型落ちだが大量に余ってしまっているようで、
amazonをはじめ、投売り価格で売っているOLYMPUS渾身のコンデジ、XZ-1。
流行の高級コンデジの先駆けであるXZ-1は、
1000万画素CCDの性能を十分に発揮するi.ZUIKOレンズの性能、
F1.8-2.5と広角側はともかく、望遠側(35mm換算で112mm相当)の明るさが魅力です。

UIに色々と不親切があったり、有機ELの液晶の発色がおかしかったり、
使い勝手に問題はあっても、ツボった時には凄い描写をするコンデジ。

EM050567_R

お正月ってこともあってか、巷で再び盛り上がっていたので、
僕も、ちょこっとノッてみることにしました。
何年ぶりだろう、コンデジ買うの。
あぁ、物欲が止まらない。

ちょっと触ってみて、まず気になった点は・・・
1.OLYMPUSの至宝「スーパーコンパネ」が無い。
2.レンズ周りのリングがMFに使えないという謎仕様。
3.有機EL液晶の彩度が高すぎて色の確認に使えない。
主にこの3点ですね。どれも購入前に知ってたので、良いんですけど、
やっぱり、これをそのまま製品として発売したのは問題ですね。>OLYMPUS
現行機のXZ-2では、どれも改善されてます。・・・当然です。

EM050587_R

今回、純正本皮ケース付きで、購入してみました。
ケースにストラップが付いていて、取り外しが出来ないっていう
これまた変わった仕様のケースですが、フィット感は純正ならではです。
しかし、ストラップの取付位置がカメラのセンター位の高さのため、
カメラが逆さになりやすいという、これまた謎仕様・・・。
詰めが甘いんだよな、OLYMPUS。

EM050541_R

まぁ、色々書いてますが、OLYMPUS愛です。(笑)

基本的に、通勤用&サブ機にするつもりです。