知ってました?
10/26金曜日は、マイクロソフトの新OS、Windows8の発売日です。
さらに便利に、洗練されたインターフェイスになって発売らしい。

しかし、僕の印象だとWindowsは1個置きに売れてない。
Windows95、98は連続して売れましたが、
98の後継meは不安定の代名詞として君臨し、数々のユーザを惑わせ、
結果、Windows98 Second Editionが最強なのでは?と言わしめた。

そして、その後登場のWindowsXPはWindowsNT系のOSと統合となり、
極めて安定性が増す。
その安定性は、最近でも多くの企業が採用し続けているコトでも
証明されている。

そのxpを超えるべく登場したWindowsVista。
Windows Aeroをはじめとする見た目がすんごいインターフェイスとなったが、
ここでも安定性と互換性で泣きを見る。売れない。

そして登場したWindows7。
xp互換モードの採用やPCの高性能化も進んだ事もあり、
快適で・安定した環境で利用が出来て売れている。
企業もVistaを飛ばして導入しているようだ。

ってコトで登場するWindows8。
今までの法則どおり、売れないのだろうか?
それとも、売れちゃうんだろうか?
とりあえず、Windows7が出てから3年くらいしか経ってないので、
xpからの乗り換えユーザが、まだまだ居ると思われ、
個人向けとしては、結構売れるような気もするな。。。