M.ZD9-18mm、M.ZD75-300mm。
性格の随分異なるレンズだけれど、同じ価格帯。
どちらも気になっている。

M.ZD9-18mmは、超コンパクトながら9mm(35mm判換算18mm)の超広角。
マイクロフォーサーズ初期に発売となったレンズですし、
F値は4.0-5.6とやや暗めで室内使いには厳しいか。
しかし、画質こそM.ZD7-14mmPROには遠く及びませんが、
他の追随を許さない圧倒的な携帯性。

今の僕は、荷物を軽くしたい場合の最広角はLumix G14mmで、
広角ではあるけど、「超」は付かない。
少し重さを我慢すればM.ZD12-40mmPROか。。。
いずれにしても、超広角9mmはとても魅力的だ。

むむ。

P9030010_rfc

そして、超望遠側。
今の手持ちレンズだと、最望遠はM.ZD40-150mmPROにMC-14を組み合わせた210mm。
これがまた、重いのよね。約1660g。
4/3で最大望遠420mm(ZD70-300mm+EC-14)を使っていた僕は、
やはり210mmは足りないのよね。
って事で、気になるM.ZD75-300mmですよ。
軽量な423gのレンズに300mm(35mm判換算600mm)の超望遠。
逆光耐性は特筆すべき高さで、何故か防塵防滴性能なし。

むむー。

って事で、ちょっとヨドバシに寄ってみたんですが、
M.ZD9-18mmは、ちょっと古さが気になる。。。
ちゃんと屋外で試し撮りしてみてないけど、なんだかウキウキしなかった。
軽量超広角にいくなら、LAOWAの7.5mmとかの方が楽しいか。。。

M.ZD75-300mmは、想像通り過ぎて可もなく不可もなくな印象。
でも、悪くはないモノだから、ネットで作例を漁って、
解像感とかをもっと確認してみよう。
防塵防滴だったら、悩まないんだけどなぁ。