お友達が、「自分の写真に飽きてます」って。
似たような露出や構図になりがちなのかしら。
僕も、そういう感じがすることあります。
自分の写真は、上手いのか?下手なのか?
どこが良いのか悪いのか?

PB060003

それが重なると、すごく悶々として「スランプだー!」ってなりますが、
そうなる前に気付いたら、自分の作風から離れてみようと、
誰かの真似をしてみたりします。

佐々木啓太さん的に、都会を行きかう人々を撮ってみたり、
蜷川実花さん的に、普段はあまり好まないビビッドな色で撮ってみたり、
中井精也さん的に、普段はあまり撮らない鉄道を撮ってみたり。
設定や露出、自分のセンスじゃない写真を。

実際には、自分の好みが出ちゃうので、
真似と言っても真似しきれないのですが、
普段やらないことをやることで、引き出しが増えたり、
自分の技術向上に繋がるかも知れません。



「自分の写真」ってなんだろう。



難しいなー。

それが確立できている人が、プロカメラマンになれるのかも?