OM-Dでブツ撮りをしてみましたよ。
お気に入りの腕時計をパチリッ。
パチリって言うか、OM-Dは液晶も61万画素の有機EL液晶で、
とっても見やすく、解像感もあるのでピント合わせがしやすい。
E-5も92万画素の高精細な液晶になっているけど、
有機ELは明るいので、見た目、解像度がE-5より低いと思えない感じ。

さて、改めてパチリッ。
解像感。

今回、キットレンズM.ZD ED12-50mm F3.5-6.3のマクロモードで
撮影してみたのですが、これがなかなか優秀です。
キチンと細部まで解像しています。
電動ズーム機構やら、切り替えギミックやらで、
ちょっとキワモノっぽいレンスに見えますが、実力はさすがのOLYMPUS。
キットレンズでも、キチンとした描写をしてくれていると思います。
確かにレンズは暗いんで、難点はありますがキットレンズとしては、
必要十分の実力を持っていると思います。

うん、E-M5とM.ZD ED12-50mmは、もっと使い倒して自分のモノにしなきゃな。

さて。E-M5で注目されているセンサーの能力の一つ、
高感度画質について、ついでに検証。
低感度はすっ飛ばして、ISO1600から。

ISO1600
ISO1600

ISO3200
ISO3200

ISO6400
ISO6400

ISO12800
ISO12800

ISO25600
ISO25600

ISO6400は、お散歩カメラなら全然常用できちゃうかな。
「作品」として真面目に撮るにしても、ISO3200は十分許容範囲。
これは、すごいっ。噂どおりだわー。
E-5以上の画質を謳っているのは、伊達じゃないですね。
やっと、人づてじゃなく、自分で確認できました。
高感度撮影は、暗い所での撮影だけじゃなく、高速な動体を止めるため、
シャッタースピードを上げるために使うことが多くなるかも。

ISO12800、ISO25600は、順当に画質の低下が激しくなり、
「撮れればいいの」というレベルですが、夜中でも明るく撮れちゃいそう。
今度、使ってみようかな。

P.S.4月3日の今日は、4/3でフォーサーズの日です。
  オリンパスは今、マイクロフォーサーズに注力していますが、
  オリジナルフォーサーズはまだまだ不滅です。
  僕たちのフォーサーズに乾杯っ!
  明日からも、フォーサーズを楽しみますぞー!