なんだかんだと毎年のように行っている日高市の巾着田。
そう、曼珠沙華ですよ。彼岸花ですよ。

2R243313_R

彼岸花の群生地、巾着田は川沿いのプチ林の中にあるのですが、
当然、基本的には日陰なんですね。
そうなると、明るいレンズを持っていきたくなるのですが、
腰痛に悩まされるどこ。は、日和ったチョイス。
唯一明るいM.ZD75mm以外は、M.ZDスタンダードラインのM.ZD75-300mmとM.ZD30mmMacro。
一応、お気に入りのSIGMA19mmをこそっとカバンの隅に忍ばせて。

2R243133_R

今回、キチンとM.ZD30mmMacroを使ってみたのですが、良いですねぇ。
Macroだから当たり前ですが、どこまでも寄れる近接能力と軽量さ、
それでいて、結構キチンと解像してくれる優秀レンズです。
1枚目と2枚目がM.ZD30mmMacroですが、良い感じだと思いませんか?

2R243459_R

そして、M.ZD75mmは相変わらず上手く使えないですが、
ふとした画に色気を与えるような気持ちにさせてくれます。
モノトーンで撮ってみたのも、艶っぽさを意識して。

2R243239_R

そして、日陰では厳しいのがM.ZD75-300mm。
木漏れ日の当たる花を探してのショットなら、十分イイ感じに。
って、もうちょっとだけでいいから、大きな玉ボケが欲しい……。



いや、健康な腰が欲しい。