自分の撮った写真のレタッチをしてもらった。
そのレタッチ画像を見て、自分の撮って出しと比較。

実際にレタッチの作業を見た訳じゃないけど、
ぐわーっと見えた事があった。
早速、自分でも実践してみる・・・うん、違う。
少しでも強力に効くから、バランスも大事。掛けすぎ注意。

そして、これに気付けた事に、大きな一歩を感じた。
撮影は、もっといろんな条件での場数をこなすこと。
レタッチは、あくまで補助的な位置付けだが、
そのノウハウも含めて、「僕の技術・チカラ」になる。