今日発売のE-M5 Mark供
僕にとって、待望のバリアングル液晶のOM-D。
しかし、先日のCP+で触ってみて感じた違和感。
120%買おうと思っていたのに、急に靄の中に放り込まれたような感じに。

そして迎えた発売日。
仕事帰りにビックカメラに寄って触ってきました。

CP+の時に何を思ってたっけ?と思いながらE-M5兇鬚海佑り回してみると、
スッキリ、までは行かなかったけど、違和感が分かったかも。

XZ203613

いくつか気になった点があって、一つは前回書いていなかった液晶の固定の硬さ。
E-M5兇留嫋修蓮液晶側に凹、本体側に凸があって、
畳むと凸が凹にパチッとハマって固定されるのです。
この凸はバネで引っ込むようになっていて、液晶を畳むときや動かすときに
少し引っ込んで凹から外れるようになっているのだけど、ここが硬いんですよ。
さすがに何十回も動かしてはいないのですが、何とかやると微傷が残るくらい。

XZ203624

「なんだよ、微傷くらい」と思う方もいらっしゃると思いますが、
この固定の硬さは、『E-3の液晶パカパカ』を連想させるのです。
液晶パカパカについて詳細は割愛しますが、
液晶の開け閉めの負荷で液晶部の筐体が開いちゃう事例です。
以前、所有していたE-3でこの事象が起きたこともあり、
硬すぎることに不安がよぎったのです。
もちろん、当時の設計とは異なり、ネジの位置は凸部に近く、
力が掛かっても強度的に問題ないようになっているんだと思うのですが・・・。

二つ目は、E-M1では気に入っているFn(ファンクション)レバー。
これもE-M5兇蝋鼎い鵑任后
本体の大きさとかのバランスもあるのかも知れませんが、
E-M1と比較してみると結構硬いんです。
E-M1の指先でパチッと弾くような快適な操作感が好きなのに・・・。
そして、Fnレバー及びAEL/AFLボタンに親指を掛けると、液晶に指の腹が当たります。
液晶の角はそんなに丸くないので、角が当たってる感が気になります。

XZ203611

そして3つ目。シャッター音。
なんだか、滑るような感じの音になっていて、気持ち良くない。
これは、シャッターユニットの設計が大きく変更されたことで、
音が変わったのかも知れないので、性能向上の代償かも。
いや、音に関しては好みや興味の差も大きいので、
人によっては全然関係無いかもですね。音が画を撮る訳じゃないし。

でも、僕は触覚、聴覚もカメラを使う上で大事だと思っています。
撮る気にさせるシャッター音、一体感を感じるグリップ、
意のままに操れるダイヤル・・・。
人間は感覚の生き物なので、そういうモノで撮れる画も変わってくると思います。
高性能なカメラよりも、お気に入りのカメラの方が、満足な作品が撮れると思うんです。

そんな訳で、これが全部じゃないかもですが、僕が感じた違和感の正体。
今のところE-M5兇聾送ることにしました。
あ、やっぱり今日触った個体もコントロールダイヤルのクリック感が
縦グリの感覚と違って柔らかかったので、縦グリ使う人は気にしてみてください。
変な視点でごめんなさいね。

手の大きさとか、色んな要素で他の人は気にならないかも知れないので、
迷っている人は、実際に店頭でこねくり回してみてください。