先日、ブログで仲良くさせて頂いている時計好きさんが、
レンズの汚れたピントリング、ズームリングをキレイにする方法を紹介していました。

ゴム白化の掃除

そこで、『僕は、外して洗っちゃいます!』ってコメントしたら、
あまり皆さんはやらないみたいで・・・。
で、ふと見たらZD14-54mmとSIGMA30mmF1.4のリングが汚かったので、
外して洗い、記録を撮っとくことにしました。

EM053084_R

まずは、ピントリング、ズームリングのゴムの外し方ですが、
ゴムの部分を強く押さえながら摘むようにすると、
ゴムの端が少し浮いて隙間が出来ます。

EM053085_R

そのスキマに爪を差し入れつつ、ゴムを抜きたい方向に押しながら回していくと、
ゴムがズレないようにしてある段差を越えて、ゴムがズラせるようになります。

EM053086_R

そしたら、少しずつズラしながらゴムを抜き取ることが出来るので、
クルクル回しながら抜いちゃいます。

EM053088_R

リングのゴムを抜き取ったら、後は洗面所にごぅ。
使い古しのハブラシにキレイキレイなどの洗剤をつけて、ゴシゴシガシガシ・・・。
ゴムの凸凹に入り込んだ汚れを、キレイにしていきます。

EM053095_R

こうしてキレイに洗ったら、水で濯いで水気をタオルで拭き取ります。
乾いたら、レンズに戻せば出来上がり♪
やっぱり、石鹸で洗えると軽やかな感触になるような気がして、
気持ちがいいよね。