紅葉の露出って、どうにもカッコ良く出来なくて、
紅葉撮るたびに、気が滅入るどこまでも。です。

今日は、あれだけ「違う気がする」と行っておきながら、
スルッと買ってしまったE-M5 Mark2のデビュー日です。
持った感じは、相変わらず手に合わない感じだけど、
きっと、グリップを着けるようになったら変わるに違いない。

でも、やっぱり違和感を感じるのはFn1キーだな。
親指AFをするのに液晶画面の角が指に当たるのは気になる。。。
Fn1ボタンを、もうちょっとだけ出っ張らせれば良かったような?
そして、グリップレスの今は、Mark2に新設されたプレビューボタンを
つい押してしまうことが多く、それがちょっとストレス。
早いトコ、グリップを導入せねば・・・。

ってことで、ハイレゾショットを試してみましたよ。
今日は、風もほとんど吹いていなかったし、
絶好のハイレゾ日和だったに違いない。

って、ハイレゾの設定方法・ポイントを確認しないまま現場に到着。
別に今回は良いんだけど、ハイレゾのRAWを記録する設定にするの忘れてた。
なので、今回はJPEG撮って出しです。

比較は、この写真で。
2M050028_R_R
Livedoorブログだと、オリジナルサイズをアップできないので、
写真はPHOTOHITOにアップしたものにリンクしています。
データ量が大きいのでご注意を。

まずは、ストレートにLarge Fine画質で。
カッコいい写真じゃないのは突っ込まないで。

LargeFine

んで、こちらがハイレゾショット。

Hi-Res Shot

露出がイマイチでパッと見、分かりづらいけど、
ハイレゾショットの方が葉脈が潰れていなかったりして、高精細に写っている!
使う場面を選びそうだけど、まぁ、時々使ってみようかなぁって感じです。

そして、手持ちのハイレゾショット。
出来ない、無理って声が聞こえてきていたので、試してみました。
そして、やっぱりブレ連発。シャキーンとした画が出てこない。。。
そんな中、唯一止まって見えたのはこのショット。

手持ちハイレゾショットに挑戦!

止まっているけど、しゃっきりしないのは微ブレしてる?
とりあえず、E-M5 Mark2自体は、良いカメラだ。
ただ、持ちづらい。