本日、OLYMPUSから3つの新型PENが発表されました。

E-P3E-PL3E-PM1の3機種。
今回のPENは第3世代PENということで、
3機種共通で世界最速のコントラストAFを採用。
E-5で「高画質=画素数じゃないんだ!」と見直された
映像エンジンTruePicを后椶ら困砲気蕕某焚宗
デザインもE-P3はハイエンドらしく重厚感があり飽きの来ないデザイン、
E-PL3とE-PM1は、さらに小型化を図り、シンプルなデザインに。
SONYにお株を奪われ、新規参入のPENTAXにも怖い思いをさせられている
ミラーレス一眼市場で、トップになって欲しいです。

いたずらに小変更だけでバンバン新機種?を出していたOLYMPUSは、
この第3世代で、しっかり地に足をつけた戦略に転換できるだろうか。
そこがポイントな気がします。
ここのところのオリンパスは、新機種が出ても半年も経たずに
新機種が出ちゃうという混迷の戦略。
新機種の陳腐化が早く、「いつ買ったら良いんだ?」とか、
「いつも処分価格の新しい型落ちモデルがあるな。」という変な状態で、
気付けばシェアをどんどん他社に食われていってました。
ここで、キチンとリセットして、E-Pxは年に1度新モデルを発売、
E-PLxとE-PMxを半年間隔くらいで交互に出す、という感じで行けばいい気がします。

とにかく、E-P3をはじめとする、第3世代PENは売れそうな気がするので、
この流れで、フォーサーズの久しぶりの2桁機を出して欲しいものです。
僕は、このE-P3、E-PL3の発売で、中古が増えそうなE-PL2が欲しいかな。

・・・って、新品買えよ、と。(笑)