カメラマン【cameraman】
1.写真を撮ることを職業とする人。写真家。また、一般に、カメラで撮影する人。「アマチュア―」
2.映画・テレビなどの撮影技師。
[大辞泉 提供:JapanKnowledge]

どこにでもカメラを持って行く人なので、
「カメラマン」って呼ばれることがあったりしますが、
自分では、なかなか恥ずかしい感じがしています。

この場合、僕をそう呼ぶ側の人は「カメラで撮影する人」という意味で
使われていると思いますが、僕の中では「写真家」的な意味合いが強いです。
「被写体や依頼者の希望に適う写真を撮る」のがカメラマンだと思っています。
そういった意味で、「ある程度とった中で」とか「条件によっては」とかで、
写真の出来に大きな差ができてしまうレベルの自分は、
まだまだ「カメラマン」と呼ばれるレベルに達していないのです。

カメラが、写真を撮ることが好きで、カメラ一辺倒な休日を過ごしてるんだから、
極力、早い段階で「カメラマン」と呼ばれても、恥ずかしくない技術を
身に付けたいなと思う今日でした。