うむ。

PB052330_rfc2_R

進むべき道が見つかったということじゃ。

PB052344_rfm_R

その道は、とても明るく、光満ちている。

2R053150_rc_R

その光は、すべてを鮮明に写し出すじゃろう。

2R053186_rfm_R

って、決まったことを挙げてみますね。

SIGMA Contemporaryラインを揃えます。

Contemporary 16mmと似通ったM.ZD17mmF1.8をドナドナして、
Contemporary 16mmを導入しました。
画質を優先して標準画角を撮りたい時は、大きいContemporary 16mmが主役です。

そして、新たにM.ZD17mm F2.8を迎えます。
これは、OLYMPUS AIR用に3DプリントしたギアでVF-1を使って撮影するため。
VF-1は17mmの画角と合った光学ファインダーなので、17mmは必要。
そして、M.ZD17mmF2.8はF1.8よりも小型軽量で、AIRに適したレンズと言えます。

次に、M.ZD75mmをドナドナして、Contemporary 56mmを導入します。これは22日発売。
56mmと75mmでは画角がずいぶん違うのは承知ですが、
75mmは無理矢理使わないと持ち出さないし、何よりSIGMAの56mmで撮ってみたかったので、
そのSIGMA愛を優先します。

ArtとContemporaryをコンプリートか……。
すごい志熊っぷりじゃ。