行ってきましたよ。近隣の大学病院。
昨日、腰椎硬膜外ブロック注射を受けてきましたが、
麻酔が切れた2時間後には、左脚がビリビリしてクネクネ歩行に。。。
夜、ベッドで仰向けに寝るのもツラいので、
急ぎ、大学病院に行ってきましたですよ。
というのも、昨日、ペインクリニックでブロック注射を受けつつ、
近々に手術という選択肢を考えたい旨を伝えて紹介状を書いてもらっていたのです。
大学病院は基本的に予約での受診だったのですが、
紹介状がある旨を伝えて確認すると、今日診て頂けるとのこと!
ビバ!

とは言え、急にねじ込んでくれた診察は、
ほぼ朝一に病院に到着しつつも、呼ばれたのは13時半過ぎ。
予約の患者さんが一人もいなくなった時でした。

今回紹介状を書いてもらった大学病院は、
今年承認され、8月から使えるようになった新薬「ヘルコニア」が使える施設。
ヘルコニアは、ざっくり言うと『椎間板に注射することで椎間板の内圧を下げることで、
ヘルニアが神経を圧迫するのを軽減する』薬。
注射一本の低侵襲治療で、日帰りも可能ってんだから注目してたんですよ。
患部の状態によっては適用できないのですが、
とりあえず、選択肢が多い方が良いよなってことで。

5M200617_rfc

んで、診察。
担当は紹介状もあって、整形外科部長に。
とても誠実そうな方で、しっかり話を聞いて頂き、
丁寧に説明をして頂きました。
そして、ヘルコニアについては、やらない方向に。
ニュースなどでは「待望の新薬」的に扱われた記事が多かったのですが、
実際は、過去に海外では行われていた治療方法で、
その時は、ヘルコニアと違う酵素を利用してはいましたが、
結果、症状の悪化やアナフィラキシーの副作用などもあり、
販売が中止されたもの。
そんな経緯もあり、整形外科界隈でもヘルコニアの利用は、
一部の医師・医療機関だけが積極的な姿勢のようです。
なので、やるとしたら普通に手術を行う予定。

しかーし。

手術となった場合、大学病院では「入院は二週間」とのこと。
えーっ!?二週間も仕事休めるのか???
まいったー。すぐに判断できないー。

ってことで、一旦持ち帰り。
会社と相談して、入院となるまでは前のペインクリニックに戻って、
腰椎硬膜外ブロック注射をする方向になりそうです。