さて、ブルーインパルス。
結論から言うと、E-M1とEC-14+ZD ED50-200mm F2.8-3.5 SWDの組み合わせは、
AFが全然ダメでした。
横方向に流しながらのAF、急速接近中の機体に対してのAF、
どっちも全然合いませんでした。orz

MFでのフォローが無いと、行ったり来たりした後に、
無限遠側の端っこで止まります。
(この場合、無限遠よりも先まで行くので、無限遠でもない。)

STANDBY

EC-14を外してのAFも、SWDで素早く動き出すんだけど、
素早く諦めちゃうみたいで、動体には非SWDモデルの方が良いんじゃないかと思う。
非SWDモデルは故障のため、ブルーインパルス登場前に使うのやめたので、
比較しようにも同じ条件ではないですが、
ジジーってゆっくりピントを探りに行く非SWDモデルは、意外に良い感じに合焦しました。

TAKE OFF!!

そして、E-5は結構優秀。
EC-14+ZD ED50-200mm SWDでも、横方向への流し撮りなら、
AFがスーッと動き、そこそこ合いますね。
SWDモデルのメカニカルフォーカスのピントリングですが、
OVFじゃないと、ファインダー像自体が見えないので、
E-M1メインなら、非SWDモデルで十分って結論になりました。

Formation

なんか、僕って重要な時とか、気合いを入れ過ぎた時は、
絶対に良い結果に結びつかないんだよなぁ。
カメラって趣味に向かないんじゃないかと思っちゃった。

circuitous