昨日からウチに来た缶PC。
なにしろコンパクトなのがウリなので、
その入力デバイスについても、チョイスに気をつけないと。

コンパクトなのは、持ち運びなどにも便利だけど、
仕舞っておくのに場所を取らないというのもメリットだ。
だから、キーボードとマウスも、それなりに小さいほうがイイ。

とは言え、自分以外の家族が使うときに、
超コンパクトなbluetooth3つ折りキーボードとかでは、
打鍵しづらいだろうし、マウスも小さいと使いづらい。

で。

チョイスしたのがLogicoolのK400r。
10キーが無い代わりにタッチパッドが付いているので、
膝の上とか、ベッドで寝転がりながらとか、
そういうシチュエーションでも使いやすそう。

PA173185_rc

実際に到着した製品を使ってみると、
先日から使っている同じLogicoolのK275と比べると、
行き止まりがゴムっぽいからカチッではなく、コツンという感じ。
どちらもチープだけど、方向性が違うって感じ。
キーは気持ち小さく、カーソルキー周りは細めになっているけど、
まぁ、著しく打ちづらくならないサイズってことで。

タッチパッドも過敏だとかってレビューも見掛けたけど、
僕は特に問題を感じませんでした。
キーボードとマウスが、コレ一台で間に合うってのは、なにより便利なのだ。