E-M1の度重なるファームアップで可能になった、C-AF追従高速連写。

E-M1

そんなE-M1に追加したE-M5 Mark2。
使い勝手は基本的に一緒・・・だったけど。
基本的なことを忘れてました。
E-M5 Mark2の場合、高速連写の場合はフォーカス固定だったのね。。。

E-M5MK2

元々、『OLYMPUS機はC-AF中もターゲットをロストしやすい』という先入観があるから、
『AF外れた!』と思ったら、レリーズを押し直す癖がついてる。
そんなこんなで一連の画像を見返しても、連写開始時だけしかピントが合ってないことに
気が付かなかった・・・いや、結局、あんまり考えて撮ってなかったってことだな。



次期E-M1のことを考えていたら、ハッと気付いた次第です。
オリンパス好きって公言してるの、恥ずかしくなっちゃうわ。