昨日の日記の続きみたいな話。

M.ZD ED40-150mm F2.8 PRO。

EM161956_rc_R

その開発発表を聞いて、僕は非常にガックリしていた。
普段からZD ED50-200mm F2.8-3.5を愛用し、150〜200mmの焦点距離を良く使う僕。
マイクロフォーサーズに完全に移行できない理由の一つが、
防塵防滴の望遠レンズが無かったことだった。
なのに、やっと発表になった望遠レンズが150mm止まりとは!
F2.8通しでなくていい!
ZD ED50-200mm F2.8-3.5をそのままマイクロ用にしてくれるだけでいいのに。
そう思っていた。

なので、当然スルーの予定だった。

しかし、最近になってテレコンの話が出てきた。
x1.4テレコンを使えるなら40-150mmは56-210mmになり、
F値も1段分落ちてもF4.0なら、そんなに暗くない。
そして、ZD ED50-200mmでいまひとつなAF速度が、M.ZD ED40-150mmなら超高速。
特に、オイラの50-200mはSWDモデルじゃないし。

そんな訳で、少しでも軽量に防塵防滴装備を構成したい時に有効な、
M.ZD ED40-150mm F2.8 PRO+MC-14キットをIYH!です。

そうなると、M.ZD12-40mm F2.8 PROも欲しくならないかって?
広角〜標準のレンズは、ZD ED12-60mm F2.8-4.0 SWDがあるから大丈夫。
E-M1なら高速なSWDが活きるし、望遠側60mmまでの守備範囲が頼もしい。
重さは、かなり違うけど、軽量にしたいならZD14-54mm F2.8-3.5もある。
きっと、完全にマイクロに移行するときまで、12-40mmは要らないはず。