コンデジよりも一眼の方がキレイに撮れる。
いやいや、そうとも限らない。
キレイに撮れるってことは、何だ?

キレイの基準のひとつに、『ピント』があると思います。
狙った場所に、しっかりピントが合った写真であることは、
写真の内容(構図その他の表現)以前に必要な条件であることが多いと思います。
そして、一眼初心者にとって、そのピントが落とし穴。

ピントの合う範囲をコンデジよりも狭くできる一眼は、
大きく背景をボカしたりできる反面、カメラの微妙な前後動でも
ピントを外してしまうことも多いでしょう。
特に被写体に寄った撮影では・・・。
そういう場面では、むしろコンデジの方がキレイな写真が撮れます。
センサーサイズの小さいコンデジは、ピントの合う範囲が広く、
多少、カメラが前後動をしても失敗写真にならない、懐の深さ?があります。

そう、コンデジがカメラとして一眼に絶対的に劣ると言うことは無いんです。
特性を理解して、場面場面にあったチョイスをすれば良いんです。

そういった意味では、最近流行の高級コンデジは、
一眼のような高性能なレンズと、普通のコンデジより大きめのセンサーで、
様々な場面で失敗が少ない汎用性と、一眼っぽい表現を併せ持つ、
イイトコ取りな感じですね。

そんな訳で、今日はXZ-2でパチリ。

XZ061568_rc_R