この週末、ブラックフライデーとやらで、googleがGoogle Homeを約7000円引き、
Home miniは2台で一台分以下の5500円と、超特価で販売していましたが、
うちは先日、Google Home miniを2台体制にしてしまったのよ。
まぁ、安さよりも早く導入したことが大事よね。きっと、きっと。

んで、2台目はリビングダイニングに設置したのですよ。
人がいる時間が長いってことと、来年導入予定の給湯器のIoT化で、
GoogleHomeが対応するように祈っての設置です。
夕飯作りながら、「Ok,google お風呂を沸かして。」みたいのを実現したいな、と。
それまでは、パスタを茹でるのに「Ok,Google 7分経ったら教えて。」とか、
僕の部屋へのブロードキャストで、楽しく使えるくらいかな。
親が慣れてきたら、Chrome Castをリビングダイニングのテレビに移設して、
ちょこっとテレビの操作をしてみようか。

んで。僕の部屋なのですが、テレビ、エアコン、タワー型扇風機と照明を
声でコントロール出来ていたのですが、その照明のコントロールが、
なんとも不安定だったんですよ。
使っているスマートリモコンMagic Cube CT-10は対応しているはずなのに、
何回もトライしてみないとOn/Off出来ないことが多くて、それなら手動でやった方が早い状態で……。

なので、今日、思い切って照明を買い替えてみました。
いままではNECの照明だったのですが、Panasonicの照明に買い替えです。
そうです、僕はPanasonicってメーカーの製品が好きじゃないのですが、
照明にはこだわりが無く、Magic Cube CT-10が家電大手のPanasonicには
キチンと対応してそうじゃないかというイメージという理由でのチョイスです。
しかし、NECとてそこそこ大手ではあるのに、動作が不安定だったので、
正直、不安な気持ちはあったんですよね。
買って、帰って、取付してみたら動かなかったじゃ最悪だな、と。

2R254269

でも、今回は大丈夫でした。
これまでの不安定が嘘のように、百発百中でOn/Off出来ちゃいます。
これで、消し忘れ防止用に日次タイマー動作で照明やエアコンをOffにしたり、
防犯のために外出先からの照明Onとか、色々なシーンで利用できそうです。


おっと、そろそろ寝ようかな。



「Ok,google ライトを消して。」