満を持して発表になりましたね、E-M1 mark2。
心配していた発売時期も、年内予定という事でワクワクが止まりません。
でも、今回同時発表で11月に発売開始がアナウンスされたレンズ達、
M.ZD25mm F1.2 PRO、M.ZD12-100mm F4.0 PRO、M.ZD30mm F3.5のどれも
「プレミア会員限定 優先仮予約」扱いです。

きっと、E-M1 mark2も発売直後は全然入手できないでしょう。
そう思うと、テンション下がるなぁ。。。
まぁ、いずれにしても購入は決定なんですけどね。

ME112327_rc_R

とりあえず、E-M1 mark2で気になった点をツラツラと書いてみる。
(上の写真はE-M1です。)

まず、右側ストラップ取り付け金具の位置がおかしい。
親指と人差し指の間に位置するから、撮影時に邪魔にはならないのかしら?
でも、縦位置にしたときに、三角のストラップ金具が邪魔して、
Fnキーや録画ボタンが押しづらくならないか心配。

そうそう、期待している点もね。
まずは、121点オールクロスタイプの像面位相差AFセンサーですね。
広い範囲をカバーする位相差センサーで、動体の追従性が飛躍的に上がるみたい。
まぁ、実際に食いつくかは、C-AFアルゴリズムに因るところが大きいでしょうけど、
センサーは万全の物になりそうってことで。
AFターゲットパッドと上手く連携できれば、OLYMPUSが苦手だった運動会でも
大活躍すること間違いなしですね。(あれ?苦手なの僕だけ?)

噂では、OLYMPSU設計でSONY生産センサーらしいので、暗所ノイズや長秒時ノイズも
E-M5 mark2並みに少なくなっていると期待しましょう。
また、ダイナミックレンジと高ISO感度の画質も改善してるそうで、
ISO1600でも滲みのない画質だと良いなぁ。

あ!ISOと言えば、シャッター低速限界の設定が嬉しい機能ですね。
今までのISO AUTOだと、積極的にISO上げてSSを確保したり、
画質を優先して低ISOで粘ったりってコントロールが出来なかったので、
前から欲しかったんですよね。

プロキャプチャーモードは、パスト連写のことなのかしら?
だとしたら、特にコロコロ表情を変える子供相手や
鳥が飛び立つ瞬間を狙ったりするには、すごく重宝しそう。

そして、みんなが待っていた「マイセットバックアップ」。
PCにカスタマイズ設定を保存できるようになりました!ひゃっほぅ!
いつも修理やファームアップでの設定リセットに、
切ない思いをしてきましたが、これでByeByeですね。

うー。早く使ってみたいなぁ。