今宵はスーパームーンですね。
月が地球にとっても近い日。
みんな月を撮ってると思うので、僕も撮ってみました。

今回は、先日入手したKenkoのミラーレンズ、400mm F8も使って、
換算800mmの超望遠でいってみました。

kenko ML400mmF8
Kenko MirrorLens 400mm F8 MFT

予想通りと言いますか、無限遠に近い場所のピント合わせがシビア!
そして、レンズ性能の限界か、ピントの山が掴みづらい・・・。
どうにか一番イイトコでシャッター切りましたが解像弱〜い。

ZD50-200mm F2.8-3.5+EC-14
ZD ED50-200mm F2.8-3.5 + EC-14

そこで、ZDのED50-200mmに1.4倍テレコンをかましてみると・・・。
大きさは小さくなるけど、解像力アップ!
400mmの写真と同じような大きさにトリミングしても、十分解像感がある!
とは言え、BORGとかの「望遠鏡の親戚」みたいなのとは違うな。。。

そして、最後にED50-200mm単体。
ZD50-200mm F2.8-3.5

EC-14使用時よりも、解像していると思いますが、像も小さく・・・。
400mmの月と同じような大きさにしてみる。うん、解像してる!
やっぱり、キチンと作られたレンズは解像力が高いな。

そして、Kenkoの400mmミラーレンズは、やっぱり超望遠のための400mmじゃなさそう。
テレマクロのための400mmだって確信したっ!