ちょっと気付いた。
最近・・・というか、ここ数ヶ月。
写真撮っていても、「楽しいけど、なんだか新鮮さがない・・・。」
なんて事を感じていた。

ME120919_rfc

好きな構図とか露出があることもあって、
撮ったことのある被写体をファインダーで見ると、
「あれ?前にも同じ感じで撮ってるかも。」
って思って、シャッターが切れない・・・。
そうこう繰り返していると、テンションが落ちてしまってね。

でも。
確かに同じような構図、同じような露出で撮った事があっても、
その写真が、僕の代表作?になってないってことは、
思い違いか、ホントにツマンナイ発想だったか、
もっと改善の余地があったか、どれかだ。

・・・きっと。

そんな風に考えたら、同じような構図も、同じような露出も、
微調整とか、大調整とかで、もっと良い写真になるのかも知れない。
そう。新鮮なんだ。

同じ条件なんて、ないんだから。