行ってきました!OLYMPUS PhotoFesta2014。
って言っても、まずは小川町のオリンパスプラザ東京から。
今日の目的は、もちろんM.ZD ED40-150mm F2.8 PRO!(以下、M.ZD40-150mmPRO)
だって、PhotoFestaじゃ時間掛けて並んでも、少ししか触れないだろうから、
先行展示しているオリプラで先に触っておくのが良いだろうと。

と言いつつ、朝行った巾着田において、
ZD ED12-60mm F2.8-4.0 SWD(以下ZD12-60mmSWD)が壊れてしまったので、
それを診せに行くのも兼ねてます。

で。オリプラに行くとありましたよ、M.ZD40-150mmPRO!
テレコンは着いてませんでしたが、フードは着いていたので、
フードの使い勝手も。。。

EM200308_R

まずは重さ。
これは軽い!いや、金属製なので、それなりの重量感はあるのですが、
換算300mmF2.8のレンズって考えたら、小さくて軽い。
普段、ZD ED50-200mm F2.8-3.5非SWDを使っている僕からしたら、
レンズだけしか持ってないような?そんな雰囲気。
鏡筒がZD50-200mmよりも細いこともあって、小さな手でも持ちやすいことも、
軽く感じる要因かも。

EM200300_rc_R

M.ZD12-40mm F2.8 PROと同じく、マニュアルクラッチフォーカス対応の
ピントリングですが、ZD12-60mmSWDと比べて、トルク感が結構軽めですね。
とは言え、ジェントルな感じで合わせ易い適度な抵抗感です。
M.ZD 17mm F1.8のスナップショットフォーカスのトルク感よりもイイ感じがします。
目的が違うから、こういう感覚も変えているのかしら?気のせいかしら?

鏡筒左には、色んな機能を割り当てられるL-Fnボタンもあります。

EM200299_rc_R

そして三脚座。
ZD50-200mmSWDモデルのように、キチンと高さがあり、ネジも角度が付いてて使いやすい。
ZD50-200非SWDモデルは、三脚座が色々とイケてないよなぁ。
でも、そんなZD50-200の非SWDモデルでイイトコなのがフード。
SWDモデルはフードが馬鹿みたいに大きいので、
非SWDモデルのスリムなフードは収納性が高いのです!
バッグに入れづらいと、フードを持っていかないとか、レンズを持っていかないことに
なりかねませんもんね。

EM200310_rc_R

で、M.ZD40-150mmPROのフードは、その間を取ったような太さ。
M.ZD ED60mm Macroのように伸縮するギミックがあるので、
そのガイドレールの分、太さがある感じです。
伸縮は、フードにあるピントリング的なリング部を少し捻りながら手前に引くことで
縮めることができます。これは、収納が楽かも。ちょっと強度に不安はあるけど。
フード自体の取り付け取り外しは、フツーにバヨネット式です。

そして、恒例のドキドキ、マウント部チェック。

EM200319_rc_R


残念、中国製みたいです・・・。
あれれー。初期ロットはMADE IN JAPANかと思ったんだけどなぁ。。。


ででで。

秋葉原にテレコン見に移動っ・・・。

テレコンは、M.ZD40-150mm及びM.ZD ED400mm F4.0 PROとデザインを揃え、
ツルッとしたブラックボディ。
白字で「M.ZUIKO DIGITAL 1.4x TELECONVERTER MC-14」の表記。
この質感で、MMF-4を作ってくれれば、みんな納得しそうだな。

EM200373_rc_R

で、噂のでっぱりを確認。

EM200374_rc_R

うん、結構出ていますね。
取り扱い時に、レンズ側を下にして置けないから、微妙に気になりそう。。。
テレコンはマウント側を確認できなかったのですが、MADE IN CHINAかな・・・。

んで、僕としては最大の気になりポイントであるAF速度は、
テレコンの有無に関係なく、爆速で納得です。
この速度なら、動体を追いながらのAFにも十分対応してくれそう。
会場では、おねーさんしか撮れませんでしたが、
スパッと合うので、とっても安心しました。
うん、これは到着が今から楽しみー。
(でも、11月の入間航空祭には間に合わないのね・・・。orz)

そういえば、M.ZD40-150mmPROの体験コーナーの入り口に、
M.ZD ED300mm F4.0 PROが飾ってありました。

EM200370_rc_R

Canon、Nikonの600mmF4.0と並べて、換算600mmレンズの大きさ勝負!
みたいな感じでしたが、オリンパス圧勝な感じ。
まぁ、細かいトコが色々違うんでしょうから、単純な比較じゃダメなのかもですが、
見た目のインパクトは十分でした。