今日、クローゼットの中で「ガタッ」という音が。
とうとう、クローゼットの中で積み上げてた色々が、
中で荷崩れしてしまいました。

最初は、中の荷物がクローゼットのドアに向かって崩れたせいで、
ドアが開かないくらいでしたが、ガタガタとドアを揺すって、
なんとかドアを開けることに成功しました。

そこで、突然始まったのです。
「これをキレイに積み上げなおすんじゃなくて、捨てよう。」
ってことで、クローゼットの半分を捨てる事にしました。
と言っても、殆どが「箱」。

僕は、家電やカメラ関係の箱はもちろん、
PCのソフトの箱とかも、ずーっと保存していた人なので、
出てくるんですよ、Windows95時代の無駄に大きいソフトの箱が。

片っ端から潰して潰して潰して・・・。
なんとか、クローゼットの半分を空けることに成功しましたよ。
ホントに、捨てるタイミング、いくらでも有ったのに、
何で捨てなかったんだろう?
Windows95/98を使わなくなってから何年経ったんだっけ?(笑)