R

タッチパネルの採用で、GR兇泙任△辰織椒織鵑スッキリ廃止され、
背面もシンプルなデザインに。シンプルイズベストよね。
機能の呼び出しはジョグスイッチで、を、基本としているようで、
初めてGRを触る僕でも、色々な機能を簡単に呼び出せるように思いました。
普段使わない動画/Wi-Fiボタンも、本体左に配置し、誤動作しづらくなっています。

P1060755_R

GRユーザーがあまり使っていないというアンケート結果などから、
GR兇泙任△辰親眤▲侫薀奪轡紊GR靴杷兒澆気譴燭修Δ任垢、
撮影可能枚数は約200枚と、バッテリーの持ちという点は弱点と言えるかも。
予備バッテリー必須ですね。
バッテリーを大きくするという選択もあったんでしょうけど、
それよりも、ポケットにすっぽり入ることを優先したのでしょう。
だって、スナップシューターだもの。

P1060752_R

ISO、WB、ドライブモード(連写)、マクロの切り替えは、
十字ボタンで呼び出し、値の操作は十字キーの周りのダイヤルで。

P1060750_R

様々な機能を左右への操作と押し込みむことで切り替えるジョグスイッチ。
使いやすいです。

P1060748_R

フロントのグリップ上に配置されたダイヤルは、
本体に対して平行になっているのですが、人差し指で操作することを考えると、
少し斜めにすると回しやすいんじゃないかと思いました。
でも、そうするとグリップが微妙に厚くなるのがネックなんでしょうね。

P1060747_R

電源ONから撮影までのレスポンスは、スナップシューターを名乗るだけあってスピーディ。
APS-Cのセンサー性能もあって、高画質を手軽に使いこなす、最強のコンデジかも?
しかし、バッテリーの持ちがなぁ。。。