ブログネタ
気になるニュース に参加中!
<アレルギー女児死亡> 担任、確認せず誤った給食渡す 東京

先日、アレルギーがある児童に、給食のチヂミを与えてしまい、
アナフィラキシーショックで亡くなるという事故がありました。
結構、話題になっているので、多くの方がご存知だと思います。

この事故ですが、だんだん責任が担任教師の確認ミスって方向に
持って行かれているような気がするのですが、その方向で良いのでしょうか。

学校は勉強を教えるトコロだから、それ以上のケアに関しては、
責任を持たないほうが良いと、僕は思うのです。
今回の事故も、強い食品アレルギーがあるのであれば、
保護者がお弁当を持たすなど、学校側の責任で個別対応する運用にしなければ、
事故は起きなかったと思います。

もちろん、クラスのみんなと一緒の食事をするって言う事も、
いろんな意義があるとは思いますが、アレルギーを持っているのだから、
みんなと同じ給食が食べられなかったとしても、仕方ないかと。
それで寂しく思うこともあるでしょう。子供ならとても辛いと思います。
でも、そんな寂しい思いをさせないためにと、
特別な、難しい運用を学校や教師に強いるのは、無理があると思います。

人と違う性質を持ってしまったことを受け入れる事も、必要な成長のはずです。
それを、周りが無理をして「みんな同じにする」というのは、間違っていると思います。
そうしないと、学校や自治体に五月蝿く言う親が居るのかも知れません。
それは「我が子のため」という思いからだと思いますが、
方向が違っているんじゃないかな。
学校は病院じゃないのだから、勉強以外のことに思い責任を負わせては、
現場の教師が疲弊するでしょうし、訴訟リスクなどから教師が敬遠される職になるかも。
産科や小児科の医師を希望する学生は、訴訟リスクを理由に減っているそうです。
本来の仕事、出来ることの範囲、キチンと線を引いて。