BAGWORKSのバッグ、POSTMAN MISSING PIECEはお気に入りのバッグ。

これが・・・!オイラのPOSTMANだっ。

カバンは時々洗うべし。

レンズ5本とボディ2台、それにお財布やちょっとした小物類など、
結構たっぷり入るし、蓋がベルクロじゃないのも良い。
また、蓋を開けた状態でも、カバンの口が少し内向きになっていて、
中のものがこぼれづらい構造になっている。
とっても良くできているバッグなのです。
しかし、可愛い赤のバッグは紫外線に弱く、ストラップもだいぶ痛んできた。

2R183491_rc_R

そこで、mi-naのカメラバッグが登場。

可愛いカバンで、ルンルンお散歩。

PROレンズ3本でキチキチになっちゃうけど、あまり幅を取らないのも良い。
なので、今はこのバッグを中心に使っています。
僕は、肩掛けバッグを右から左に斜め掛け、カメラは左から右に斜め掛けにしないと、
快適にレンズ交換が出来ないんですよ。
ちなみに、交換手順はこんな感じ。

1.左手を後ろに回してカバンのふたを開け、レンズを取り出す。
2.右手でレンズリリースボタンを押してカメラに着いているレンズを少し回す。
3.左手のレンズを身体の前に持ってきたら、右手でレンズキャップを外す。
4.レンズキャップを右手の掌に載せ、その右手でボディに着いてるレンズを回して外す。
5.スグに左手に持ったレンズをボディに装着。
 交換前のレンズがSIGMAのartみたいな小さめレンズなら、
 同時に右手のレンズにキャップを着けて締めると、手順6が飛ばせる。
6.右手に持ったレンズのレンズキャップを両手で着ける。
7.交換後のレンズを左手に持ち替え、後ろのバッグに入れる。
8.バッグのふたを閉める。

この手順に慣れれば、多少の速度で歩きながらでも交換できます。

ん?最近買ったManfrottoのバッグはスリングタイプだったって?
えぇ。荷物多めの時にはmi-naじゃダメなのと、身体に密着できるバッグは、
走ったり出来るので、便利です。でも、レンズ交換はしづらい。




ってことで、再び・・・。

2R183496_rc_R

写真は完成イメージです。
現在、販売されているpostmanは、「missing piece」というモノで、
キチンとpostmanな感じにするには、お直しが必要なのです。
以前の赤postmanでも、お直しをしてたので今回も。
そうそう、今回はちょっとオトナなブルーグレーをチョイスですよ。

完成は、ちょっと先で12月下旬だとか。
楽しみだー。