やはり軽いのは良いね。
今まで持っていた中で、最軽量のレッツノートさん。
SSD換装で、動作スピードも快適だし、
中古だったけどバッテリーの持ちも良い。
CF-NX2と同時期に販売されていたPCにCF-N10などの
もう気持ち大きいモデルがある。
そちらのモデルの方が、キーボードが余裕のある配列になっているから、
タッチタイプはやりやすいと思うのだけど、今回は小型と軽量を重視して、
CF-NX2をチョイスしました。

5M200623

しかし、実際に使ってみると地味に使いづらいキーがある。
「_(アンダーバー)」キーだ。
CF-NX2は長方形からはみ出す個所の無い6段キーボードなのだけど、
それを実現するために、最下段の右寄りのキーが若干幅を縮められている。
そのおかげで、カーソルキーの「↑」キーが、Shiftキーと「_」キーの間に
割って入ってるような配列になっているので、「アッ!」ってなることが多いのよね。

僕はファイル名で「_」を入力することが多いので……。
※RAW現像したjpgファイルは「_rc.jpg」などと入れることにしています。

キー自体はそれなりにキーピッチは確保されており、ストロークも十分で、
とても打ちやすい部類のキーボードだと思うのだけど、
この点がちょこっと不満でしょうか。
まぁ、この点は、本体の大きさとのトレードオフの関係にあるので、
本体の大きさのメリットの方が大きいと割り切ることにします。