M.ZD ED12-100mm F4 PRO。

PROレンズたる条件って、F値が「通し」になることかしら?
屋内ユースを考えると、PROレンズなのにF4スタートで良いの?
15万円を超えるレンズなのに何故?
F2.8-4.0ではダメだったのかしら?と思ってしまいます。

質感や操作感はM.ZD12-40mmなどと同じ感じ。
フードはZD12-60mmSWD程ではないですが、結構大きめの花形。
M.ZD12-40mmPROで不評だったのでしょう、ロックボタンはフード外周とツライチで、
指先や爪で押す感じ。
M.ZD12-40mmPROのように不意に外れたりすることは無いでしょう。
M.ZD12-40mmPRO用も、リニューアルしないかしら。

2M240001_R

とは言え、M.ZD14-150mmにはない、シャープな画像が得られること、
とても魅力的なレンズなのは間違いないです。
35mm換算200mmは、色んな被写体に対応可能です。
M.ZD12-40mmPROでは、やはり望遠側が足りないって意見が多かったんでしょうね。
そして、100mmの時に強力に役立つレンズ内手振れ補正。
自分のE-M5mark2に着けての撮影で、デュアルシンクロISが作動していたのかは不明ですが、
レンズだけであっても、ISスイッチオンでキチンとブレが止まるのは、
さすがオリンパスな感じです。

2M240003_R
で、試写ですが、ホントに適当ですみません。
まず、12mm。
ピント位置は展示台上のカボチャ。
これは、試写センス無かったですね。
もっと明るい方に、色んな距離にある物でボケ具合、解像を確認できるように、
そういうことを考えながら構図しないと・・・ですね。
もう、再訪して撮り直さないとダメですー。

2M240008_R

そして、被写体を盆踊りジオラマに変更。
今回、ピント位置はやぐらの上にAFしてパパッと撮ったんだけど、
凄くピント位置がズレまくっている…。
なので、ピント位置は気にせず、解像感を見てください。orz
(踊ってる人ピントにすれば良かった…。)

2M240061_R
29mm。
ズームリングを微妙に回しても30mmに出来なかったので近辺で。

2M240062_R
66mm。
やぐらに繋がっている提灯にピント。
100%で見ても、それなりに解像している感じです。
しかし、ISOも400じゃなくて200にしておけば…。orz

2M240063_R
100mmで。
ピントはピンク帯の女性に。
100mmでもちゃんと解像感がありますし、静物相手なら室内撮影も可能かも。
そして、M.ZDの標準ズームですから、セミマクロ的な使い方も対応可能です。

うん、これも悪くないレンズ。
でも、もうちょっと色んな作例を見てみないと、
購入には踏み切れません。

でも、ちょっとZD12-60mmの魂みたいなモノを感じたような気が…。
ん?性格が似てるだけかな?