ウイルス性の風邪で出勤不能だった僕は、
抗生物質の処方で熱も下がり、少しずつ元気に。
でも、坐骨神経痛は「元気に」を感じさせないようにしているのか、
ピキピキと僕の左脚を締め付ける。

そんな身動きできない今日は、暇を見つけては取り組んでいるお友達のデータ救出作業を。
もう3か月超の作業だが、HDDが作業途中で機嫌を損ねるので、
なかなか進まな〜い。

最近寒くなってきて、HDDの温度も夏よりも上がりづらくなってきたので、
外気で冷やしたHDDをPCに接続してLinux(ubuntu)起動のPCから読み込み。
今日は、HDDの機嫌も良くて、何万ファイルかを復旧できた。
が、まだまだ欲しいデータの半分も行ってない予感。。。
(お友達、携帯の画像バックアップがすごく多いっ。)

PB160385

作業が長時間になると、さすがにHDDも悲鳴を上げてアクセスできなくなるので、
ホントにそろそろ出来ることも限界かも。時間もかなり掛けてるし。

でも、かなりの量が取れたので、それなりの満足が得られると思いたい。