2019年02月22日。
OLYMPUSのプロ向けフラッグシップモデル、E-M1Xが発売開始だそうです。

色んなところで早くもレビューが上がったりしていますが、
現時点で自分が把握している情報をもとに、思ったことを書いてみます。

プロユースに耐えること、堅牢性を今まで以上にアピールするべく、
イデオンのような防水試験画像もあって、すごく本気を感じる訳ですよ。
P1010948_R

まぁ、画像が無くてもOLYMPUSの防塵防滴性能は半端じゃないのだけど、
画像があった方が、より信頼されるってもんよね。

ボディは細かい改善もキチンとされているようで、
シャッター、ダイヤルまわりは、E-5のような雰囲気で良さげ。
シャッターボタンの周りがダイヤルになっているよりも、
独立していた方が、回しやすいですね。

あぁ、E-5。懐かしいなぁ。
3E260833_R
重いけど、手にはしっくり来て持ちやすいカメラだったのよね。

ボタン配置を見ると、E-M1Mark2の縦グリ付き状態のように、
縦横で同じ位置に同じボタン、みたいな思想ではないのね。
P1010948_R

他社の縦グリップ一体型ボディも、そう言うものなのか?
あ、でも、マルチセレクター付いたから、撮影中は十字ボタンは使わなくていいって事か。
そうなれば、AEL/AFL、フロント/リアダイヤル、シャッターボタンが縦横同じなら十分よね。

モードダイヤルに「B(バルブ)」が出来たのも嬉しいポイント。
今までは、いちいちシャッタースピードを60秒以上まで回さないといけなかったから、
バルブ撮影とそれ以外の切り替えが面倒だったのよね。
せっかく、星撮り機としてのアドバンテージ(LiveCOMP)もあるんだから、
こういう作りって大事よね。

カードスロットもスライドオープンからロック機構付きに変更されたようで何より。
スライドオープンは不意に空いちゃいそうで、いつも怖かった。
せっかくの防塵防滴性能だから、ここもキチンと改善しておくのは好印象ですね。

しかし、EVFの解像度は残念です。
Panasonicより後発で低解像度なのは残念です。
本当に残念です。
しかし、反応や見易さはイイのかしら?
解像度=見易さではないとは思うのだけど、これは現物見てからかしら。

手持ちハイレゾ、やはり来たけど、ダブルTruePic爾了鯤らしく、
E-M1Mark2でのファームアップでは対応出来ないのか。
E-M1Mark2でのファームアップでは対応出来ないのかー。
E-M1Mark2でのファームアップでは対応出来ないのかーー。
ちょっと期待していただけに残念。
まぁ、使うのか?って言われると、使わない気もするんだけどね。

NDフィルタを電子的に実現する「ライブND」も、世界初の機能のようですが、
これも、ファームアップでどうにかならないかなぁ。。。
M.ZD7-14mmPROでフィルタなしで減光出来たら、すごくイイと思うのよね。
E-M1Mark2のファームアップで、載せてくれないかしら?

革新的と噂されていたバッテリースロットも、予想通り、トレイに入れる方法だったな。
P1010948_R

革新的って程でも無い気はするが、他社で採用が無いならカメラ業界では革新的なんだな。
重箱の隅って話ですが、バッテリーの向きがトレイの中心に向かって▲▼となってるのが気になる。
両方とも差し込む方向に向かって▲▲とするのが自然な気がします。

そして、強気の約350000円!おいらは見送り決定ですな。
さぁ、気持ちをE-M1Mark3に切り替えましょ。(笑)

そうそう、とるなら〜写真道楽道中記〜さんのサイトでレンズロードマップを見たのですが、
M.ZUIKOラインの超望遠が気になる〜。
帯がM.ZD75-300mmを超えてる!見た感じ100-400mmに見える。
Panasonicの100-400mmよりも安価でありながら、防塵防滴な100-400mmを期待したい。

また、M.ZUIKO PROのラインでも、M.ZD50-200mmPROやM.ZD70-250mmPROを
予定してるっぽいのも期待したい。
特に、70-250mmなんて、12-100mmと一緒に使うのに良い守備範囲じゃないかしら!

M.ZD50-200mmPROは、かつてのZD50-200mmの代わり?
でも、50-200mmがPanasonicで出ちゃってるのに今さら?
M.ZD12-100mmPROと使うと考えると、100-200mm域をカバーとな。
M.ZD12-40mmPROと使うと考えると、40-50mmが抜けちゃうな。
いや、ってゆーか、僕は標準レンズの望遠端が40mmは困る〜。微妙。
ロードマップでは、新標準ズームレンズの登場も予告しているけど、
帯が12-40mmと同じように見えるのよね。。。
M.ZD12-40mmPRO2で、レンズ手振れ補正搭載とか?それもいまさら微妙。。。
何が出るんだろう???
それより、M.ZD100mmMACROがないじゃんさー。
ってゆーか、収益性の高いPROレンズも大事なのはわかるけど、
一般の顧客が購入しやすい価格帯のM.ZUIKOラインを充実させるのも
もっと大事な気がするのになぁ。
10〜50mmの間に大口径単焦点レンズを複数出すって、
もうその辺りは、お腹いっぱいだよー。

ってことで、E-M1Xの機能が早いところ、
他の機種にも採用されていくことを期待します!(まだE-M1X発売前なのに。)
新機種もそうですが、可能であればファームアップでも!
手持ちハイレゾ、どうにかならないのかなぁ。