イイ写真って、色々定義はあると思うんだけど、
一番大切なのは、「自分が満足できる画が撮れたか」だと思う。

5M028034_rfc_R

色を重視してピントの誤差はキニシナイって写真も、
撮るタイミング、構図を徹底的に計算して撮った鋭い写真も、
酔った席でテキトーに撮った、ボケボケのみんなの笑顔も、
どれも自分が気に入らなければ、ただの写真。

5M028067_rfct_R

そうは思っても、写真を、カメラを趣味にしていると時々、
「いい写真ってなんだっけ?」
と思っちゃうのよね。

5M028095_rct_R

そんな時は、お気に入りのカメラとレンズ1本を持って出掛けてみよう。
昨日の僕は、E-M5Mark2とSIGMA Art 19mm DC DN。
SIGMAの19mmは、お手頃価格なのに、画質と使いやすい画角がとっても良いのだ。

5M028143_rc_R

病院の予約時間まで、少しお散歩カメラ。
お気に入りのカメラとレンズなら、普通の街も特別。
そう思い込むのだ。
そうして、「ん?」と思ったらシャッターを切る。

5M028289_R

そうして、楽しんで撮った写真は、どれもいい写真。
色々悩むこともあるけど、お気に入りのカメラとレンズがあれば、
きっと、いい写真が引き寄せることが出来るはず。



(自分にとって)いい写真を引き寄せよう。