今日、OLYMPUSからE-M1用の新ファーム、Ver3.0がリリースされました。

E-M1 ファームウェアアップデート: Ver.3.0 公開

改善点は、2つ。
・連写HモードでもC-AF連写中のAF追従に対応。
・OI.Share Ver.2.5 に対応。

XZ243647_rct

連写Hモードでの追従について、詳細は分かりませんが、
ファインダーで被写体を追ったときのC-AFの食い付きが、
ファームアップ前と別モノな気がします。
帰宅後にファームアップしたので、室内で家族を追ったりするくらいしか
テストも出来ませんでしたが、前よりスムーズに追ってくれます。
ピントを外しても、再合焦までの時間が短い!
これは、きっと歩留まりが格段に上がるんじゃないかと思います。

週末、早速テストをしてみたい!
ホントはサーキットとかが楽しそうだけど、電車かな?
人でも良いんだけどさー。

そして、OI.Share Ver2.5対応。
スマホからライブビューで動画撮影が出来るようになった・・・ようだ。
もともと動画ではOI.Shareなんて使わないから、分かんないんだけど、
とりあえず、動画がライブビューで撮れる。
とは言え、カメラ固定でスマホで動画撮る?
YouTuberみたいな人が使えば便利なんだろうか?
動画撮影中にズーム操作が出来ないので、
そこはもうちょいっ。惜しいとこだよねぇ。

OLYMPUSは「連写HモードでC-AF連写中のAF追従に対応しました。」
という表現にしているけど、C-AFのアルゴリズムを見直したことで
C-AFの精度・速度が上がり、その結果・・・連写Hモードの速度にも
ついて行けるようになった。ってことなんじゃないかな。

とりあえず、良いファームウェアなのは間違いないっ!




・・・きっと。
テストしなきゃ。てすとー。