昨日のE-M1Xハンズオンのインプレッションです。
勝手な個人の感想をつらつらと……。

まずはグリップです。
縦位置横位置で変わらない持ち心地を実現していて好評ですが、
僕にとっては、ちょっと大きかったです。E-3/E-5のグリップがある意味理想だったので、
それと同じかと思っていたら違っていました。

リアダイヤル、フロントダイヤル、ジョイスティック、そしてシャッターボタン。
どれもキチンと操作が出来る位置で握ったのですが、僕には大きすぎました。
僕の手は、指が少し短いのもあって、指が掛かりきらない感じです。

2R096047_R

下から見るとこんな感じ。

2R096043_R

E-3/E-5では、指に掛けると力を入れなくても自然にグリップを持てていたのですが、
E-M1Xは指を掛けることを優先すると、親指の付け根が外れそうになり、
親指の付け根を優先すると、指があまり掛からず、保持に握力が必要になる。という感じです。

2R096220_R

OLYMPUSでは数々のクレイモデル?を試作して、最適なグリップを探ったようなのですが、
その正解は、僕の正解ではなかったようです。

そして、SDカードスロットカバー。
少し2枚をオフセットする形で、幅を抑えて格納されたSDカード。
肝心なのは、その開け方。

2R096054_R

スロット横のツマミを起こしてヒネる操作で、開閉します。
ツマミは寝かせておけば無意識に引っ掛けることも無く、
不用意に開いてしまうような事故は起きない設計になっています。

2R096053_R

これ、E-5の時代からこうして欲しかったよねぇ。
なんで耐環境性能の高さを謳うカメラが、なんでSDスロットがスライドで開いちゃうのか、
全世界が不思議だったと思うのよね。
今回のは良い設計です。

2R096075_R

そういえば、電池の格納はトレイ式になっていましたが、
このトレイの別売設定は無く、部品扱いで注文になるとのこと。
電池をセットしたトレイを予備で1セット用意しておいて、
電池が切れたら、銃のマガジンのようにトレイごと入れ替えることで、
電池がごく短時間で交換できるってのが良い使い方なんじゃないかなーと思いました。

そして、手持ちハイレゾショット。

これが問題。

今回、会場は窓のない屋内のイベントスペースで暗めだったのですが、
当然、シャッタースピードが遅めになります。
そして、ハンズオンで使われていたE-M1Xには手持ちハイレゾの設定がカスタム設定されており、
その設定では、ISOがAUTOになっていたんですよ。

2R096062_rc_R

なので、持って帰ってきたデータを見たら、ISO1250……。orz
解像感がさっぱり分からん。
とりあえず、ブレてない大きな画像が記録できた、とだけ言っておこう。
三脚ハイレゾとの切り替えは、ドライブモードで「ハイレゾショット」を選択した際に、
INFOボタンを押してからダイヤルを回すと「三脚アイコン」と「手アイコン」が
交互に表示されるので、それで選択できる。
僕的には、ハイレゾショットを選択の後に、切り替えるのではなく、
ドライブモードの中に、三脚ハイレゾと手持ちハイレゾの2つがあっても良かった気がする。

あ。ライブND。

2R096065_rc_R

これは、液晶テレビに表示された川とか撮っても、
その画質は良く分かりませんでしたが、機能が手軽に使えるってのは良かったです。
PROキャプチャー使用時みたいに、ファインダーの表示がヌルヌルして気持ち悪いですが、
撮影画像は、一応、それっぽく見えます。
これは、ファームでE-M1Mark2にも載せて欲しいですね。

そうそう、ファームアップでは、E-M1Mark2に手持ちハイレゾ搭載は無理だそうなので、
ISO LOWを64と100に分けるくらいはやってくれるかなぁ。

2R096076_rc_R

低速シャッターを特別なアイテム(NDフィルター)無しで、
思った時に使えるのは、アマチュアカメラマンには、とっても嬉しいことだと思うのよね。

ってことで、思ったままをツラツラと書いてみました。